« [] | トップページ | 血管年齢を測ってみる »

2014年6月27日 (金)

「美しいサッカーで勝てないのなら、勝つサッカーをするだけさ」

 サッカーキングというサイトの最新記事で紹介された或る国の選手の言葉が今回のタイトルです。

 で、そのサッカーサイトの記事のタイトルはというと「名を捨てて実を取るオランダ代表の“ブレない”ポリシー」。
 つまり、前回W杯で無念の準優勝に終わったオランダが、打倒スペインを目指して4年間戦った末にたどり着いた結論ということでしょうか。
 日本らしいサッカー、というのは要するにこの美しいサッカーを目指していたんでしょうな。ところが、魅力的な攻撃的サッカーの象徴のようにいわれていたオランダは、美しさ(=魅力的)を捨てて勝利するためのサッカーを模索していったということです。
 日本の2歩から3歩先を行っていたということです。

 「美しいサッカーが全てじゃない。ワールドカップでは結果が全てなんだ。みんなが望むほど美しいサッカーではないかもしれない。だが、結果は出ている。長いこと、オランダは魅力的な攻撃的サッカーの象徴だったが、過去40年間で手に入れたタイトルは1988年のユーロだけだ。美しいサッカーで勝てないのなら、勝つサッカーをするだけさ」

 そして、この記事は次の言葉で締めくくられている。
 <理想か、現実か。どちらが正しいかは、これから始まる決勝トーナメントで明らかになるはずだ。>

*

 コロンビア戦で惨敗した日本の選手たちがピッチで、ベンチで泣きそうな顔をしていたのが、まるで高校生を見ているようで可哀想だった。

 2006年のドイツ大会でも史上最強と言われながら今回と同じく、2敗1分けでリーグ選で敗退した。しかも最終戦で南米のチームと戦って1-4で負けたのも同じだ。
 2006年は中田ヒデとその他の選手との確執が取りざたされたが、今回も本田、長友等の夢追い人と長谷部、川島等の現実派との擦れ違いがネットに流れたし、攻撃陣と守備陣の認識にも違いがあったらしい。

 敗因を観客が色々というのは勝手だが、多分、ネットで騒いでいるよりもその何倍かの複雑な要因があると思うんだけどネ・・・。


 

|
|

« [] | トップページ | 血管年齢を測ってみる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82088/59887316

この記事へのトラックバック一覧です: 「美しいサッカーで勝てないのなら、勝つサッカーをするだけさ」:

« [] | トップページ | 血管年齢を測ってみる »