« 血管年齢を測ってみる | トップページ | ヨーグルトかけ醤油 »

2014年8月14日 (木)

オキシトシンとセロトニン

 先日の健康関連のテレビ番組「主治医が見つかる診療所」での話。
 その週のテーマは「ストレス」で、最悪、パニック症候群やうつ病などの病気を発生させるそのストレスにいかに対処するかという話でした。

 診療内科などの医師が注目しているのが人間が体内で作り出す二つの“幸せホルモン”でした。
 「オキシトシン」と「セロトニン」。

 セロトニンは今までも色々と話題になっていたホルモンなので書くこともないですが、「オキシトシン」は聞いたことはあってもその影響については無案内だったので、分かりやすいこちらのサイトをリンクさせておきましょう。

 梅雨時期には雨でウォーキングが出来ない日も多く、セロトニンファンには悩ましい事なのですが、今回の放送でセロトニン活性化には“お手玉”が有効だというので、さっそく今夕、近くの百均で(お手玉は無かったので)ゴムボールを買いました。イボイボの付いた奴で、指先への刺激にもなりそうだしネ。

 オキシトシンには家族とのスキンシップが有効のようですが、そういえば(反抗期のなかった)息子には幾つになってもそれが叶えられていたので、改めて感謝した次第であります。

|
|

« 血管年齢を測ってみる | トップページ | ヨーグルトかけ醤油 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82088/60151357

この記事へのトラックバック一覧です: オキシトシンとセロトニン:

« 血管年齢を測ってみる | トップページ | ヨーグルトかけ醤油 »