2019年2月10日 (日)

誕生日にスキップ

 2月10日は義母の誕生日、ということで女房と義母がお昼に外食でお祝いするとのこと。で、運転手である僕もご相伴することになりまして、野間大池にある「木花ガルテン」に行きましたが、午後2時というのに日曜日のレストランは満席プラス順番待ちの長蛇の列が。
 とてもじゃないが待ちきれないという事で、近くのとんかつの「浜勝」に行きました。
 もう何度も来たことのある店ですが、久しぶりに来てみると、盛り付けとかが少し変わってました。全体的に小振り? つうか、御飯茶碗が小さくなったのかな。もともとお腹パンパンになるくらいのボリュームだったので、個人的にはちょうどいい感じになったというべきでしょうか。

 帰りにレガネットで買い物して、夕方帰宅。
 まだ陽は明るいので、雨の昨日は少ししか出来なかったウォーキングをいつものコースでやりました。

 公園に入ったところで、ふとスキップがしたくなりました。
 時々、TV番組で運動神経の悪い人が、突拍子もない格好でスキップをする姿を見ますが、そういえば随分としてないなぁと。
 池周りのウォーキングコースは幸いに人影はまばら。では、と始めたらこれがなんともビックリ!
 スキップのやり方を忘れてました。というか、頭の中ではわかっていると思っているのに、身体の方がついてこない感じ。
 流石に、アノ関西の女子アナのように無様にはならず、ほんの数秒で体の方も思い出してくれて、ちゃんとしたスキップになりましたが、ホント、一瞬「あれっ!?」って気分になったのも事実。
 皆さん。
 時にはスキップもしてみるもんです。あの後歩きながら、あのまま思い出さなかったらどうしようとヒヤリとしたんですから。スキップ、してください。

 ということで、音楽動画は「スキップ」ならず・・・


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 6日 (水)

息子の誕生日

 2月6日は愛知県に居る息子の誕生日。
 福山雅治の誕生日でもあり、フランソワ・トリュフォーのソレでもある。そしてブログ友だちのanupamさんの旦那さんのでもある。
 だからといってとりたてて書くこともないが、とりあえず、故人のトリュフォーさん以外、また列記した人以外の本日誕生日の方、産んでくれたお母さんに感謝しつつ、今日の日を噛みしめてお過ごしください。

*

 最近は、児童虐待のニュースが連日放送されているけれど、あれだね、児童相談所や教育委員会の不手際を糾弾する報道が多いけど、もう一方であの親父の事があんまり話題にならないね。あれはもうどうしようもないとあきらめてるのかね。
 あきらめるにしても、どうしたらあんなモンスター人間が生まれたのか、どうしたらああいう人間を更生させられるのか、あるいは無理なのか・・・なんてことも話して欲しいよね。
 とにかく信じられない。血を分けた自分の子供を虐待して死に至らしめるなんて。まだ10歳なのに。

 母親も逮捕されたけど。あれは実態を知るためだろうと思いたい。彼女も多分被害者なんだ。いわば洗脳状態に近かったのかも知れない、と僕は思っている。



 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月19日 (土)

ブラタモリ ローマ

 前回もそうだったが、今夜もローマがテーマ。「ブラタモリ」初の海外編らしい。
 前回は、コロッセウムやアッピア街道を紹介してて、紀元前の建物なのにコンクリートがすでに作られていたのに驚いた。ローマン・コンクリート(古代コンクリート)というらしいが、ウィキによると、現在使われているコンクリートとは若干作り方が違っていて、ローマのコンクリートは耐用年数が数千年というにの、更にビックリ。
 ローマ人、凄い!

 で、今夜はローマの市街地が案内されていて、ローマの繁栄には水が影響していたという話だった。
 紀元前に作られた大きな水道橋がいまも遺跡として残っていたり、劇場や図書館なども併設されていた大浴場の跡地が紹介されたし、現在も街のあちこちに無料の水飲み場があるのが紹介された。

 トレビの泉、スペイン広場など映画でお馴染みの場所も出てきて、そのシーンで一番思ったのが観光客の多さ。福岡の太宰府などの観光地も外人(特に中国人や韓国人)が多くて、声が大きくて辟易するが、今夜観たローマにもあんまり誘われなかったな。
 ベネチアなんかでも最近ニュースになっていたけど、世界の観光地では観光客と地元の人々との共存が危うくなっているみたいだね。

 紀元前の繁栄していた頃のローマの人口は約100万人。その後、3万人までに衰退して、その間廃墟のようになった期間は1000年も続いたと言う。
 先に書いた街中にある水飲み場や噴水は、水がローマの繁栄の証であるとの思いの表れらしい。
 それにしても、1000年の後の復活って、ちょっと気の遠くなるような話だな。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 8日 (火)

慌ただしい正月

 もう8日か。慌ただしい正月だったな。
 息子が名古屋から帰って来たのが31日。2日には娘の嫁ぎ先の新年会に親子で出席して、3日には娘夫婦が泊まりに来て、4日には女房の親を交えての新年会、6日の夕方には息子が帰っていった。

 悔やまれるのは2日に実家のお墓参りをする予定だったのが、車が渋滞していて約束の時間に間に合わなくなりそうで、墓参りを止めた事。僕らは何時でもできるけど、息子は年に数回しかないからな。

 それと、喪中が続いたので年賀状を書くのが珍しくなっていて、今年も数枚しか来ないのに、インクジェットのハガキを買ってしまって返信を書くのに難儀してしまったぜ。そろそろ、ネットで済ますようにしないといけないかな。

*

 今年最初の記事がツイートみたいなこれだけど、どうもツイッターはヘイトコメント掲示板みたいになってるから、なるべく書かないようにするかも、今年から。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月28日 (金)

まるで冷蔵庫の中

 今日の最高気温は5度とか言ってたけど、結局は4度までも上がらなかったみたい。
 そんな中、朝は今月リニューアルオープンした近所のマックに何年振りかの朝マックを買いに、午後は歯医者にと出かけて、実感したのが
 『まるで冷蔵庫の中だな』
 風もあったし、ごっつ寒うおましたな。
 明日は8度くらいには上がるようで、今日よりはましだけど、やっぱり北風が吹いて寒いようです。

 それにしても新しいマクドナルドは1Fは二人掛けや四人掛けのテーブルが無くて、なんかテイクアウト専門店みたいな雰囲気だったな。2Fは落ち着いて食べるレイアウトみたいだけど、これだと以前の店で1Fで良く見かけていた、朝のコーヒーを飲みながら新聞を読んでいるオジサン達の楽しみを奪ったみたいだ。大丈夫かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 9日 (日)

一周忌

 筆不精に多忙が重なって、またしてもひと月経ちました。
 とりあえずはオヤジの一周忌が済んだことは書いておかなければと・・。
 12月5日のことですね。
 水曜日に北九州市内の菩提寺にて。
 参加者は僕ら兄弟(勿論姉も)と、我が娘夫婦。実は娘の旦那は僧侶でありまして、菩提寺とは宗派も同じだし何かと関連のあるお寺さんで、一般人の私らにしてみればお坊さん二人にお経をあげてもらえるし、法事の時に人様の倍以上のご加護があるような気持ちなんです。
 娘にしてみても、この菩提寺の住職の奥さんなどとも顔見知りでもあるし、和やかな一周忌となりました。

 法事終了後には皆でお墓参りも済まし、近くのレストランで食事をしながら近況を語り合ったのでした。

 なかなか寒くならずに温かい秋が続いていたのに、12月に入って北からやってきた寒気団のせいで12月らしい寒さになり、雨も降ったりしましたが、5日は落ち着いた空模様でした。

 あれから、もう一年経ったのか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 7日 (水)

十月桜

 約ひと月ぶりの投稿です。
 先ほど、いつもの市民センター横の散歩道をウォーキングしてきたところですが、驚いたのが池の周りにあった柳の樹が7、8本ほど切られて無くなっていた事。根元から切られていて、そこには切り株もなく土が盛られておりました。ま、無くなっても景観的にはどうという事はないですけど、ある日突然というのはびっくりしますな。

 桜の中には春でもないのに秋に咲くものがあるらしく、概ね気候を勘違いしたものだと数週間前のTVで言ってましたが、中には十月にしか咲かない桜もあるとも言ってました。
 見つけましたよ、ここにも「十月桜」と呼ばれる品種が立っているのを。


Kimg0101_2


 実は写真は1週間以上前に撮ったものですが、今日もしっかりと花を咲かせていました。
 「ジュウガツザクラ」という名札も付いてましたから、気候感知機能の不具合ではなく、遺伝子が秋に咲くようになっているんでしょう。

 その他の春に咲く桜たちはすでに紅葉してて、足元に赤い絨毯を敷いていました。秋の気配、ですなぁ。

*

 もう11月ですが、10月の最終日曜日には5月に行った宗像のホテルで再度、中学の同窓会がありました。
 学年全体としては3年ぶりでしょうか。
 前回会えなかった同窓生とも約50年ぶりに会って短い時間でしたが楽しく過ごしました。50年ぶりはY君夫婦と、S君、同じテーブルになったH.Sさんかなぁ。
 もう60代半ばだから、胃がんで胃を取っちゃったとか、動脈瘤の血栓が出来て、人工血管を入れてるとか、結構シビアな話も聞けて、改めて気を付けなくちゃいけないなぁと思ったもんです。

 5月にお別れ会をした同級生は引っ越しの手筈がすべて整い、先週の2日に関東に向かったようです。
 転居先は埼玉県らしいですが、昨今の夏の気温の高いのを知っているだけに、くれぐれも気を付けるようにと声を掛けました。歳をとってからの環境の変化ってどうなんでしょ?

 そういえば、先日肺炎球菌ワクチンって奴を打ちましたよ。
 とりあえず5年は免疫が効くそうですが、その後は政府の補助はないとか。
 というか、このワクチンの補助金が出るのは今年で終了らしいですな。僕の世代は良いけど、ねぇ・・・。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月21日 (金)

カラオケチャンピオン

 若い頃から日記というと、長く続いて三日というのが僕の相場だったけど、このブログって奴はもう13年も続いてるんだよね。
 いわゆるノートの日記なら誰に見られることもない。思えば、誰にも読まれないというのが、モチベーションを下げてたのかな。
 ノートの日記には秘密の事も書けるのに、意外とそんなものは書かない。どこかで疑ってるんだよね、いつか読まれるんじゃないかって。
 ま、そんなこんなで、今回もひと月ぶりの更新です。

 さて、今回のお題は「カラオケチャンピオン」。
 TV番組の話です。
 実際には「カラオケバトル」とか「カラオケのど自慢」とかいうのがタイトルなんだけど、内容は同じね。カラオケで唄自慢をして、機械が採点したヤツで勝ち負けを決める。
 ありゃ、番組製作サイドとしては、昔みたいにお偉い作曲家や作詞家先生を集めなくてよくて、お安く上がるんだろうね。
 それに、視聴者からは誰々の採点はオカシイとかクレームも来ないだろうしね。だって、機械が採点してるんだから、しょうがないってもんだ。
 適当にタレントを呼んできて、美味しい言葉を流してりゃイイ。呼ばれたタレントも褒めときゃ好感度が上がるしネ。

 それにしても日本人らしいね。機械に採点させてOKって。作る方も、見る方も。

 とはいえ、この人の唄は毎回好きだね。この人だけは聴くようにしてる。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月21日 (火)

さだまさし

 夕べ、NHKで「ファミリーヒストリー」がありまして、ゲストは「さだまさし」でした。
 内容は濃くてね。再現するのは骨が折れるのでやめておきますが、父方のお爺ちゃんも親父もスパイまがいの(いや、祖父ちゃんは本物のスパイだったな)活動を戦時中にしていた事と、バツ三だったお祖母ちゃんの肝っ玉ぶりが印象強かったですな。

 NHKはyoutubeには出ないだろうけど、さだ氏の歴史が分かる日テレの「波瀾爆笑」があったので(↓)。



 さて、さださんの名曲は色々とあるけれど、最初に好きになったのはコレかなぁ。カラオケでも時々唄いました。
 「母をたたえるコンサート」でのライブの動画もありましたが、ライブだと感情が表に出過ぎてお好みではなく、多分レコードの音源だと思われるこちらの唄い方が好きでした。


 


 あと、これね。
 旅ソング的な趣もあって、親子の情も染み出ていて、何時聴いても好きだなぁ。


 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 3日 (金)

お茶の間ワイド劇場

 「水戸黄門」とか「大岡越前」とか、時代劇というのは悪いお役人なんかが出てきて散々悪事をして、最後にはどんでん返しで懲らしめられる、というのが相場ですが、お茶の間のワイドショーもそういう作りになっていますよね。
 特に最近はその傾向が強い。
 但し、悪者はお役人に限らず、公的組織の幹部やら、責任ある地位の人だったりする。それとセレブな芸能人とかね。

 レスリングのパワハラとか、芸能人の泥沼離婚とか、日大の悪質タックル問題とか、ちょっと前は森友問題とか、そして最新話題は日本ボクシング連盟の山根会長のワンマン独裁私物化問題ですな。

 今は、主人公の悪事を晒す時間帯で、じわじわ、ちょろちょろ暴き出して、その内記者会見があり、時によっては裁判沙汰になり、自信満々の表情だった主人公が段々窮地に陥っていく。時には喚き散らし、或いは涙を見せる。
 そして、何らかの裁定が下りる。

 お茶の間の聴視者は、散々ためておいた留飲を下げてストレスを発散させる。

 いやーっ、ワイドショーも所詮はバラエティですからね。
 中には報道番組と勘違いしている司会者もいるようだけど、コンセプトは時代劇と変わらないから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧