2017年9月26日 (火)

脂肪結石

 夕べの夜中、いつものようにトイレの為に目が覚めると、妙に右目が痛い。どうも右目の奥の方がゴロゴロするのであります。
 寝てる間にゴミでも入ったかと、それでも用をすますと、目をつむって再度睡眠に。
 朝になって目を覚ますと、やはり夕べと同じように右目が痛い。目薬を差して、ゴミが取れるのを促すけどやはり痛い。これは例の脂肪の塊がまた出来たかと早速眼科に行きましたら、案の定、石でした。

 コレステロールの多い食事をする人は・・・(と、素人ながら、先生ソレは旧い!と思いながらも)、そんな説明でした。
 眼をひっくり返しながら、ピンセットか何かでひょいひょいと5、6個ばかしの脂肪の塊を取ってもらいました。そして、黒目に傷がついているので目薬を処方してもらいました。
 取るときは少しヒリッと痛いです。

 これで3回目かなぁ。
 これは体質なんでしょう。あと、目を酷使しすぎているのかも。
 ネット・サーフィンも控えましょうかね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年9月23日 (土)

虫垂は大事

 今週の「ホンマでっかTV」で医師が言ってましたけど、盲腸炎、虫垂炎で知られる虫垂は、人間の進化の過程で退化しきれていない器官なので無くても大丈夫なんだという見解は、5、6年前から見直されているとの事でした。
 どういうことかというと、虫垂の中には腸内フローラを正常な状態に保つための菌が蓄えられていて、腸内環境が悪くなったら、虫垂の中の菌が放出されるらしいんです。なので、虫垂が有る人と無い人では免疫力に差があるのだそうです。
 ですか。
 うちの家族では妻だけが子供の頃に虫垂を取っている。特に彼女の免疫力に疑問はないけど・・。
 便秘気味の僕の方こそ、腸内環境に疑問があるんだけどね。

 おまけの音楽動画は、竹内まりやが新人賞を獲った時のでしょうか。もうすぐ終わる「♪September」です。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年6月 9日 (金)

蚊に刺されても・・

 今日の「ひるおび」の話。
 蚊に刺されたら、蚊が血を吸い終わるまでほおっておくのが、痒み回避の方法としては正解らしい。
 というのも、蚊は血を吸う時に自分の唾液を出していて、その唾液こそ痒みの原因らしいのだが、蚊は血を吸い終わるとその唾液も吸い取ってくれるからほおっておけという事なのだ。
 蚊が刺しているのを見つけるとついパチッと潰したくなるけれど、そうすると唾液が体内に残ったままになるので痒くなるわけだ。
 唾液だって100%無くなる訳でもないだろうから、多少痒いだろうけど、途中で叩くよりは良いらしい。
 そして、もしつい蚊を叩いて痒くなったら、痒みを抑えるには氷などで冷やすのが良いらしい。人間には痒みより冷たさの方が生命保護の観点から重要なので、脳は冷たさの方を敏感に感じるからだ。

 今年は5月に雨が少なくてこれから蚊の発生が増えるらしい。
 蚊に気を付けて。
 あっ、それと蚊は上下の動きが左右の動きより早いので、飛んでいる蚊を叩くときは手を上下に開閉して捕らえる方が上手くいくらしいです。



 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年10月29日 (土)

睡眠の極意

 歳をとると、ふとした拍子に寝付けなかったりすることもあり、時々睡眠導入剤のお世話になります。寝付きが悪いだけなので、効き目が短時間のお薬を処方してもらってますが、前回から半年後、残り少なくなってきたので、午前中に近くの脳神経科医院に行ってきました。

 相変わらず、土曜の朝は患者さんが多いですな。そして、大体お年寄りが多いです。

 血圧は126-76。正常です。以前より3キロ痩せて、5~10くらい下がってます。
 お薬をもらうだけでいいんですが、そうもいかず、今回もお医者様と少しお話をしました。知っていながら実行してなかったり、ど忘れしていた事もあり、備忘録として睡眠の極意を書いておきましょう。

①体内時計は一日25時間なので、大事なのは朝の起きる時間を決めておくこと。起床時間を定めておくと、睡眠のリズムが作られやすいから。

②就寝の時間を決める必要はなく、むしろそれは悪循環に陥りやすい。睡眠時間もさほど気にする必要はない。

③午後の3時~6時の昼寝は宜しくない。起床後に脳内に蓄積されてきたセロトニンなどの睡眠物質が消化されてしまうから。昼寝は3時より前に15分程度目をつむるだけ、などの軽いものが宜しい。

④夜中に目が覚めた時、再度眠るように布団の中にじっとしているよりは、一度起きて20分ほどうろうろした方がよい。(勝手に捕捉すると、起きて携帯、パソコンは勿論、電気をつけて何かを読んだりしてはいけない)


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年9月18日 (日)

「作業興奮」

 ちょっと前のあるTV番組で語られたことですが、忘れない内に備忘録として書いておこうと思います。

 仕事とか、プライベートでもやらなければいけない事とか、億劫でなかなかとりかからない事ありますよね。そんな所謂ヤル気が出ない時にどうしたらやる気が出るかという話しです。
 そのTV番組の答えは、「とりあえず始めてみる」という事でした。いやいやでもとりあえず少しづつでもいいから始めてみると、少しづつやる気が出てくるんだそうです。

 脳が嫌がっても、「とりあえず体を動かす」というのが重要で、始めてからしばらく経つと、少しずつやる気が出て、次第に集中できるようになってくる。この心理を「作業興奮」というのだそうです。

 人間のやる気を起こさせるのは、海馬の近くに2個ある「側坐核(そくざかく)」という部分ですが、実は、この側坐核の性質がやっかいで、これを活動させるためには、ある程度の刺激がないといけないのだそうです。そしてその刺激というのが、「とりあえず始めてみる」という方法でしか与えられないのだそうです。

 この方法しかないというか、やり始めることでやる気が出るんなら簡単という考え方もできると思いますが、但し、すぐにヤル気全開になる訳はないので、少しづつ慌てずにやること。これがコツとの事。

 更にネットで調べると「作業興奮」を活用にするには二つの注意点があると書かれていました。
 一つは、十分な睡眠で神経(側坐核)を休ませてあげること。二つ目は適度な運動で脳に刺激を与えること。

 TV番組でも、授業の合間に時々運動をさせると集中力が増すと、どこぞの大学教授が言ってましたな。

 そのTV番組の街頭インタビューで多くの現役東大生に赤門前で聞いていましたが、かなりの数の学生がこのやり方を知ってました。恐るべし東大生。

 因みに、この仕組みを発見したのはドイツの心理学者クレペリンで、「作業興奮」の名付け親も彼らしいです。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年7月23日 (土)

飲み過ぎに注意

 ここ数か月頻尿で、しかも尿の出も勢いがなく、夜中に何度もトイレに行くので寝不足になったりして、ついに前立腺肥大も薬で治さなくてはいけないかと泌尿器科のドアを叩いたら、何のことはない、水の飲み過ぎですってshadow
 前立腺の大きさも標準値。親父が数年前に前立腺がんにかかったとか言っていたし、年齢もあるし、勝手に尿の出の悪さをソノせいにしていたのでした。

 問診やその他の検査の結果から総合判断して、『飲み過ぎ』というお医者様のお言葉でした。

 汗の出やすい夏、の為だけではなく、何年も前から普段から水を飲むことの大事さを唱えていた健康情報TV番組に洗脳されていたんでしょう。当たり前のように飲んでいて、気づいていなかったようです。
 医師曰く、『泌尿器科医は(水分摂取をTV番組のようには)勧めてはいないんですけどね』

 ホントは、もう少し飲み過ぎない生活をして、頻尿が治まってから報告するべきなんでしょうが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年5月16日 (月)

榮倉奈々、小顔を語る

 このタイトルで何故にカテゴリーが「心と体」?と思われた方もおいででしょうが。

 夕べのTV番組でしたでしょうか、世間の選ぶセレブの中の小顔一番になった榮倉奈々が実践している小顔の為のルーティンは・・・?

 脚を組まない事だそうです。

 脚を組むと骨盤が歪み、やがて全身の骨格も歪む。それは首の骨の歪みも引き起こし、その歪みは首から上、つまり顔の血流を悪くし、リンパの流れも悪くし、結果としてむくみに繋がるというわけ。
 リンパの流れを良くしようというのは顔のマッサージ器具があることでも、小顔の為の要素として認知されているのが分かるが、奈々ちゃんの言ってるのは小手先のマッサージではなく、全身を健全にすれば、その人の最小の顔のサイズになるということらしい。

 医者の意見も出てきて、奈々ちゃんの意見が納得できるものであると証言していた。
 で、この(確か整形外科の)医師のいう事には、一日一回で良い、骨格の歪みを正す方法があるらしい。

 ということで、この方法を備忘録とするために、この記事のカテゴリーが「心と体」になった次第です。

手順① 両足で立った後、内またにして両足の親指をくっ付ける。
手順② 両手を胸の前に掌を上に向けて揃え、両手の小指をくっ付ける。
手順③ 両手の小指をくっ付けたまま、その腕を伸ばし、更にそのまま頭の上に(上から吊られているかのように)もっていく。
手順④ その姿勢を30秒キープする。

 これを一日1回やるだけで、歪みが矯正されるそうです。つまり、小顔になるそうです。
 ま、決して骨格が小さくなるわけではないので、その辺は・・・ネ。



 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年5月12日 (木)

フィブリンとt-PA

 夕べのNHK-TV「ガッテン」のテーマが血栓。
 血栓の原因には色々あるようですが、ストレスによっても血栓は出来る。そして、ストレスで出来る血栓は自力でも溶かすことが出来るというのが番組の流れでした。

 ストレスで血管内部に傷ができると、そこを修復しようと発生するのがフィブリン。これは傷ができると止血しようと瘡蓋が出来るのと同じで、人間の正常な防御本能だけど、困ったことに、例えばお化け屋敷なんかに行って恐怖体験をした時にも出来るらしいんですね。
 これは太古の昔からの命をつなぐために出来上がった仕組みで、実際に血管が傷ついてなくても傷ついた際にはいち早く修復するためにフィブリンが出てしまうらしい。

 しかし、人間にはこの血栓を溶かす機能も備わっていて、それがt-PAという物質らしい。番組でも血管内に広がったフィブリンをt-PAが一瞬にして消してしまう様子が映されておりました。
 t-PAは薬剤としても作られていて、脳血栓などで緊急搬送された人には早めにコレを注入すると後遺症も少なく回復するらしいです。

 さて、このt-PAを如何にして作るかというと、単純に有酸素運動をやればいいというありきたりな結論でありました。散歩程度の運動を、一日30分でよろしいらしいです。
 ハードな運動をすればするほど作られるらしいんですが、持続的に増やすにはやはり軽度の運動がいいらしい。
 個人的な推測をすると、ハードな運動ではt-PAも沢山作られるけど、それは運動のストレスによってフィブリンも沢山出来ているからではないですかな。

 アメリカなどでは、クリスマス時期にも血栓症で入院する人も多いらしく、ネガティブなストレスだけでなく、サプライズ・プレゼントなどで大喜びした際にもフィブリンちゃんは出るらしいんですね。
 要するに血圧が上がるようなときには防御本能で出来るんでしょう。

 いずれにしても、最近少なくなってきたウォーキングを、再度定着する理由が出来て嬉しいオジサンです。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年12月21日 (月)

健康アイテム

 年齢と共に増えていくアイテムが、健康に関するものでありますな。有形、無形を含めて。
 で、最近、というかここひと月くらい続けているのが「ラジオ体操」です。
 いつぞや、TVの健康情報番組で確か医師会の会長さんか誰かがやっておいでと紹介されて、その方と同じく、タブレットで流して部屋の中でやっております。
 会社勤めの頃も部署によっては毎朝やっておりまして、その頃は結構いい加減なもんでしたが、あれから数十年、誰も見る人もいないのにウッウッとか言いながら一生懸命身体をひねったり回したりしております。おかしなもんですな。
 誰のためでもない、自分の為ですから。

 ネタはこちらから(↓)
 やってみると気持ちのいいもんです。皆さんも是非。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年8月11日 (火)

人生を豊かにする五つのキャラクター

 何事も仕事優先の人と、仕事以外の趣味などにも全力投球してきた人が、歳をとって人生を振り返った場合、前者は後者に比べて『人生があっという間に過ぎ 薄かった』と感じる割合が高いらしい。
 8月5日の「ホンマでっかTV」で、心理学者の植木さんが、80歳以上の人を対象の調査データをもとに発表していた。

 仕事以外に仕事を忘れて没頭できるものが四つあるのが最良で、人生を豊かに感じるし、うつ病などに罹る率も低いらしい。趣味や娯楽、スポーツ、家族への愛情もそうだろうし、独自の研究とかでもいいんだろうと思う。
 植木さんによると、五つのキャラクター(ペルソナ=仮面という言い方もしていたけれど)を持てる人が一番イイらしい。

 イチローとか、趣味が仕事になった人なんかどうなんだろう?
 ま、彼は野球以外の趣味もありそうだから、現役引退してからそっちも楽しむんだろうな。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧