« 2012年11月 | トップページ | 2013年2月 »

2012年12月16日 (日)

脳の学校

 「そこまで言って委員会」の今日のテーマは、賢いオッサン大賞。
 つまり、あるテーマに沿ってゲストのオッサンが提案を行い、パネラーがその提案を「賢い」と思うか「賢くない」と思うかの判定を行うというもの。
 6人のオッサンが提案を発表したけれども、その中の一人、医学博士の加藤俊徳(かとうとしのり)氏の話が面白かったので、備忘録を残しておきたいと思う。

 加藤俊徳氏は、株式会社「脳の学校」の代表で、色々と脳の研究をしているらしいんだが、今回の番組出演に際しての提案は3つ。

 ①(自分を)28歳だと思って生活せよ。
 ②「脳番地」を開拓せよ。
 ③「脳定年」をなくして、120歳まで生きよ。(これは終盤の言葉があやふやです)

 全てを総括して話せば、要するに、脳は年とともに老化していくもんだというコレまでの常識は間違いで、生き方、考え方で脳は死ぬまで発達するということだ。
 50歳を過ぎても、生活の仕方で脳の形は変わるのはMRIの検査でわかっているとの事。この場合の形というのは、外形的な形ではなくて、どうやら使っている場所の活性度の事らしいんだが、結論から言えば、使えば使うほど脳細胞は発達するので、自分でもう新しい事は覚えられないとかと「脳定年」を意識するのが脳の衰退に繋がって一番いけないらしい。
 「脳番地」というのは、言語中枢とか、運動中枢とかの、脳の得意分野の部分のことで、これも使ってない場所(番地)は衰退していくので、どんどん使うことを推奨している。脳が疲れた時には、ただ睡眠をとるということだけでなく、別の番地を使うことでも、その番地の疲労を取る効果はあるとの話も。
 なるほどね。
 28歳を意識せよというのは、自身の社会に出て伸び盛りだった頃の年齢を意識した結果のことらしいんだが、要するに新しい事をどんどん吸収していった若い頃を意識して脳を活性化せよということですな。

 反対に、ネガティブ発言とかの弊害についても話していたように思う。

 個人的な事を言わせてもらえば、苦手な料理とかにチャレンジするのもイイかもね、オッサンは。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年12月 3日 (月)

硝子体(しょうしたい)

 只今、私の瞳孔は左右の大きさが違っております。左が右の8倍くらいに大きくなっていますね、面積が。
 これ、眼科の検査で目薬で(左側を)大きくしているんですが、原因は22日のこのツイートです。

 「夕べ、入浴中に左目を偶然に叩いたような気がした後から、左目の飛蚊症が酷くなってしまいましたがな。左に縦長の紐のようなものが。一晩寝てもやっぱりある。生理的なものだろうけど、PCの光も紫外線らしいから、防御メガネが必要かな。外出する時にはサングラスをしてるんだけどね」

 このツイートの後、眼科に行きまして診てもらったら、一応特に病的なものは見つからなかったのですが、瞳孔を開いてみないと隠れた部分までは見れないと言われまして、本日午前中に再検査に行ったわけです。前は車で行っていたので、瞳孔拡大の薬が使えず、今回は自転車にて。

 結果は、硝子体の奥の方が網膜から剥がれていて、その時に飛蚊症の原因になっている物体も硝子体側にくっついて来ていて、見えているんだとか。この硝子体の剥がれは叩いたことによる原因もあるかもしれないけど、加齢によって誰にも起こることらしい。要するに、心配することはないということ。
 ついでに、先生の見立てによると、白内障の危険な兆候も一切見られないとのことでありやした。やれやれ。

 硝子体については、こちらで
 それと、ウィキの飛蚊症の項目を見ると、今は手術によって除去できるとのこと。但し、失敗のリスクもあるので、まだまだ一般的ではないらしい。

 いやぁ、眼は難しいね。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2012年11月 | トップページ | 2013年2月 »