« 36度5分 | トップページ | エキストラ・バージン・オリーブオイル »

2013年2月17日 (日)

財津和夫

 先日の夜のNHKテレビで、財津和夫の青春時代を振り返る本人出演の番組を偶然見た。司会はガレッジセールの二人と女子アナウンサー。どうやらこれはNHK福岡製作の番組らしい。

 番組内では、ガレッジの川田と女子アナと財津の三人が福岡市内の、財津ゆかりの場所を訪れるエピソードがメインに流され、見覚えのある風景、すぐ近くなのに見たことのない風景が出てきた。
 財津が東区の名島の出身であったこと、高校は県立香椎高校、そして大学は西新の西南学院大学だったことなどが当地の映像と共にを紹介された。
 生まれたのは1948年。昭和で言えば23年だ。家の姉貴の一つ上だったんだ。

 高校時代に、箱崎宮から借りていた国宝の、元寇の時代に蒙古軍が置き忘れたといわれる弓を壊して、宮司に謝りに行ったエピソードが紹介され、あの弓が今はどうなったかと箱崎宮を尋ねたら、実はお弓は国宝ではなかったというオチまであった。国宝というのは当時の先生の勘違いで、要するに“国宝級”だったということ。弓は現在も保管され、財津は懐かしの再会。国宝ではなかったという話に、複雑な思いだったらしい。

 西南学院大学のキャンパス、天神の伝説の喫茶店「照和(しょうわ)」も紹介された。

 結局、財津は大学を中退して仲間と共に東京に出て行くわけだが、その思いを決行するきっかけになったのが、たまたま乗ったタクシーの運転手さんの言葉だったらしい。

<タクシーに乗ったら その運転手さんが 僕の持ってたギターケースを見て 「ああ君も何かやってんの」
「ええ、やってるんですけど」 「僕もやってたんだけど挫折しちゃったんだよね」
で あの 「頑張ってね」って言ってくれたんです。
で、歌を作ろうと。 歌を歌って生きていきたいという。 運転手さんの言葉を。
その言葉で決心が出来たと言うんですか、
学生やめてもいいから 東京へ行こうって決心ができたのは 運転手さんの言葉だったと思いますね。>

 そして、この歌が生まれたんだと財津は言った。


 

|
|

« 36度5分 | トップページ | エキストラ・バージン・オリーブオイル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82088/56783008

この記事へのトラックバック一覧です: 財津和夫:

« 36度5分 | トップページ | エキストラ・バージン・オリーブオイル »