« 只今リニューアル奮闘中 | トップページ | 日本、コロンビアに惨敗して決勝進出逃す »

2014年6月 9日 (月)

釜本、そしてシャビとイニエスタ

 昨日の「そこまで言って委員会」は各業界のオジサンたちが「・・・は要らない!」と主張する番組だったが、そんな中に釜本がいた。
 釜本曰く、パスを主体とした日本サッカーなんか要らない。
 サッカーはゴールして点を挙げなければ勝てないんだから、パスがいくら上手くなってもしょうがない。そう彼は言うのだ。

 そうだろうか?
 僕はサッカーをやってきた、或いは継続して見てきた人間ではないけれど、釜本の主張はまさに思考停止に入ったOBの繰り言のようにしか聞こえなかった。スポーツに詳しい人がいない委員会の意見もほぼ『共感する』となったが、予定調和の進行みたいで見ているこちらは合点がいかなかった。

 そんなモヤモヤとしていた中、昨夜遅く、NHKで現在最強と言われるスペンインサッカーを牽引する二人のスーパースター、シャビとイニエスタの強さの秘密を解明する番組が放送された。

 前回のW杯のチャンピオンであるスペインのサッカーは、まさにザッケローニが目指すパスをつないで相手ディフェンスの壁に穴をあけてゴールシュートを放つという、創造するサッカーだった。
 シャビは司令塔、イニエスタはゴールを狙うストライカー。
 子供のころからFCバルセロナの下部組織で鍛えられた二人だが、体格はともに身長170センチと日本人と変わりなく、筋力に優れているとも思えなかった。シャビは走力も人並みで若い頃は控えに甘んじていたようだが、代表監督がルイスなんとかという人に替わってから、その頭の良さを買われて司令塔として頭角を現したらしい。

 そんな二人の秘密とは。

 脳に特殊な装置をつけたり、特殊なペーパー試験などをして分かったことは、シャビは空間認識力が高く、イニエスタは創造力が高いということだった。
 優れた将棋の棋士と同じように、シャビにはピッチの状況を俯瞰で把握する能力が高く、瞬時にパスの3手先、4手先を読む力があったことが分かった。
 イニエスタは状況の打開策を多数思いつく能力が高く、尚且つ重心をブラさずにボールをコントロールする能力が高いことも分かった。

 守備を固めてカウンターで得点する。釜本の戦術は格下相手にはこれからも生き続けるモノではあろうが、世界の主流はすでにパスで堅い守りをこじ開けるサッカーに進化しており、世界レベルの戦いでは通用しないのではないか。
 シロートのオジサンでもその辺は感じてるんですがねぇ。

 あと数日で開幕する2014年ワールドカップ。
 日本が一次リーグ戦を突破するのは、釜本と同じく5分5分だと思うが、イギリスのマスコミが日本のサッカーは面白いに違いないと言っているように、冷や冷やしながらも、なんとか勝ち進んでもらいたいもんである。
 ちなみに、釜本は日本がベスト16に入ったら視聴者に謝るそうだが、どうせそうなってもへらへら笑って『ごめんなさい』とかいって終わるんでしょうけどね。


 おまけ動画は珍しくも昔懐かしいムード歌謡曲。
 イニエスタから連想しただけですけど、なにか?

 

|
|

« 只今リニューアル奮闘中 | トップページ | 日本、コロンビアに惨敗して決勝進出逃す »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82088/59786547

この記事へのトラックバック一覧です: 釜本、そしてシャビとイニエスタ:

« 只今リニューアル奮闘中 | トップページ | 日本、コロンビアに惨敗して決勝進出逃す »