« ♪Pata Pata / Miriam Makeba | トップページ | ♪Tシャツに口紅/ラッツ&スター »

2010年9月25日 (土)

水木しげるロード

 最近は、「ゲゲゲ」ブームに乗っかろうと、ただ水木夫妻や松下奈緒ちゃんを出しさえすればイイというような視聴率狙いのTV番組が多い。夕べの「金スマ」も前半はそんな感じの二番煎じのお話ばっかりだったが、後半になって以前から少し気になっていた話題が聞けて面白かった。
 水木しげるの故郷、鳥取県境港市にあるという「水木しげるロード」の話である。

 1970年代後半から衰退が顕著になっていった駅前商店街の活性化のために、お役所でプロジェクト委員会が作られたものの、さしたる名案もなく、地元出身の著名人にも集まってもらったシンポジウムを催した所、参加していた水木しげる自ら自分の作品を生かせないかとの発言をする。
 しばらくして、役所内では水木作品のキャラクターを街路に並べる案が出、早速東京の水木に相談に行くと、著作権は無料でよいという話まで決まる。ところが、地元商店街に説明に行くと、店主らのほとんどからは反対意見が出てきた。ただでさえ人通りが少なくなった通りに妖怪の銅像など建てたら、もっと気味悪がられて人が集まらないと言うのである。NHKテレビ番組の、貸本漫画家時代に気味悪い変な漫画だと迫害を受けていたエピソードを彷彿とさせる話だが、ねばり強い役所担当者の説明により、数年がかりでこの企画は地元の賛同を得ることとなる。
 委員会の企画がスタートしたのが1989年、妖怪の銅像が設置されて「ロード」がオープンしたのが1993年。実に4年が掛かったわけである。当初、23体であった銅像も、2010年1月には134体にまでなっているそうである。

 銅像の制作には水木自らも積極的に協力し、「ロード」に出来た最初の待合所替わりのお店も水木の発案によるものだったそうだ。
 銅像が設置された’93年(平成5年)には2万人程度だった観光客も、翌年には10倍になったらしい。きっかけはオープン元年に起こった銅像の盗難事件だ。どれだったか忘れたが、確か2体だった。自分も、境港に鬼太郎らの銅像があると知ったのはこの事件のニュースをテレビで見てからだった。現在は、年間250万人もの観光客をあつめる国内有数の人気スポットらしい。特に今年は「ゲゲゲ」のおかげもあって、例年以上の盛況のようである。

 TVでは知識を有名人が競うクイズ番組も色々と放送されているが、そういうところと全く無縁の世界に生きているような水木しげるという人を見ていると、死ぬまで使いもしないだろう漢字の問題が次々と出てくるのが馬鹿らしく思えてくる。

|
|

« ♪Pata Pata / Miriam Makeba | トップページ | ♪Tシャツに口紅/ラッツ&スター »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82088/49557470

この記事へのトラックバック一覧です: 水木しげるロード:

» 妖怪ブロンズ像 新たに11体、水木ロード [ローカルニュースの旅]
水木しげるロードで26日、「雪女」など11体の妖怪ブロンズ像がお目見えした。これで延長800メートルのロードにはブロンズ像153体が並んだ。 [続きを読む]

受信: 2012年12月28日 (金) 16時59分

« ♪Pata Pata / Miriam Makeba | トップページ | ♪Tシャツに口紅/ラッツ&スター »