« 照明の話 | トップページ | 靴紐 »

2013年5月12日 (日)

カレーと読書

 ストレス解消にはカレーと読書が良いらしいです。昨日の「世界一受けたい授業」で言ってました。

 カレーがいいのは、スパイスのターメリックに含まれるクルクミンが血行を促進して血液の巡りを良くし、ストレスの解消に繋がるからとの事。
 読書は、読書に夢中になることで現実世界を忘れ、それがストレス解消に繋がるとの事。又、<読書だけでなく、漫画でもバラエティー番組でもいいので、1日5分だけでも何かに没頭する時間を作るのが良いでしょう>と結んでいた。
 読書の件に関連しては、イギリスで行われた実験についても紹介され、複数の人にストレスをかけた後、読書・音楽鑑賞・1杯の紅茶・テレビゲーム・散歩を6分間してもらい、それぞれを終えた後の心拍数を測ったところ、一番下がり幅が大きかったのが読書だったとの事。

 出演者にストレス解消に何をしているかという質問をして、劇団ひとりがよく散歩をしていると答えたが、出ていた先生(多分医者)は、散歩中はどうしても仕事のことなどを考えるのでストレス解消にはならないと言っていた。
 以前、別の番組では(無心の)ウォーキングはセロトニンを発生させて、安眠や精神安定にもつながり大変宜しいという医者もいたので、夕べの答えはどうなの?って思っちゃうよね。

 いずれにして、カレーが良いというのは予想通り、読書も一応納得しときましょうか。

|
|

« 照明の話 | トップページ | 靴紐 »

コメント

記事を拝読しました。劇団ひとりさんがよく散歩をしているそうですが、医者からの指摘の通り、ストレス解消になりません。散歩ではなく、ウォーキングの方がストレス解消をするには最適です。

投稿: ○《落合紘史] | 2013年6月10日 (月) 08時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82088/57366324

この記事へのトラックバック一覧です: カレーと読書:

« 照明の話 | トップページ | 靴紐 »