« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月25日 (日)

秋の気配というよりは

 今朝も近くの市民図書館横の公園をお散歩。赤く色づいた桜の葉っぱがパサッと地面に落ちる音に、秋の気配というよりは冬の気配を感じる。
 紅葉はまだまだ、盛りだくさんに風になびいているけれども、白い息を両手に吹きかけながら思い出すのは、O・ヘンリーの「最後の一葉」かな。あの話の病気の奥さんは元気になったんだっけ?(忘れてるよ、おい)
 O・ヘンリー繋がりでは、この時季だもん、「賢者の贈り物」も思い出すよね。

 昨日の夕方、女房が地元のスーパー「ハローデイ」で買い物をしている時に、ラジオを聴いていたら、イギリスではクリスマスの子供への贈り物のために、借金をする親が増えて問題になっているとか。日本も同じようなもんだろうけど、つまり子供向けの玩具とか、IT機器なんかを作ると、親が借金してでも買おうとすることを企業も分かってるんだよね。遊んでばかりいないで少しは勉強しなさい、なんて言いながら、同時に遊び道具も買ってしまうのは、そろそろやめにしませんか。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年11月 6日 (火)

英語コンプレックス

 GILLEがyoutubeに洋楽のカバーやら、邦楽の英語詩カバーの動画を挙げてから、そのコメント欄に彼女の英語の発音がダメダとか何とかグジグジ書いてる人がいたけれど、かつて外国人が日本語の歌をレコードなどで出した時に、日本語の発音がオカしいからダメダとか言ってる人には会った事がないよなぁ、と思うんだけど・・・。
 日本人って可笑しいよね。
 外国人の日本語の発音や使い方が多少間違っていても気にしないのに、日本人が英語をしゃべるとなると完璧を求めるんだよね。

 ↓の、まさにフランス人形のように可愛かったダニエル・ビダルは、70年代前半に日本で活躍したシャンソン歌手で、少なくとも日本では大人気でした。日本語の歌も出したし、日本のTVにもよく出てた。外人特有の訛りがあるけれど、日本人の誰もダメダとかは言わなかったよなぁ。
 因みに、親日家の彼女は日本人男性と結婚し、一児をもうけるもその後離婚、現在はフランスにお住まいのようです。(←ウィキ調べ)
 1952年生まれだから、今年還暦でございますね。時の経つのは早っ!



| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年11月 4日 (日)

♪ハナミズキ/松井祐貴

  「松井祐貴」関連で動画を見てたら、こんなのもあって、今日も転載しちゃいました。

 「♪ハナミズキ」って、一青窈の唄で昔聴いていたけれど、初めていい曲だと感じたなぁ。作られたのが2004年。ウィキペディアによると、彼女の詩は2001年のアメリカ同時多発テロに遭遇した友人からのメールに触発されて出来上がったものらしい。
 松井君の動画はインストゥルメンタルなので詩は関係ないが、センチメンタルなメロディーと力強いメロディーが奏法を変えてダイナミックに表現されていて聴き惚れます。
 ついでに、ドリカムのお馴染みの「♪未来予想図Ⅱ」の動画もありやした。

 ところで、昨日ツイッターでCDについているボーカル無しの楽曲を“カラオケ”と呼んだら、あれはコーラスが入ってないから“インストルメント”ですよと突っ込みを入れられた。
 で、ちょいとネットを調べたら、<1990年ころからオフヴォーカルの入ったシングルCDが現れた。呼び名は当初は「オリジナル・カラオケ」が多かったが、現在では「instrumental(inst.と略)」表記が主流である(宇多田ヒカル、竹内電気は現在でも基本的に「Original Karaoke」)。なお「オリジナル・カラオケ」とは、歌手が録音に使用したカラオケ音源を指す用語である>(wikより)となっている。
 僕のツイートはその呼び名はどうでもよくて、いわゆる“カラオケ”としての用途を目的とした楽曲だろうと思ってるだけの話で、コーラスも自前で唄いたい人にはコーラス無しのカラオケとして使えるわけで、いずれにしても僕はアレの用途はカラオケだろうと思ってるわけで・・・えぇーい、(倉本聰みたいになっちゃって)めんどくさい!
 ツイッターでもブログでもお友達だった女性が、いきなりツイッターを止めちゃった事があったけど、彼女はよくツイッターでコメントのやり取りをしていたみたいだから、これと似たような事があったんだろうなぁ。

 気分なおしに、表題のインストゥルメンタル(=器楽曲)、聴いてください。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年11月 2日 (金)

♪Friend/松井祐貴

 GILLEの新しい洋楽カバー曲が出来上がったみたいで、今夜youtubeにさわりがアップされたわけですが、アコギ1本で彼女の伴奏をしていた男性ギタリストが気になって調べちゃいました。
 「松井祐貴」
 名前はyoutubeにも出てたので、すぐにオフィシャルサイトも分かったけど、まだまだ25歳という若さなので今後が楽しみであります。
 因みに、今夜アップされたGILLEの動画は、「♪Call Me Maybe」と「♪6 of 1 thing」。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »