« 太田が春樹をクソミソ酷評!とな | トップページ | 英語なんてただの言葉 »

2013年5月28日 (火)

スロージョギング

 お茶の間の健康志向は相変わらず。そりゃぁねぇ、お年寄りがどんどこ増えている日本ですからね。ま、私ももうすぐお年寄りの一人ですけど。
 で、先日の健康関連のTV番組で紹介された「スロージョギング」。提唱しているのが、こちら福岡の大学、福大の田中教授ということで、つい見てしまいました。

 スロージョギングについては、ネットを検索すれば色々と出てきますが、とりあえずシンプルに説明しているコチラのページをリンクさせておきましょう。

 さて「スロージョギング」はその名の通り、ゆっくりとやるジョギング。一歩が足の長さ以内で、背過ぎを伸ばして、腕をL字型にキチンと曲げて、振って走る。通常のジョギングだと踵から着地しますが、スロージョギングだと、常に足の指の付け根でしか接地しないので膝にかかる負担も少なくて良いとの事でした。その場でのジョギングも同じような効果を得ることが出来るといっていたので、あれは縄跳びと同じようなものですね。

 1分でも効果はあるとのこと。途切れ途切れでも一日20分から30分すると、いわゆる生活習慣病の改善に繋がるし、ダイエットにもなる。体重は変わらないけど、体脂肪率や腹回りが小さくなるなど、リバウンドしにくい体質改善が出来るとの事でした。


 ついでに別の番組で、例の一日一食しか食べない南雲医師の、実際の体質の健康度をチェックするという企画が放送されていたので、こちらも備忘録しておきましょう。

 南雲の健康プログラムは、食事は朝はガム1個、お昼は果物1個、夜は普通の食事を摂るが、内容はご飯は雑穀米だったり、おかずも野菜が中心だったりというもの。お風呂は水シャワーのみ。夜の十時には床につき、朝の三時に起きる。

 で、この南雲医師の身体検査をしてみると・・・。

 全ての数値が実年齢(57歳)よりも20歳以上は若く、加えて肌年齢なども同じくらい若かったという結果。
 要するに、彼の生活習慣が健康には良いという結論になった訳だ。ある意味期待された弊害も見つからなかったということ。
 データを見た別の医師は、いわゆる長寿遺伝子が普通の人より働いているんだろうと言っていた。ま、これも予想通りだったけど。

|

« 太田が春樹をクソミソ酷評!とな | トップページ | 英語なんてただの言葉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スロージョギング:

« 太田が春樹をクソミソ酷評!とな | トップページ | 英語なんてただの言葉 »