« 日本の女子が熱い! | トップページ | 祝!祝! »

2011年7月12日 (火)

日本女子も、韓国女子も熱い!

 NHK-BSで女子ワールドカップ準々決勝、アメリカvsブラジルを見る。
 これまでの対戦成績はアメリカの23勝2敗4分。男子と違って、どうやら女子ではアメリカが強いらしいが、確かに見ていると、アメリカはヨーロッパ風のプレースタイルで、パスも早いし、選手のスピードもある。
 Wカップでは、これまで2回優勝していて、今夜も1-1から延長戦となり、延長の前半で勝ち越されたものの、後半の終盤間際でヘッディングで同点とし、PK戦で最後のアメリカ選手が入れたところで勝った。
 アメリカの先制の1点はオウンゴール。前半には惜しいヘッディング・シュートもあった。
 尚、アメリカは延長に入る前からレッドカードで退場者が出ており、後半戦と延長戦は10人で戦っていた。
 さて、明後日はいよいよ日本vsスウェーデン。日本時間の14日午前3時45分がキック・オフだそうだ。

 ゴルフの全米女子オープンは、結局4日間で終わらず、両宮里は翌日に最終ラウンドの残り5ホールをやった。
 トップと6打差の暫定7位から再開した宮里美香(21)は2バーディーを奪って通算1オーバー、285で5位。同じく暫定7位だった宮里藍(26)はひとつスコアを伸ばして2オーバーの6位だった。
 優勝したのは、21歳の韓国人選手。4日目で72ホールを終わって暫定トップに立っていたのはソ・ヒキョンだったが、二人の韓国人選手のプレーオフとなり、3ホール目で逆転で決着が付いた。
 とにかく、今回も韓国人選手の台頭が目立った大会だった。

|
|

« 日本の女子が熱い! | トップページ | 祝!祝! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82088/52191158

この記事へのトラックバック一覧です: 日本女子も、韓国女子も熱い!:

« 日本の女子が熱い! | トップページ | 祝!祝! »