« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月18日 (月)

木の葉モール橋本

 ウォーキングの1回の距離を伸ばしたので、段々と疲れも溜まってきて、いつもの普通のスニーカーでは後半に靴の重みが気になるようになり、モノの本によると、ウォーキング用の靴の重さは体重の1%程度が宜しいということなので、軽いそれなりのシューズが欲しいなぁと思っていたら、先週西区にオープンしたモールに靴屋さんもあったよ、と(プレオープンに行って来た)妻が言うので、ちょいと暇の出来た今日の午後、二人でランチついでに出かけました。

 木の葉モール橋本。(HP→http://konohamall.com/index.jsp

 24日までオープニングフェアをやっており、ウィークデイにも関わらず、確か4フロアーある立体駐車場も半分以上埋まってしまうほどの盛況で、ランチも30分待ちという店もありました。
 我が家からは車で十数分でいけるし、空港のイオンモールよりは少し小さいですが、気晴らしのショッピングには宜しいかと。これで映画館もあれば最高なのになぁ。それと、本屋さんは福家書店が入っておりましたな。

 大きなスポーツ店(ゼビオ)があるというので、ウォーキング用シューズは、そこで探すつもりでしたが、モールの内の位置関係では全くの反対側にABCマートもあって、両方見比べて、履き心地と値段で後者の店のフェアの1品を選びました。ジャージにもカジュアルパンツにもはける黒いシューズを。ニューバランスです。

 妻によると、お野菜も西区や福岡市の西に位置する地域の美味しいモノが入っていて、値段も安いとのこと。
 妻曰く、『でも、しばらくは土日には来れないわよねぇ、人が多くて』。

 あぁ、そういえば、先日天神の福ビルにオープンしたTSUTAYAは日本最大級とかコマーシャルしてました。何が最大級なのかは忘れましたが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年4月13日 (水)

♪カーマは気まぐれ / カルチャー・クラブ

 福島原発事故はレベル7に引き上げられて、折しもチェルノブイリは25年目にして、その現状をウクライナ政府が報道陣に公開したとのこと。それでも原発を中心に半径30キロの範囲は、事故から25年を経た今も一般人は立ち入ることができない。
 流出した放射能物質は、チェルノブイリの10分の1とのことだが、“今の所は”という但し書きがつく。フランスの企業やら世界各国から技術支援を含めてやって来ているので、せめて原発の発生被害は前例を覆さない程度に収めてもらいたいモノである。

 ところで、記事更新が滞っているので、ここらで徒然に・・・。

 福岡の桜は15日くらいまで鑑賞に堪え得るようです。地元TVの気象予報士が言っておりました。確かに、今朝もウォーキング中に見た桜はまだまだ見応えのあるものもあるし、15日までは20度近くまで気温も上がるので花見もできるかも。
 そういえば、この間によく見かけたのが桜をバックに愛犬の写真を撮るおばさま達。犬ブログって今も盛んなんでしょうねぇ。
 先日の陽気のイイお昼時には、池の端に上がって甲羅干しをしている亀さんにも逢いましたな。1周回って来た頃には、体の向きを替えちゃって、あぁ、あのカタイ甲羅でも陽の温かさの違いが分かるんだなぁと思ったもんです。

 ソロソロ自粛モードも控えようというのはイイですが、相変わらず芸能人のお遊びを番組にしちゃってるのもあって、ああいうのはいつでもどこでも自粛して欲しいですね。

 今日、水曜日はさんまの「ほんまでっかTV」の日。あのマツコデラックスを見ていると、いつもこの人(↓)を思い出します。なんだか、タイトルも洒落にならんけど、駄洒落かいな。


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年4月 1日 (金)

春の兆し

 福岡はもう春と言っていいんでしょうなぁ。
 朝夕の散歩コースの寒桜は満開を迎えて、その他の色々な桜(市の植えた様々な種類の桜は名称も覚えられません)も、蕾が綻び始めたものから、五分咲きのものまで、今か今かと本格的な春の到来を待ちわびているようです。

 で、残念な情報ですが、私どうやら花粉症に罹り始めたようです。
 昨日やたらとくしゃみが出て、『?』と感じ始め、今朝ウォーキングに出かけてみると、妙に空気に匂いが感じられ、『あぁ、これが花粉の匂いか』とか思い、その後、今月から通い始める息子の高校に制服やら体操服やらを取りに行ったのですが、車の運転をしながらマスクを忘れたのを後悔し始め、そういう状況を総合的に鑑み、そういう結論に至りました。残念。ついに来ましたか。姉も兄貴も随分前から罹っていたので、その点は覚悟はしていたのですが・・・。

 3月は自分にとって体調を崩す時のようです。
 寝ている時やら、お風呂に入っている時、またウォーキングの初めの時など、妙に咳がでて、それが別に熱があるわけでもなく、『肺の病気?』とか『心臓が弱ってる?』とか、変な妄想を抱いたりして、でも仕事が忙しくて病院にもいかず、そうした頃、市のお安い健康診断の案内が来て、丁度時間がとれた3月末にかかりつけの病院に行く事にしました。女房に、去年もその前の年も今頃咳をしていたよと言われ、思い当たる記憶も甦り、医者の問診にその旨も併せて申告しましたら、即季節性のものでしょうと言われました。ストレスとかアレルギーも関係しているでしょうが、喘息のような激しいものではないようですから、咳止めよりはと気道を開く薬を処方されました。
 実は病院に行った頃から咳の症状は少なくなり始めていたので、処方された薬も2、3回使っただけで、どうやら治まりそうです。

 ところが、1週間後の健康診断の結果が、いつもの如く高脂血症であり、この病院での一昨年の検査と殆ど同じ結果だったので、ついにコレステロールを下げる薬を処方されてしまいました。
 女房の知り合いでこの薬を飲んでいる人の話で、副作用として筋肉痛が出ることを聞かされていたし、薬剤師も筋肉痛や関節痛の副作用があることを注意したし、ネット情報でも同じような話があったので、ここは再度意識を変えて、本格的に有酸素運動での改善に自主的に取り組むことにしました。

 健康診断受診の頃は、天気が悪かったり、時間がとれなかったり、おまけに咳が出ていたのでかなり運動不足が続いていたのですが、そのせいとばっかりは言えないようで、とにかく体重を下げることを目標にしばらく頑張ろうと考えました。薬はご遠慮申し上げたいので。
 頑張れ、俺!

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »