« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月19日 (月)

0番アイアン

 去年に続いて2度目の挑戦となった全英オープンで、石川遼君は予選を突破して、最終スコアを-2で終えた。予選では先月の全米でも一緒に回ったトム・ワトソンと2ラウンドした。
 今年開催されたセントアンドルーズ・オールドコースでは5年に一度全英オープンが開催されるが、60歳のワトソンはもうこのコースには来ないだろうとの思いがあったようで、18番ホールにかかる石橋にキスをして別れを惜しんだ。予選落ちしたワトソンに最後に声を掛けられた遼君が、その後のインタビューで声を詰まらせる一幕もあった。

 さて、今回のTV放送をみていて新発見だったのが、「0番アイアン」。1番、2番アイアンというのは知っていたが、0番というのは初耳だった。2番アイアンまでなら僕ら素人でも一度くらいは使ったことはあるけれども、結局、3番、4番の方が遠くへ飛ぶということを知らされるのが落ちで、下手をすると5番アイアンの方がもっと飛ばせたりする。
 ネットで調べると、遼君の使っているヨネックスの0番というのは、ロフトが15度~17度くらいのもので、ロフトだけでいえばスプーン、あるいはバッフィーと同じということ。海辺の強い風に負けない低い球筋と、狭いフェアウェイに落とせるだけの方向性を持たせるために使ったのだろうが、今回の出場選手約150人の中で7番目に高いフェアウェイ・キープ率を出したそうだから、その戦術は当たったということになる。解説の青木に言わせると、もう少し年季が入ると、番手じゃなくて打ち方で球筋を変えれるようになれるらしい。ま、そうなれば遼君も本物だということだ。

 -2は27位でのフィニッシュ。初日で68と好スコアを出しながら、二日目、三日目でオーバーパーとなり、最終日のスタートはイーブン・パーからだった。
 池田勇太は予選落ち、谷口徹は3オーバーの60位、宮瀬博文は4オーバーの68位。終わってみれば、日本勢でただ一人のアンダー・パーだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年7月 4日 (日)

ベスト4出揃う

 夕べは期待していたアルゼンチン対ドイツ戦を見る。しかし、3-0まで確認したところで睡魔に負ける。朝、TVを見ると4-0になっていた。
 メッシが結局得点出来なかったこと。イングランド戦で確信したドイツの強さが、この試合でも発揮されたこと。それが印象に残った。ドイツは強い!

 決勝Tに南米のチームが全て勝ち上がったことを前回書いたけど、なんと、昨日までに残った4チームに南米はウルグアイだけになってしまった。一番先に消えると思っていたウルグアイが、それもスッキリとしない勝ち方だったことも印象的だ。

 整理すると、残った4チームは、ウルグアイ、オランダ、ドイツ、スペイン。
 MY予想は、決勝はオランダ対ドイツ。優勝は6-4でドイツ。

 あっ! 6-4 というのはスコアじゃなくて、確率の数字で6割方ドイツが勝つだろうとの予想です。

*

[夕方、追記]

 ウルグアイのスッキリしない勝ち方について書いておこう。
 ウルグアイ対ガーナ戦が1-1で延長戦に入り、その終盤、ウルグアイゴールがガーナに攻め込まれてまさにゴールシュートが入りそうになった時に、ゴール・キーパーに替わってFWのスアレスが両手を使ってボールをはじき飛ばしたのだ。ゴールはしなかったが、スアレスは一発退場。しかしガーナのPKはキーパーに阻まれて、結局試合はPK戦にもつれ込んだという次第。しかも、PK戦ではウルグアイが勝ってしまった。
 今後に論議を呼びそうだが、現在のルールではこういう結果もあり得るということだ。
 但し、スアレスはウルグアイのエース・ストラーカーなのに次の試合は出れない。ウルグアイの運もこれまでか。しかも相手はオランダだし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »