« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月22日 (日)

熱闘甲子園!興南、春夏連覇達成!

 今年の夏の甲子園は、決勝で沖縄代表の興南高校が神奈川県代表の東海大相模を13-1の大差で破り、沖縄県に初めて優勝旗をもたらした。1958年の初出場以来、2度の準優勝を経験してきたが、全国一は今回が初めてだそうだ。

 一二三(ひふみ)は打たれ強いので勝負は分からないと思っていたが、ひょっとしたら大差になるかもとも思っていた。要は島袋の調子次第なんだが、最終戦は奪三振4つと、コレまでの力の投球から転じ、打たせて取るやり方に変えていた。疲れもあったのだろうが、目先を変える狙いが功を奏したのだと思う。
 日刊スポーツにはこう記されている。

<通算奪三振数は松坂大輔、田中将大、斎藤佑樹を超え、甲子園11勝目は松坂と並ぶが、先発勝利数としては松坂を超えた。>

 凄いですな。
 背がそれ程高くないんだが、プロ野球にいくのが夢だそうな。頭脳的なピッチングに、以前メジャーでも活躍した長谷川茂利を思い出したが、さてさてプロはどうなんでしょう?

 春夏連覇は6校目。この前は1998年の松坂ようする横浜高校とのこと。横浜は勿論神奈川県の代表だから、今回の沖縄が12年前の連覇高校を排出した神奈川県の代表校を破って快挙を達成したというのも、なんだか因縁めいている。

  沖縄を応援したのは、一二三(ひふみ)投手のように眉毛を手入れしている野球小僧が気に入らない事も有ってネ。あの、熊本、九州学院の生徒たちのゲジゲジ眉も気分が良かったなぁhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

2010年8月 8日 (日)

立秋

 一昨日には北海道でも37度という暑さを記録した猛暑の今夏なのに、なんと夕べはクーラー無しで眠れました。どういうこと?
 夕方から夜にかけて雨が降ったのもあるのでしょうが、それにしても、あの昼間の暑さからの一転には驚きました。

 今朝、5時過ぎには、窓の向こうからカナカナというヒグラシの声が。あぁ、やっぱ立秋なんだなぁ。

 6時過ぎの現在、外の蝉の声は、いつものアブラゼミの五月蠅いモノに変わっていました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年8月 6日 (金)

ゲゲゲの女房、水木プロダクション

 NHKの「ゲゲゲの女房」の視聴率が良いらしい。週間ランキングで一位だとかTVで言っていた。もともと、NHKの朝のテレビ小説は視聴率がいいはずなんだが、ここ数年、どんどん下がっていっていて、「ゲゲゲ」の一位というのは本来の位置に戻っただけなのかも知れない。

 実話を元にしているので、どこまでが本当のことなんだろうかとか、あれは誰がモデルなんだろうかとか、つい考えてしまうんだが、つまらぬ役回りの人にもモデルがいるかと思うと、存命の人だったら気分が悪いだろうなぁなんて思ってしまう。
 村上弘明が社長を務める漫画雑誌「ゼタ」が「ガロ」の事なのはすぐにわかったが、いかんせん、子供の頃から漫画雑誌を買ったことがないので、「ガロ」についてもあまり思い出はない。白土三平の「カムイ外伝」が載っていたのが薄ぼんやりと記憶にあるくらいだ。
 漫画を買うお金があったら小説を買う方だったが、漫画も嫌いじゃないので、人のを借りて読んだ。漫画は誰かが買っていたし、結構回し読みができたのだ。

 先月だったか、古本屋に行ったら水木しげるのエッセイというか自伝のようなモノも結構あって、その内の一冊を買って読んでいたら、丁度今、TVで登場しているアシスタント関連の記載もあった。

 TVでは、“ゲゲゲの女房”の妹がほのかに想いを寄せる男、倉田は池上遼一が元ネタだそうである。
 とりあえず、今週のゲゲゲでは恋は成就しない展開のもようで、実際の所がどこまでだったのか、少し気になる。「ゲゲゲの女房」の原作には何か書いてあるのかも・・・。

 それと、もう一人の寡黙なアシスタントは、つげ義春のようである。名前は昔から知っているが、実績はそれ程知らない。
 いずれにしても、水木しげるが実力者をアシスタントとして使っていたこと、そこに人物を見る確かな眼力があっただろうことがうかがえて面白い。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年8月 1日 (日)

大濠花火大会

 毎年8月1日の夜は、福岡市では大濠公園で花火大会がある。何十年か前、勤めていた会社が公園のすぐ横だったので、その夜は会社の屋上でビールを片手にドンパン、ドンパンと揚がる花火を楽しんだものだ。
 今はその会社のビルは無くなってしまって、マンションになっている。当時の仲間とも会う機会は殆ど無くなっているし、思い出はくっきりあるのに、その場所に行けば跡形も無いというのも不思議な感じがする。

 ローカルNHKでは生中継をやっていたのでカミさんと二人で見た。娘は去年もそうだったが、今年も仕事なので高校生の頃のように浴衣を着ることもない。今年はただ一人、夕方6時前に息子が友達と自転車で出かけていった。ついさっき帰ってきたところだ。

 NHKの情報で、この花火大会が昭和24年から始まったことを知った。24年の8月19日が第一回だそうである。福岡も財政は苦しいはずだが、こうして花火を見ていると、福岡の夏だなぁとしみじみする。去年まであっていたご近所の夏祭りは今年は中止になった。大濠の花火は仕分けてほしくないものだ。



 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »