2018年3月19日 (月)

桜満開

201803


 ガラケーというだけではないでしょうが、とても画質が悪いMYケータイで夕べ撮った近所の桜です。
 満開ですけどネ。
 福岡は今日開花宣言が出たばかりですから、つまりこれは普通の桜じゃないです。
 そう。寒桜。
 場所はいつもウォーキングしている市民会館の横の池の周りで、このカンザクラの他に、シダレザクラやシオカゼ桜、御衣黄(ギョイコウ)、ヒカンザクラなど多種多様な桜が植わっていて、違いが楽しめるんです。

 だけど、今日は雨なんですよねぇ。
 そして明日も明後日も雨模様という予報です。

 さっき、外で妻とお昼を食べながら、そういえば去年もこの時期に雨が続いて花見らしいものも出来なかったなぁと話しておりました。今年もそんな風になるのかなぁと。

 今日のような冷たい雨と強い風で見ごろの桜が散ってしまった去年を思い出した、静かな午後でした。


 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 2日 (金)

PyeongChang(平昌) Olympic 2

 25日の夜にオリンピックは閉幕したんだけど、前回の記事は中間成績の記録だったので、その後の展開について書いておこうと思う。

 まずはスキージャンプ。
 ノーマルヒルは高梨の銅メダルで終わり。男子のラージヒルも団体もメダルには届かなかった。葛西は予選で終了。しかし、帰国後の記者会見では次の北京も出場を狙うと発言した。

 モーグルもスノボーもあの後にメダルは無し。竹内智香もベスト8で終了した。
 そのパラレル回転を見てたら、ある選手のところでコース上にリスが飛び出して危うく轢かれそうになったのを見た。スレスレで衝突しなかったけど、リスちゃんも人騒がせだよなぁ。

 女子のスノボー大回転で優勝したのはチェコのレベツカ(22歳)だったけど、この子はスキーの回転でも優勝したことで話題になった。
 なにせ、スキーの方は借り物の板で滑ったらしいし、滑り終えた本人がその記録と順位に驚いたシーンが印象的だった。

 さて、次はスピードスケート。
 前記事の続きでいえば、小平は金を獲るし、女子のパシュートも予想通りの金で終わった。
 小平はオリンピックレコード。決勝の次の組で滑った韓国のイ・サンファは銀メダルに終わったが、全レース終了後の小平とイとの交流に感動した。TV等でも話題になった。

 パシュートは、同じ日に2時間ほどのインターバルをとって、準決勝と決勝が行われた。予選での記録から言えば、1位のオランダと2位の日本が頭抜けており、3位と4位はその後の3位決定戦を見越して本気は出さないはずなので、準決勝は不要な気がした。
 日本は準決勝を高木姉妹と菊池彩花で、決勝は菊池を佐藤綾乃に入れ替えた。明確に4人で獲った金メダルだった。
 パシュートは一チーム3人。400mのコースを6周し、最低一人が1周は先頭を滑らないといけないというルール。
 序盤先行した日本に対して、個人記録に勝るオランダが3周目、4周目で逆転するも、5周6周で再逆転し、2秒近い差でゴールした。

 フィギュアスケートは、男子の2個のメダルで終了。女子は宮原が4位、坂本加織が6位だった。金メダルはロシアのザギトワ(15歳)。メドベージェワは銀だった。ショートプログラムの差がそのままスライドした結果になった。
 3位はカナダの22歳の選手だった。

 さて、カーリング。
 予選リーグ前半で調子のよかった日本チームだが、中盤で大会運営側がストーン(の底)を削るという稀な処置がありその後は負け越した。
 最終戦でスイスに敗れて自力予選突破が無くなったが、同タイムに行われたアメリカvsスウェーデンでアメリカが破れたので、5勝4敗の日本は4位になり決勝トーナメントに上がることが出来た。
 準決勝は予選1位の韓国と対戦。第一エンドで3点を取られリードを許したまま過ぎて行ったが終盤で挽回、第十エンドで追いつき延長戦へ。
 この終盤はずっと不利な先攻が続いているんだが、11エンドも最後の韓国のスキップ「メガネ先輩」の1投を残すのみ。十エンドでミスショットをした「メガネ先輩」の連続ミスを僕は期待したが無念にも最後はキメてきた。
 もう一つの準決勝、イギリスvsスウェーデンは予選2位のスウェーデンが勝利。日本は予選で敗れたイギリスと戦う事になった。
 24日(土)の夜、3位決定戦。
 これも後攻のチームが1点を取り合う緊迫した展開だったが、終盤でまたしても日本がスチールして1点リードした。第十エンド最終ショット、イギリスのスキップ、ミュアヘッドの1投が決まれば2点を取り返されて負ける状況だったが、微妙なズレが生じて日本の石が残ってしまった。
 まさかの銅メダル。
 その後の日本の民放メディアの騒ぎは想像の通り。「そだね~」とか「もぐもぐタイム」とか、くだらない所に食いついてうんざりもさせられたかな。

 さて、その3位決定戦と同時間に行われたのが、今大会で初めて行われた女子マススタート。スピードスケート新種目だが、16人の選手が16周して争う。タイムレースというよりは順位を競うものだ。
 日本チームの参加者は高木菜那と佐藤綾乃。
 2組の予選もあったが、佐藤は転倒に巻き込まれて予選落ち。高木姉妹の姉、菜那だけが決勝に進んだ。
 カーリングの合間にチャンネルを替えると丁度決勝がスタートした所で、菜那の金メダルという快挙を観ることが出来た。



 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月28日 (木)

葬儀社の怪

 4年ほど前に女房の母親の母親、つまりお祖母ちゃんが99歳で亡くなったんだけど、その時女房は母親と共に葬儀屋さんに泊ったんだよね。通夜の夜だったと思うけど、後でその母親と共に言っていたのが、葬儀屋さんに泊るのは気持ちが悪い(=気味が悪い)、ということ。なんとなく分かるけど、それは多分に本人の心もちのせいだろうと思っていたんだけど、今回父親の件で、同じように葬儀社に泊ることになった僕も気味が悪い経験をして、あの時の妻の気持ちが分かる気がした。

 何が気味わるいって、夜寝てるとやたらと音がするんだよね。
 ピキッ!
 ミシッ!
 ガサっ!
 部屋の中なのか、ドアの直ぐ外なのか何処からかは分からないけど、そんな近くで音がすんの。一度なんかすぐ耳の傍で聞こえた気もしたな。
 それと夜中に一度オシッコに起きたんだけど、そこのトイレには二つの小便器があって、そこにはセンサーがあって、用が済めば勝手に洗浄水が流れてくるんだけど、用が済んだ時に僕が立っていた方の便器には水が流れなくて、隣の誰も使ってない方から水がザーっと流れてきたんだ。
 これには一瞬ゾクッとしたね。
 翌日、同じトイレを使ったらどうやらどっちの小便器を使っても両方共に水が流れる仕組みになっているみたいで、それと夜中に僕が使った方には不具合があって、水が出たり出なかったりするみたいで、どうやらそういう事から夕べのような気味の悪い結果もあり得ることが分かった。

 一緒の部屋で寝ていた兄貴はそういうオカルト的な事には無関心で、朝になって『夕べうるさかったよね』といっても、『風が吹いてたのかな、2階から音がしてたな』なんて涼しい顔をしてた。
 儀式の段取り等で忙しかったのでそれ以上はその事について話はしなかったけど・・・。

 『ん?2階?』

 あの葬儀社には2階なんてなかったはずだけど・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月25日 (月)

年の瀬に

 年の瀬とは言いながら、去年に母親を、今年に父親を亡くし、ちょっとそれとは違うけど秋に娘を嫁がせて、そんなにあわただしい感じもなく、どこか気の抜けたような今日この頃です。
 年末には息子が帰省して、ちょっと嬉しい時間を過ごして、年が明けると娘夫婦も一晩泊りでやって来て、賑やかしい時も訪れてくるんでしょう。
 色々と片付けたいと思っていたところに親父の事があったものだから、部屋の中は以前と変わらず、やり残した感満載であります。
 映画も観てないなぁ。

 TVのワイドショーは相変わらず大相撲のことが一番ニュースで取り上げられている。何が面白いんでしょうか?

 今夜の「Qさま」を見てて、人物問題の顔は分かっているのに、名前が出てこないという・・・。それでも、最後まで問題を考えるという姿勢は続けましたです。諦めることが一番ダメなんでしょうから。

 来年は戌年か。
 そういえば、きょうのTVで言ってたけど、ペットとして飼われている数は、猫ちゃんがワンちゃんを抜いたんだってね、去年あたりから。
 犬にかかる費用は猫の倍くらいあって、しかもお散歩とかもしてやんないといけないから、というのが理由らしい。ま、猫カフェなんてものもあるしね。
 村上春樹とかの文化人に猫好きを公言する人が多いのも、関係あるかもね。

 そんなこんなで、今夜はこの歌が聴きたくなりました。

 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月10日 (日)

喪中につき

 五日の午後5時45分。父が旅立ちました。

 2年前の師走の頃、一人暮らしの家で転倒してろっ骨を折った父は、それまで何度か渋っていた介護施設への入所を受け入れてくれました。
 当時、95歳。
 『惚けた人ばっかりでこっちまでおかしくなりそう』と文句も垂れていましたが、『そんな人ばっかり見るから(注視するから)そう見えるだけで、若い介護士さんも一杯おられるからそんな人と話もできるでしょうが・・』なんて慰めたりして・・。
 たまに会いに行くと一緒に外食したりもしていましたが、同じ町に住む姉にはアレが食べたいコレが食べたいとわがまま放題。施設の介護士さんとも数人で外食をしたこともあったようです。
 7日の通夜にも沢山の介護士さんが弔問に来られて、思い出のアルバムも作っていただきました。

 元々不整脈があり心臓が弱っていたのですが、四日の朝から元気がないのに気付いた介護士さんがかかりつけの病院に連れて行くと心筋梗塞とのこと。
 5日の午後に姉と一緒に見舞いに行くと四人部屋のベットに寝ており、顔を見せると何やら話しかけてくるもモフモフと言うばかりで言葉が聞き取れない。でも、腰が痛そうなので擦ってあげたり手を握ってあげたりしていたら、その内眠るように静かになっていきました。
 眠るように。
 そのタイミングで巡回に来た看護師さんが慌てた様子で部屋を出て行って、その後も2、3人の看護師さんが入れ代わり立ち代わり。どうやら体に繋がれた機器類のモニターは、看護ステーションにあったようです。

 5時30分過ぎ、うたたねをしたように思っていた時は、2度目の心筋梗塞を起こしていたようです。
 その数分後、緊急治療室に呼ばれた僕らの前で父は息をひきとりました。なんだかあっけない最期だったです。

 享年、98歳。満97歳と4か月余り。
 去年3月に亡くなった母は97歳になったばかりだったけど、今から思えば、97歳になった頃から父の食欲もだんだんと細くなっていったような気がします。

 10月の娘の結婚式には出席してくれたんだけど(披露宴は欠席)、最後の思い出になったかな。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 2日 (月)

多分、自分だけが号泣

pencil 昨日、娘の結婚式がありました。市内のホテルにて披露宴。なんと3時間半!両親は食事の暇はないと聞かされていましたが、余興も多く、しっかりと頂きました。他の人は泣かない所で号泣しそうになって、ビデオに撮られてないか心配です。とりあえず、頭がまだボーっとしています。夕べ~今日と雨です。

*

 ツイッターにこう(↑)書きました。
 「他の人は泣かない所で号泣しそうになって」について、自分への備忘録として書いておきます。
 ま、実際は僕以外にも経験者はいらっしゃるでしょうが、自分自身が思いがけなかったのでネ。

 披露宴の中盤でした。
 花嫁(つまり我が娘)のお色直しの退場シーンで、サプライズとしてエスコート役に弟(つまり我が息子)を指名したのです。
 よくある設定ではありますが、僕の隣にいた息子もその時まで聞かされていなかった様子で姉の所に向かいました。
 弟は娘の八つ下。小学校の2年生の時に生まれた弟をとても可愛く思っていた姉は、子供の頃は勿論、成人してからも常に友達のように接していて、このシーンではそんな弟との関係や姉としての気持ちを、司会の女性アナウンサーが優しく語ってくれたのです。
 ここですなぁ。
 親としては、二人の子供たちがずっと仲良くいてくれたこと、そしてこの晴れの日に改めて実感したこと、そんな所に感動したんでしょう。
 妻にはまだ早すぎるんじゃないと言われましたが、眼鏡の奥から出てくる涙を止めることが出来ず、テーブルナプキンで拭いている自分がいました。声こそ出ませんでしたが、号泣一歩手前でしたな。
 おかげさまで、ラストの娘からの手紙では泣きませんでしたが、内容は良かったです。

 そのエスコートシーンで流れたBGMはこの曲。
 弟がファンだったYuiの「♪feel my soul」

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月15日 (火)

帰郷

Sonbackhome201708


 帰って来たと思ったら、あっという間にまた戻っていきました。
 上の写真は博多駅の中、阪急百貨店のフライドポテトの美味しい店での一コマ。名古屋に帰る直前に撮ったものです。
 今年の初めに買った車は息子と同じ車種なので、奴にもだいぶん運転させやした。流石に上手くなっておりましたな。
 去年は一つだったピアスが今夏は二つ。洋服の趣味も少し違ってきたような。彼女の影響でしょうか。
 来月も帰ってくる予定。
 会社員ともなれば職場の中のモヤモヤもあるようで、そんな彼にD・カーネギーの「人を動かす」をプレゼントしました。少しは参考になるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 8日 (土)

My Scrapbook

“人生というのは、面白いものです。 何かひとつ手放したら、それよりもずっと良いものが やってくるものなのです”

 ブログのサブタイトルに、こんなウィリアム・サマセット・モームの言葉を入れてから、それ以前に増して投稿が少なくなったような気がする今日この頃、なので初心に帰って、サブタイトルを変えましょう。
 十瑠のマイ・スクラップブック。
 スクラップブックを訳すと切り抜き帳とな。
 御意御意。

 もうすぐ「ブラタモリ」が始まるからちょっとだけ。
 さっき、梅雨の合間の晴れ間にウォーキング。最近は距離が短くなったなぁと感じていたのに、今日は数年前と同じ距離をすいすいと。
 どうやら砂糖関連を控えているからではないかと思っておりやす。
 H-A1cって奴が先月の健康診断で黄色信号だったので、控えておるんです。多分そのお陰だろうと。

 体重も少し下がって一昨年に近づいております。ヽ(´▽`)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月31日 (水)

健康に気を使った日

 昨日、予定通り近所の市民プールで健康診断を朝から受診して、ほぼ健康であることを確信した後、先週からの課題であった唯一残った親知らずを抜くことを決意、色々と家事を済ませた後、午後3時過ぎから歯科大に向かったのでした。
 左下の奥、ちょこっと顔を出した親知らずは多分40年以上共に暮らしてきた奴で、地道なケアの甲斐あってか虫歯にもならず生きながらえたわけですが、昨今の歯周病対策からいうと、手前の通常の奥歯には悪影響があるとの判断から、行きつけの歯医者さんからは抜歯を言い渡されていたのです。
 斜めに生えたソレはレントゲンでも歯根がはっきりとは見えず、予想では変形していることが懸念され、かかりつけの医者にはCTスキャンか何かでの事前調査が望ましいとの事でしたが、歯科大で担当してくれた青年医師はCTをとって後日抜歯の予定でもいいし、今日手術の過程で歯根を確認しながらの抜歯でも大丈夫でしょうとのこと。
 結局、何度も通うのも面倒だったので、昨日抜歯と相成ったのです。多分、懸念される顎を走る太い神経には影響はなかろうという判断でね。

 約25年前に右下の親知らずもこの歯科大で抜いたのですが、その時は歯茎を切開した後、歯をペンチのようなもので砕いて抜きました。今回もその可能性はあったのですが、どうやら歯茎を広げながらの抜歯で済んだ模様です。当初の予想通りタコの足はくるっと先が曲がっていて簡単には抜けず、結局曲がった先っちょは折れてあごの骨の手前に残った模様。事前の説明でもありましたが、この残った歯の一部は後日体から押し出されるように出てくるのだそうです。何年先の事かは分かりませんがね。

 今朝は、かかりつけの歯医者に結果報告書を持って行き、消毒もしてもらい、一週間後の抜糸(歯茎を縫合したため)の予約をして帰ったのでした。

 25年前のように酷く腫れることもなく(メスを入れなかったせい?)、御飯も普通に食べれてます。手術直後より2、3日後の方が痛むとか言われましたが、多分このまま沈静化していくでしょう。良かった良かった。

 去年の夏、夏季休暇で帰省していた息子が口の中が痛いと言い始めて、すわ酷い口内炎かと病院に行きましたら、どうやら親知らずのせいらしいという事になりまして、つまり彼にも横に生えた親知らずがあったのです。それが何らかの菌に感染して・・・らしいです。
 その後は薬で痛みが引いたので、歯はそのままらしいのですが。

 今回術後にその話をしたら、医師曰く、歳をとると持病があったり、常備薬があったりと色々と制約も出てくるので、(術後の)腫れなどがでても支障のない時期に取られたらどうですかという回答でした。
 今後帰省した時に、話しておきましょう。

 尚、今回の手術で麻酔の後に動悸がしばらくしましたが、これは麻酔の中に入っている血管収縮薬(エピネフリン)の影響で、動悸は正常な反応らしいです。OK♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月19日 (金)

五月、この頃

 特に事件はないので、ブログのタイトル通りにつれづれに。

 2、3日前から時々ハーフパンツを穿くようになってきたけれど、今日は終日短パン、Tシャツで過ごしましたな。
 福岡はこの後十月の初め~半ばまで夏日だったりするから、一年のうち五か月くらいは短パン、半袖Tシャツで過ごしている。亜熱帯だな。
 タンスの中にも短パン、Tシャツが結構あるもんね。

 一昨日の17日に娘は自動車学校を無事に卒業、で、昨日試験場に行って無事に学科も通って免許証をもらってきやした。試験場までは我が家から15分くらいなので、送迎はオヤジ。
 29歳の今まで車になんか興味のなかった娘。思えば自分も免許を取ったのは29歳だったんですよね。仕事で必要になりそうだなと思って取ったわけですが、ふと自分の免許証を見たら取得日が6月3日。娘と同じような時期にチャレンジしてたんですなぁ。
 これで、家族全員免許保持者か。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧