« 2018年3月 | トップページ

2018年4月14日 (土)

大谷さ~ん、he did it again!

 まぁ、見ることが少なくなっていたワイドショーですけど、最近は大谷さんのことが気になってつい見ちゃってますね。
 大谷翔平。ロサンゼルス・エンゼルスに今季から所属した元日ハムのピッチャーであり、バッティングでも卓越した技術と成績をのこしたアスリートですね。
 1994年生まれの23歳。羽生弓弦とか高木美帆とかと同じ世代。なんか凄いな。

 25歳でメジャーに移籍すれば200億円も超えるだろう契約金が考えられたのに、それを待たずに日ハム時代より少ない年俸で行っちゃった青年。

 デビューは敵地でのDH8番打者。初打席初球初安打という結果を残し、その後の敵地でのピッチャーデビューでも6回3失点で勝ち投手になる。
 さらに、本拠地でのDHでは3試合連続ホームランという快挙。その後のピッチャー登板2戦目は7回一安打12奪三振という、まさにアメージングな活躍。
 オープン戦でのピッチングでは、確か2試合でどちらも3回持たなかったし、バッティングも一割台の打率ということでメディアは酷評していたけれど、掌返しの記事がでまくって、日本のTVも大谷の話題で持ちきりでした。

 今日はロイヤルズで7番DHでの出場。4打数2安打で、2安打目で塁に出た彼がその後得点して、それが決勝点になるという、今日も彼の活躍でチームが勝利した格好。
 エンゼルスは西地区の1位を独走の様です。

 この活躍は、野茂やイチローを思い出すね。
 ひょっとしたら、今年は彼ら以上の結果を残すかもしれない。
 例えば、オールスターでのホームラン競争優勝とか、MVPとか。

 岩手県奥州市出身。花巻東高校で甲子園で活躍。
 明後日がピッチャー三戦目の予定。楽しみだなぁ。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年3月 | トップページ