« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月16日 (火)

ゾンビ事業

 事業仕分けは第3弾に入っているらしい。一回目の仕分けの様子をTVで見てから期待はずれの感を持っていたが、いよいよこの仕分け作業自体が無駄な事をやっている感が増してきた。

 今回の仕分けには、以前に廃止または縮小を申し渡された事業が、名前を変えたりしてゾンビのように復活、予算要求をしているという実体が晒された。「看板書き替え型」というらしい。
 今朝のワイドショーで取り上げられたのが、総務省が予算請求している学校の授業のIT化を進めようというモノで、仕分け会場に現れた総務省の担当官は国民新党の議員。再度、廃止の決定を申し渡されたが、反論の中で、これは内閣の方針に沿った事業で仕分け担当の行政刷新会議の蓮舫行政刷新担当相も承認印を押しているじゃないかと述べた。

 与党議員の族議員化という見出しで記事を書く新聞もあるが、別の味方をすれば、与党の中で事業仕分けに対する意思統一がなされていない事の証しだし、ひょっとしたら仕分け人が個人個人の価値判断で仕分けをやっているだけで、内閣の決定事項について不勉強であるという見方もできる。

 今朝のTVでは出なかったが、早朝のラジオでは(ん?ウォークマンで聞いたTV音声だったか?)、元総務大臣の原口が、『(この事業を廃止とした)仕分け人を仕分けたい』なんて言っていた。
 要するに、与党の中がバラバラだということだ。

 拘束力のない事業仕分けって、ホントに税金の無駄使いだよなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年11月13日 (土)

「中国漁船衝突のビデオ映像流出事件」

 最近のTVは、ニュースもワイドショーも、「中国漁船衝突のビデオ映像流出事件」で持ちきりである。
 で、いつもの街頭アンケートだ。
 このビデオをYouTubeに流した海上保安官は有罪か無罪か? てな質問だ。

 今朝だったか、昨日だったか、どこかのコメンテーターも言ってたが、これは今回の問題の本質を見誤る流れだ。最近のマスコミ(一部ではマスゴミと云われるが)の傾向で、問題を本末転倒の些末なものにすり替えていく。誰々がどうしたこうした、あの人はどうなる、みたいな、あまり物事を深く考えようとしない人向けにセンセーショナルな方向に誘導するんだ。誘導するというか、マスコミ自体がそういうものに興味があるのかも知れない。

 今回の事件は一連のものとしてアンケートは採るべきで、保安官の処遇のみに限定してやろうとするから、おかしな空気になる。

 「中国の漁船が衝突したことについてどう思いますか?」とか、「政府がビデオを公開しなかったことについてどう思いますか?」とか、そんな設問も合わせてしないと、事の本質から国民の意識がそれていってしまう。ジャーナリズムってそういう所を、政治に利用されないようにちゃんとしたスタンスでもって報道するべきなのに、どうも日本の報道はおかしいよなぁ。

 それと、そんな冒頭のつまらないアンケートに答えて、
 「守秘義務が宣言された後に、流したのはイカン」
 「勇気は認めるが、職場で秘密とされたものを流すのはいけないでしょう」
 なんて言ってる人は、自ら考えることを止めた人でしょうな。
 会社組織の中の話じゃあるまいし、国家レベルの問題なのに、組織がどうとかと言っている時点ですでに問題から目をそらしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年11月 1日 (月)

Wシリーズでトニー・ベネットが・・・

 録画していたWシリーズ第1戦を観ていたら、2回だったかの攻守交代の合間にトニー・ベネットが出てきて、グラウンドで「♪霧のサンフランシスコ(I Left My Heart In San Francisco)」を唄っていた。84歳だそうだが、アカペラで音程の乱れもなく、高音のハリも健在で驚いた。7回に再び登場して、今度はお馴染みのアメリカ国家も唄った。

 試合はジャイアンツが勝ったのは衆知の事実だが、ティム・リンスカムとクリフ・リーというサイヤング賞投手同士の投げ合いなのに、最終的には11-7という乱打線になった。
 序盤に2点を取られたリンスカムは、その後持ち直したものの、リーが降板して緊張感が緩んだのか、中盤で連打されて交代した。
 順調な滑り出しだったクリフ・リーも中盤でデッドボールを出してからボールの組立が狂いだして4点を取られて交代した。
 終盤、ライトの守備についていたゲレーロの拙いプレーに助けられて、ジャイアンツが大量得点し、9回には11-4と7点のリードだった。ところが、ジャイアンツの中継陣がフォアボールを出して、11-7まで追いつかれ、最後はクローザーを出してしまった。こういうシーンを観ていると、張本の『喝っ!』を出したい気持ちもわからんでもないな。

 と書いたところで、本日の第4戦は、アウェイのジャイアンツが3勝目をあげて、チャンピオン・リングに王手をかけた。
 今はサンフランシスコ・ジャイアンツだが、半世紀前にはニューヨーク・ジャイアンツだった。SFに移ってからはWチャンピオンになってないらしい。半世紀以上ぶりの、そして西海岸に移ってから初めての快挙達成なるのか?



| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »