« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月31日 (土)

秘密のケンミン・ショー 言葉編

 少し前の「秘密のケンミンショー」で、沖縄では「大急ぎで」とか「大慌てで」という意味で「アワティーハーティー」という言い方があると言ってました。
 「アワティーハーティー」。なんか、英語をもじったような言葉ですが、実は琉球で古くからある言葉らしく、今でも使われているようです。
 「慌てる」というのを琉球では「アワティーン」と言っていて、例えば「大急ぎする」のを「バタバタする」というように同じ言葉を重ねる言い方で、元々「アワティアワティ」と言っていたのではないかとのこと。しかし、「アワティアワティ」では母音が重なって言いにくいので「アワティーハーティー」と変化したのではないかと、琉球大学の先生が解説されてました。なるほどね。

 面白い言葉で思い出すのが、鹿児島弁の「ケケケケ」。
 これ、別に笑ってるんじゃないんですよ。意味は「貝を買いに行って来い」。
 じかに話されているのを聞いた事がないので想像なんですが、「ケー、ケケケ」と言うんじゃないですかね。
 鹿児島弁って九州の中でも特殊で、鹿児島の人同士が鹿児島弁で話しているのを聞いたら、福岡県人でもさっぱり分かりません。

 吉田拓郎は鹿児島で生まれるも、育ったのは広島。この歌も珍しく広島弁で唄われてます。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年12月29日 (木)

宿便

 昨日のお昼のTV番組で言ってましたが、「宿便を取ってやせよう」などという話は真っ赤な嘘らしいです。
 宿便って、ウィキペディアにももっともらしく書かれているし、医者のような肩書きを持った人が本を出したりしてますが、昨日の番組で出てきた医学博士らしき男性は、「そもそも宿便という物自体が無い」のだと言ってました。
 腸のヒダヒダの隙間に溜まって長く滞留している便、そんなイメージがありますが、<腸はいつもさざなみのようにざわざわ動いています。ですから同じところがずっと谷ということはなく、谷になったり山になったりします。しかも、腸の壁の細胞は数日で生まれ変わって、古いものははがれて便として排出されます。ちなみに日本人の便は7~8割が水分、残りの1~2割くらいが腸内細菌の死骸、1割強が食べ物の残りかす、あとは脂肪やその他のものという構成なのです>とのことです。

 な~んだ。
 上に引用した文章は、すでに2006年に掲載されていたのに、今まで気付きませなんだ。便秘についても書かれてますので、お悩みの方はご一読ください。

 お口直しにyoutubeの音楽を。「便」繋がりですけど、朱理さんごめんなさい。coldsweats01

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年12月13日 (火)

パン屋さん 「小麦畑」

20111213

 南区花畑の外環状線(都市高5号線)そばにエフコープのお店があるんですが、今日は途中の自動車試験場にも用事があって、ついでに女房をエフコープに連れて行きました。彼女が買い物をしている間に、その周辺をお散歩していたら、裏手の方にパン屋さんを偶然見つけまして、写真(↑)をとってきました。
 シナモンのドーナッツや、栗アンのパンやらもついでに買って、後でエフコープの中の喫茶コーナーで食べたのですが、シナモンのがもっちりして実においしい。

 ネットで調べると、紹介ページがあったのでリンクしておきます
 小さい椅子とテーブルがあって、一応軽く食事も出来るようでした。

pencil 福岡県福岡市南区花畑1丁目9−13
pencil 092-561-8787 ‎ ·

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年12月 1日 (木)

紅白歌合戦 22年ぶりの返り咲き

 昨日、年末の紅白歌合戦の出場者が発表された。復興需要というか、今年は東北にゆかりのある人の復活が目立つが、驚いたのは千昌夫が22年間も出ていなかったこと。22年も出てなかったということは、今30歳くらいの人でも、彼のことを知らない人がかなりいるだろうということだ。
 陸前高田市の出身で、ふるさと自慢も昔はよくしていたように思うが、変わり果てた故郷のために何度も慰問に訪れたらしい。

 大晦日に何を唄うかは未定とのこと。とりあえず、今回はお馴染みのこの歌を(↓)ご紹介しましょう。
 映像はyoutube投稿者が選んだ、震災以前の古くからの陸前高田市の風景らしいです。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »