« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月24日 (日)

ブラタモリ パリ続編

 夕べのブラタモリは海外編パリの続編でした。
 前半はこの番組らしい地層に関する情報で、統一された街並みの外壁に使われた石材が、なんとパリの地下わずか20mに豊富に眠っていたものだった事。石の名前はもう忘れちゃったけど、確か石灰岩だったかな。
 日本の石灰岩は地下のプレートの圧迫によって大変硬いものが多いが、パリのソレはただ沈下していっただけで圧縮されたりしてないので、加工しやすい硬さなんだそう。
 元々は海の下だったパリの地下には豊富に有り、美しい街並みに似合いの材料となったんでしょうな。

 そして、後半にはモンマルトルの丘が出てきました。
 ムーラン・ルージュが有り、かつては芸術家たちの集う場所として有名でしたが、実は19世紀の中ごろまではパリ市ではなく、別の行政区だったためにパリの高額な課税対象にならず、よって安価に生活できたんだそう。
 丘の標高は約130m。
 ムーラン・ルージュも含めた歓楽街は丘の麓にあり、いまもケバケバしい性風俗の看板が立ち並ぶ界隈の様でした。19世紀も娼館等があったんでしょう。
 丘の上はいまも観光地としてにぎわっているようで、丘の反対側の斜面にはブドウ畑もありました。昔は一面のブドウ畑があって麓の歓楽街で飲むワインの供給源となっていたようです。
 『地産、地消、地酔』。タモリらしいジョークでした。

 モジリアニを主人公とした映画「モンパルナスの灯」というのがあり、モンパルナスとモンマルトルがごっちゃになるんですが、ウィキによると、モンマルトルがパリに併合され観光地化していったので、セーヌ川の反対側に位置するモンパルナスに芸術家達は移っていったんだそう。
 モンマルトルは19世紀は農村風景などが残る地区で、それを求めて画家たちが集まったんだそうです。
 丘の上からはパリが一望でき、「赤い風船」の冒頭のシーンや「大人は判ってくれない」の夜明けのシーンを思い出しました。ま、あれがモンマルトルの丘とは限ってないですが、意外とパリは高低差のある街なのかも知れません。



 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月17日 (日)

ブラタモリ パリ

 夕べの「ブラタモリ」はヨーロッパ編の第2弾、フランスのパリでありました。
 観終わって残った印象の第一は、二世紀前のパリが糞尿まみれのきったない街だったという事。

 『華の都パリとかいうけれど、街を歩けば犬の糞だらけで大変よ』
 何十年か前にそんな声を聞いた覚えがありますが、もっと前は犬の糞どころか、人間様の汚物まみれの街だったという、なんともお食事時にはそぐわない話題でした。

 パリは古くから栄えた町だが、交通網より住居の方が優先され、気がついた時には狭い路地ばかりの街で、下水道の整備も後回しになっていた為に、生活排水も地上の路上に排水溝を作ってセーヌ川に垂れ流していたそうな。
 で、今の美しい街になったのは19世紀半ばに当地のセーヌ県の知事になったジョルジュ・オスマンによる「パリ大改造」が行われたからだそうで、何しろ、その汚さの為にコレラなどの疫病も流行ったというんですから。
 因みに時の皇帝はボナパルトの甥ルイ・ナポレオン三世、第二帝政時代だそうです。

 ジャン・バルジャンの悲劇がミュージカルにまでなった「レ・ミゼラブル」はまさに19世紀の初期が舞台。
 僕は小学生の頃に「あぁ、無情」を読んだきりなので、環境描写の事は忘れているけれど、あの大ヒットミュージカルには、そんな糞尿まみれの様子も感じられたのかな?
 ハハハ。
 それは冗談ですけど、大昔のパリの物語を観る時(或いは読む時)には、今回のブラタモリを思いだしそうだなぁ。

 そして、来週も「パリ」だそうです。
 ヨーロッパ編が断続的に続きそうだけど、その後は「ロンドン」とか「ベルリン」とか出てくるのかな?
 ちょっと急がないと、タモリも歳だしなぁ・・・。

 「パリ」編で街を案内した現地在住の日本人作家の森田女史によると、パリ中心地にあるセーヌの中州「シテ島」が“シティ(都市)”の語源だとか。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月10日 (日)

誕生日にスキップ

 2月10日は義母の誕生日、ということで女房と義母がお昼に外食でお祝いするとのこと。で、運転手である僕もご相伴することになりまして、野間大池にある「木花ガルテン」に行きましたが、午後2時というのに日曜日のレストランは満席プラス順番待ちの長蛇の列が。
 とてもじゃないが待ちきれないという事で、近くのとんかつの「浜勝」に行きました。
 もう何度も来たことのある店ですが、久しぶりに来てみると、盛り付けとかが少し変わってました。全体的に小振り? つうか、御飯茶碗が小さくなったのかな。もともとお腹パンパンになるくらいのボリュームだったので、個人的にはちょうどいい感じになったというべきでしょうか。

 帰りにレガネットで買い物して、夕方帰宅。
 まだ陽は明るいので、雨の昨日は少ししか出来なかったウォーキングをいつものコースでやりました。

 公園に入ったところで、ふとスキップがしたくなりました。
 時々、TV番組で運動神経の悪い人が、突拍子もない格好でスキップをする姿を見ますが、そういえば随分としてないなぁと。
 池周りのウォーキングコースは幸いに人影はまばら。では、と始めたらこれがなんともビックリ!
 スキップのやり方を忘れてました。というか、頭の中ではわかっていると思っているのに、身体の方がついてこない感じ。
 流石に、アノ関西の女子アナのように無様にはならず、ほんの数秒で体の方も思い出してくれて、ちゃんとしたスキップになりましたが、ホント、一瞬「あれっ!?」って気分になったのも事実。
 皆さん。
 時にはスキップもしてみるもんです。あの後歩きながら、あのまま思い出さなかったらどうしようとヒヤリとしたんですから。スキップ、してください。

 ということで、音楽動画は「スキップ」ならず・・・


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 6日 (水)

息子の誕生日

 2月6日は愛知県に居る息子の誕生日。
 福山雅治の誕生日でもあり、フランソワ・トリュフォーのソレでもある。そしてブログ友だちのanupamさんの旦那さんのでもある。
 だからといってとりたてて書くこともないが、とりあえず、故人のトリュフォーさん以外、また列記した人以外の本日誕生日の方、産んでくれたお母さんに感謝しつつ、今日の日を噛みしめてお過ごしください。

*

 最近は、児童虐待のニュースが連日放送されているけれど、あれだね、児童相談所や教育委員会の不手際を糾弾する報道が多いけど、もう一方であの親父の事があんまり話題にならないね。あれはもうどうしようもないとあきらめてるのかね。
 あきらめるにしても、どうしたらあんなモンスター人間が生まれたのか、どうしたらああいう人間を更生させられるのか、あるいは無理なのか・・・なんてことも話して欲しいよね。
 とにかく信じられない。血を分けた自分の子供を虐待して死に至らしめるなんて。まだ10歳なのに。

 母親も逮捕されたけど。あれは実態を知るためだろうと思いたい。彼女も多分被害者なんだ。いわば洗脳状態に近かったのかも知れない、と僕は思っている。



 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »