« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月30日 (木)

ほんまでっか 健康ネタ

 ほんまでっかネタの前に・・・
 熱中症の危険があるとされる目安は、温度28゜以上かつ湿度70%以上です。気を付けて下さい。

 さて、先週のネタですが、夏に冷たいモノを食べたり飲んだりすると、胃の周りに脂肪が付くそうです。医学関係者の発言がありました。
 ビール腹といいますが、あれなんか、こういうことが原因なんでしょうな。夏でもなるべく温かいお茶とかお白湯を飲んだ方が良いと言うことです。

 夕べは、おおたわ女史による尿で分かる病気の兆候というネタがありました。
 思い出すままに書くと、危険度の1位だったのが、「尿から大便の匂いがする」というもの。これは、大腸がんの疑いがあるということです。大腸、直腸にガンがあると、知らぬ間に尿道へと繋がる道が出来てしまい、故に尿から便の匂いがすることもあるということ。怖いですねぇ。臭そうですねぇ。

 尿が異常に泡立っている人は腎盂炎を疑った方が良い。というのは、泡立っているのは蛋白尿の可能性が高いからと言うこと。なるほど。

 尿が二股とかに分かれて出る人は、尿道炎、または尿道癌の疑いが。尿道に悪い組織が出来ると、尿の通り道が二つ以上に分かれてしまうことがあるからと言うのが理由。たまにそういう風になるのは問題ないけど。

 夜中に3回異常トイレに行く人は、前立腺肥大、前立腺癌を疑った方が良いと言うこと。歳をとれば誰しも前立腺がはれてくるモノだが、夜中に3回も行くようだと病的と言うことでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年6月28日 (火)

Qさま

 アクセス数が多い時は、大抵「ロバート・キャンベル」絡みが多く、昨日も彼が「Qさま」に出ていたからだと思う。

 でも、昨日は大ブレーキだったな。結局は、彼が居たチームがハワイ旅行の挑戦権を得たから良かったものの。

 探検家のリビングトンを知らなかったのは意外。東大の教授が知らずに、卒業生の三浦ちゃん(↓)が知っていたのが可笑しかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年6月13日 (月)

「 」の中の。

 息子の部屋のベッドは、学習机とセットで売っているものの頂きもので、普通のベッドより寝床面が高い。なので、寒がりで暑がりの息子は、夏は寝苦しいからと普段は私が寝ている和室で寝ています。ウサギ小屋のマンション住まいなので、当然私が彼の部屋で寝ております。
 今朝も息子の部屋で目を覚まし、少し早かったので、彼の机に座って、なに気に国語の教科書を開いていたら、芥川の「羅生門」とか重松清の短篇だとかが載ってまして、懐かしい「羅生門」を読み始めました。
 ふと気が付くと、登場人物の台詞の表記で、「 」の末尾に「。」がありました。
 実は、別途に作っている映画のブログで、映画の台詞を引用する時に、そういう文章を書くことがありまして、昔は末尾に「。」を付けていて、後に(確か)村上春樹の小説には「。」がないことに気付き、過去ログを修正した経験があります。なので、これは芥川が昔の人だからかなぁと思って、重松の小説を見たら、ここにも「 」の末尾に「。」がありました。

 さっそく、ググッてみましたら、「ライトノベル作法研究所」というサイトの関連部分にかなり核心部分をついたやりとりがありました。

 要約すると、学校の教科書などは、文科省の定めた表記法の基準に則って「 」の中に「。」を付けるけれど、小説などの商用出版物は、「 」の“閉じ括弧”自体に文末の意味があるので、更に文末を表す「。」を付けるのはスマートではない、というような編集者の考えが業界内に広まって省略するようになったということです。
 印字量を減らす為などの経済的な理由もあったのではないかと、個人的には考えました。

 ググリついでに、台詞の表記についての「どんぶり先生の原稿作法」のページもリンクさせておきましょう。

 上の(↑)文科省の基準って昭和21年のものらしいんですが、それが本当なら、も少し現実的に修正してくれて良いと思うんですけどねぇ。これも“お役人仕事”ですかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年6月 9日 (木)

人力発電

 3.11以降、脱原発気運が高まって、再生可能な自然エネルギーを使った発電へ注目が集まっている。脱ダム宣言なんていうのも何年か前に話題になったが、3.11では内陸部のダムが決壊して、溜めていた水が鉄砲水になって二次被害を起こした事例もあるので、ダム開発の見直しという流れにはならないようだ。
 鳥取県などは風力発電が盛んで、一部の自治体では必要以上の蓄電が出来ているので、中国電力に売却するまでに至っているらしい。なんでも数億円の売り上げらしく、多分その自治体の主要な産業にまでなっているはずだ。
 しかし、なんと言っても今盛んに商品開発が進んでいるのは太陽光発電だ。そして、それ以外にも様々な発電装置が開発されている。発電床というのは、その場で人が足踏みするだけで電気が起こせるし、人が発声する声を、あるフィルターを通すことで、そこに起こった振動を電気に変える商品も開発中らしい。声で発電する仕掛けは、いずれ携帯電話に取り付ければ通話が充電に結びついて、コンセント充電が不要になるのでは、という見通しもある。

 そんな発電装置のアレコレを見ている内に思ったのが、人の運動がそんなに簡単に電気に変えられるのなら、例えばスポーツジムなんかで自転車こぎやらジョギングをしているエネルギーを使えばどうかということ。
 電気関連の博物館などに行くと、備え付けの自転車をこいで発電するアトラクションのようなものがあるが、アレをスポーツジムに置いておけば、使用料はただ、というか個々で作った電気料をジム使用料から値引きするというようなシステムにすれば、使用者も喜ぶし、ジム側からすれば作られた電気を電気会社に売却すれば腹は痛まない。

 こんな風にアイディア次第では、発電事業というのは今後大いに伸びていくような気がするのは僕だけでしょうか?


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年6月 5日 (日)

ハリー・ニルソン、ゲット

 今日は雨の予報だったけど、無事に近所の中学校の運動会も行われた模様で、息子も娘も仕事やら部活動やらで出かけているので、お昼を外で食べようかとの妻の提案に素直に従って車を出しましたら、今日はその素直さにご褒美がありました。

 先月も行った木の葉モール橋本の近くの、「資(すけ)さんうどん」といううどん屋さんが美味しいと評判なので行ってみることになりましたが、1時過ぎだったせいで、客が並んで待っている状態。なので、木の葉モールで少しお買い物をして、それから行きましょうということになり、妻がモールで食料品を買っている間に、駐車場から入ってすぐの所に臨時のCD&DVDの特売場があったので時間をつぶしました。
 クラシックからロック、ジャズと主に洋モノの、輸入盤も沢山混じったCDやら、例のクラシック名画のワンコインDVDで、CD価格は定価の半値くらい。CDなどはアルファベット順に並べてあるんですが、ブロックが幾つかあって、それぞれにA~Zがあって、一ブロックでは済まない。ぶらぶらと見ていて、ニルソンのがあればいいなぁとか思いながら探しだしたら、三つ目くらいのブロックに一枚ベストアルバム的な物がありました。でも、曲目を見ると現在持っているのと同じ物。どうやらアルバムタイトルだけすり替えた物のようです。殆ど期待なしに最後のブロックを見ていたら、ありました。しかも5、6枚が固まりで。

 「ニルソン・シュミルソン」が2枚と見知らぬタイトルの物(多分メーカーが独自に編集したモノでしょう)が3種類程、そして「ハリーニルソンの肖像」と「パンディ・モニアム・シャドウショー」が1枚ずつありました。
 「パンディ・モニアム」はニルソンのデビューアルバムで、高校生の頃に買ったヤツ、で「肖像」は買いたかったけど買えなかったヤツ。勿論、当時はレコードですな。
 この二つは、近所のTSUTAYAにも無かったし、漠然とCDにはなっていないのかなぁと思っていましたので、即購入しました。どちらも1000円。

 この特設売場は、市内に店舗のある店の物らしいので、いつか「空中バレー」(←昔持ってたニルソンのアルバム)のCDも探してみよっと。


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年6月 1日 (水)

今朝のつれづる

 今朝のニュースでこんなものが。

<携帯電話の電磁波とがん発症の関連性について、世界保健機関(WHO)の専門組織、国際がん研究機関(本部フランス・リヨン)は31日、「聴神経腫瘍や(脳腫瘍の一種である)神経膠腫の危険性が限定的ながら認められる」との調査結果を発表した。WHOの組織が携帯電話に関して発がん性を指摘したのは初めて。>(ジュネーブ共同)

<国際がん研究機関は、危険性の数値化はしておらず、「(最終的な結果を得るためには)今後、携帯電話の長時間使用について調査を続ける必要がある」としている。>(同じく)

 上記のものは新聞からのニュースですが、僕が最初に知ったのはBS放送の海外TVのものでした。途中から見たんだけど、側頭部に手術痕のある青年がチラッと出ていたから、彼が脳腫瘍だったのでしょう。解説では、携帯での電話はなるべく身体から(1インチでも)離して使用することを勧めていました。ちょっと気になる。

*

<「よろしくロックンロール」内田裕也 起訴猶予で釈放>

 何が“ロックンロール”なんでしょうか?
 正確には<「えー、この国がこんな時にプライベートでお騒がせして本当に申し訳ない。数日中に必ず記者会見をやりますので、その時はちゃんと説明します。よろしくロックンロール」>と言ったとか。

 昔、松山千春がラジオなどで、「よろしく哀愁」とアイドル歌手の唄のタイトルを捩って使ってたけど、ロックンロールじゃシャレにもなってないよなぁ。それと、説明要りません。

*

 韓国語の文法は日本語と近いはずなんだけど、どうして韓国人歌手の英語の発音は様になっているのでしょうか?boaもそうだったし、この人達(↓)も。
 名前も洋風のジェシカとかティファニーとかいるけど、あれって本名なのかね?
 YouTubeには、彼女たちの顔と名前を覚えるための動画、みたいなのもあったから、覚えたい人は探してちょ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »