« 2019年9月 | トップページ

2019年11月23日 (土)

古市憲寿を読む

 古市憲寿。

 何年か前からだがフジTVの「とくダネ!」のコメンテーターとして知った人物で、去年、芥川賞の候補になって話題になり、今年も同賞の候補になってまさにブレイク。様々なバラエティ番組にも出るようになった。

 三日前、いつものように紅葉を眺めながらウォーキングをしていて、ふと思い立ってコース脇にある市民図書館に寄って彼の著書を探してみた。5冊以上はあったと思うが、絶望の国の幸福な若者たち」も、芥川賞候補になった2作とも、この城南図書館には置いてなかったり、他の図書館に有っても貸し出し中だったりした。

 唯一城南図書館にあったのが、「誰も戦争を教えてくれなかった」だった。古市が世界中の戦争博物館を巡る旅をして、各国で戦争をどのように後世に残そうとしているのか、それを知り、記した本だ。

 芥川賞候補にまでなったのだから、彼の文章というのがどういうものか知りたかったのが一番の目的だったが、ドキュメンタリーとは言いながら、古市の文章に触れ、彼の小説も読みたくなった。

 たまたま帰省している娘に調べてもらったら、芥川賞候補になった2作とも図書館での貸し出し予約者が百人を超えているらしい。これはブックオフに行った方が早いかな。

 

 

| | コメント (0)

2019年11月10日 (日)

日記復活のあおり

 前回記事が9月の末日で、ラグビーW杯で盛り上がっているという話しだったんだけど、以来パタッと。

 おまけにツイッターも映画の方のお知らせくらいで、こちらも投稿無しだ。

 この裏には何があったかというと、毎年三日坊主が恒例だった手書きの日記が、久しぶりに続いているのだ。久しぶりに・・という言い方が合っているかどうかはなはだ疑問(そもそもそんなに続いたことがないから)だが 、要するにそういう事。仕事の事をメモったりしてた紙を止めて、全部まとめてノートに書きだしたら、当然だが続いたのだ。仕事がない日は2、3行でいいし、翌日や今後の予定なども思いついたまま書いていたら・・・ネ。

 それでも、数日空いたりすることもあるが、以前の様にそのまま遠ざかることもなく、すっと復帰している。

 なので、こちらのつれづれ日記に書く時間が無くなっていったということ。時間もだし、意識も遠ざかっているかな。

 前回記事の続きを書くとしたら、日本はグループリーグの最終戦スコットランドに辛勝し、決勝トーナメントへ。

 初戦、準々決勝の相手は因縁の南アフリカ。前回大会の様にはいかず1トライもできずに敗れてしまう。

 この後の波乱は、ニュージーランドがイングランドに準決勝で敗れた事。

 決勝はそのイングランドとウェールズを破った南アフリカ。南アフリカが32-12で3度目の優勝となった。

 日本の代表選手が南アフリカに優勝してもらいたいとよく言ってたが、その通りになった。

 という事で、今日の音楽動画は負けたイングランドの人々におくるこの歌。

 

 

| | コメント (0)

« 2019年9月 | トップページ