« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月20日 (土)

♪GIRLS (English Ver.) / GILLE

 英語バージョンが出たとの事で、youtube取り上げました。

 GILLEが英語が得意なのには母親の努力が色々とあったそうな。
 なにしろ、彼女がおなかの中にいた時からアバやカーペンターズの歌を聴かせていたそうで、幼い時も外国製のアニメ教材(勿論英語バージョン)を見せていたとか。もの心付いた後には、自然にマライヤ・キャリーやホイットニー・ヒューストンを聞くようになったので、大きくなって友達とカラオケに行った時にはギャップを感じたらしい。
 その後、外国映画が好きになり、「プリティ・ウーマン」のリチャード・ギアやハリソン・フォードなどのファンになり、大きくなったら彼等のようなオジさんがリムジンに乗って迎えに来る事を夢見たりもした。故に、英語を話せなくては、というのが小6で英会話教室に通いだした動機との事でありました。

 GILLEの名前の由来は、もともとG(ジー)という音が好きで、それとインディーズで最初に出した曲「♪Will」をくっ付けたのだそう。以前、GILLEはギルと読むんではないかと書いたことがあったけど、その通りに、外人からは最初はギルさんと呼ばれる事が多いらしい。
 因みに、2011年にマイナーデビューした時の芸名、Tasha gee のTashaは、LAにホームステイしながらサマースクールに通った時の先生に付けて貰ったニックネームとの事。本名との関連は全くなし。本名は、ごく普通のお名前ですからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年10月17日 (水)

GILLEと福原美穂

  北海道出身の福原美穂が出てきた時もしばらくウォッチングしていたけど、GILLEのウォッチングはそれ以来だなぁ。ま、ウォッチングって言ったって、時々ネットやyoutubeをググルだけだけど。
 福原美穂は最初に開設していたブログがあまり更新されなくて、彼女自身もメディアにそれ程出てこなかったので段々ググル事もしなくなった。で先日、久しぶりにググッたら、流石にこのご時世、ツイッターもフェイスブックもやっていて、元気なところを確認した次第。
 そして、彼女とGILLEが同じ87年生まれというのにも気付いた。GILLEは1月生まれ、美穂ちゃんは6月生まれだから学年ではGILLEの方が一つ上って事になる。因みに、美穂ちゃんは我が娘と同学年だ。

 GILLEについては、ラジオに出演したときの様子なんかもyoutubeにアップされるので、情報が結構入ってくるのが美穂ちゃんとは違うな。
 宮崎県西都市出身の彼女が海外にホームステイに行った事は知っていたけれど、1回や2回でなかったことが先日のラジオ放送で明かされた。小さい頃から英語の弁論大会に出て優勝したが、それは副賞が外国でのホームステイだったからというのが1番の理由らしい。ただで外国に行けるのが嬉しくて何度も挑戦し、ニュージーランド、マレーシア、イギリス、LA、ニューヨーク等に行ったとの事。ステイ先の家族とは連絡先も交換しただろうし、今彼女が歌手として活躍していることも知らせたのだろうか、なんて想像してしまう。

 福原美穂はソウルフルなR&Bシンガー、GILLEもR&Bシンガーと紹介されることもあるが福原よりはポップな印象だな。
 美穂ちゃんの楽曲では、AIや和田アキ子とのコラボ曲が結構いかしてたけど、どうもテーマが一般的じゃなくて大ヒットには程遠かったみたい。それでもソロの曲より目立ってるんだよね。
 福原美穂とGILLEのデュエットなんて、聴きたいなぁ♪

 福原美穂は、TVのCMにも出ていたけど、今度は天海祐希主演のドラマにも女優として出演とか。お祖父ちゃんがアメリカンのクォーターらしいんだけど、見た目は100%日本人といっていいくらいな美人なんで、確かに役者も出来そうだよね。でも、僕はこの(↓)CMでの彼女の唄が好きなんだよねぇ~。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年10月16日 (火)

プレーオフ

 日米ともプレーオフ・シーズンですな、野球は。
 別で開いている映画ブログにMLBに題材をとった「マネーボール」を載せたのは、今そういう時期だから観たくなったわけで、「マネーボール」に取り上げられたオークランド・アスレチックスは今年もプレーオフに勝ち上がってきてたようです。で、今年もリーグ・チャンピオンになれなかった。
 一方、デビュー年以来のプレーオフを戦っているイチローは、最初のオリオールズ戦はなんとか勝ったものの、リーグ決勝戦はデトロイト・タイガース相手に、ホームで2連敗と苦しい展開です。しかも、キャプテンで先頭バッターのジーターが2戦目で片方の足首を骨折して3ヶ月の重傷ということですから、いよいよ厳しい。なんでも、過去のデータでは、ホームで2連敗してその後逆転したチームは皆無だそうですからネ。
 これで、この後イチローが活躍してヤンキースが勝ちあがったら、それこそレジェンドじゃないですか。

 日本は、パ・リーグ、ソフトバンクが日ハム戦まで持ち込めたので、福岡の野球ファンには嬉しいことです。でも、初監督でリーグ1位を奪還したわけですから、栗山の手腕にも興味はありますな。

 明日から、日米とも楽しみです。
 今夜のサッカーもね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年10月14日 (日)

訃報:丸谷才一

 丸谷才一さんが13日亡くなった。87歳。心不全だそうだ。
 僕は彼の小説の類を読んだことがない。一度読みかけたけれど、他の用事が出来て止めて、結局そのままだった。ただし、1冊だけはずっと手元に持っている本がある。
 「文章読本」
 1977年の発行になっている、いわゆる読本だ。因みに「読本」をネット辞書で引くと、<読みやすいようにやさしく書かれた入門書や解説書>となっている。
 小説を書くに当たっての心構えのようなものが、先人の、例えば谷崎なんかの文章を例に引きながら書いてあったように覚えている。日本語の美しさを再認識するような内容もあった。もう35年も前の本なのに、今だに持っているのは魅力があったんだろう。ハードカバーの表紙にはビニールのカバーが最初からかけてあって、今もあちこちビニールは破れているが付いたままになっている。多分これからも持ち続けるだろう。

 文学の話と言えば、今年も村上春樹はノーベル賞が獲れなかった。TV番組では、またしても彼の話題が色々と流れたが、忘れていたこんな事も思い出させてくれた。
 それは彼の処女作「風の歌を聴け」に関すること。
 村上は、この小説を最初に書いた時は気に入らなくて、今度は最初から全て英語で書いてみた。そして、それを和訳したのが今世に出ているもんだと言うこと。
 英米文学を原著で読み親しんできた村上にとって、アチラ風の表現が合っているんでしょう。そしてそのスタイルが彼の本が海外の言葉に訳し易くしているのかもしれないと、TVの司会者は言っていた。

 文学っておもしろい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年10月11日 (木)

GILLE、KBCに登場

 今朝、テレビ朝日系の地元TV情報番組にGILLEが出たので、キャプチャー写真をご紹介。

Gille1

 わずか3分の出演で、日頃宮崎出身をアピールしている彼女は、ここでも・・・

Gille3

「そうなんですよ、宮崎なんですよ」とカメラ目線。

 
 
Gille2

「福岡にあこがれて育ちましたぁ」とヨイショも忘れへんで。

 
 
Gille4

 この番組レギュラーの依布サラサには、作詞はどうしたの?と聞かれ・・・
 
 
Gille5

 自分で訳詩もしたと答えて、驚かれる。
 
 
 最後には、もうすぐ発売の新曲についても紹介される。
 あっちゅう間、やったなぁ。

Gille6

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年10月 2日 (火)

♪Winter Dream(&♪GIRL) / GILLE

 GILLEの初オリジナル曲が今月24日に発売されるとのことで、youtubeにミュージック・ビデオが流れております。
 後半に流れる「♪GIRL」の方が先に流れていたけど、どっちかっつうとこの「♪Winter Dream」の方が好きになれそうだなぁ。
 まだまだ、TV出演は少ないけど、youtubeには各地で流れたラジオのインタビューがアップされてますな。元気いっぱいに宮崎弁が炸裂しておりヤス!

 尚、この曲は<TBS系"CDTV"10月度エンディング・テーマ>らしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »