« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月30日 (水)

日本 ベスト8成らず

 涙にくれる駒野を何度も抱きしめていた中澤、肩を抱いて語りかけていた松井、それらのシーンを見ながらもらい泣きしたのは私だけじゃないでしょうな。
 残念でした。パラグアイに0-0から、延長戦でも0-0,今大会初となるPK戦で、3人目の駒野がクロスバーに当てて外し、5-3で負けた。口惜しい。もっと見たかった。

 仕事が忙しくなって、夕べは全部見れないだろうと例によって録画予約。フトンの中から前半を見ていて、インターバルの途中で寝てしまいました。深夜、友達の家でその試合を見てきた娘が帰ってきて、女房と話している所でいったん目が覚めましたが、最終結果を聞いたのは早朝のことでした。

 録画を再生し、後半から早送りで見ていく。
 後半も両チームの力は拮抗しているように見えました。どちらにも1、2点入ってもおかしくない場面はあったけど、デフェンスが優れていた。
 延長戦が始まってしばらくして画面が突然のフリーズ・・・!

 録画予約は2時間でした。前半の流れで、1-0、或いは2-1程度で決着と思っていたので・・・、オー・マイ・ガーッ!

 中村俊輔が出なかったこと、森本の出番もなかったこと、振り返るとちょっと心残りかな。それと、スペインとの試合も見たかった。

 さて、ベスト8。
 ガーナvsウルグアイ、ブラジルvsオランダ、ドイツvsアルゼンチン、スペインvsパラグアイ。
 どの試合にも南米が入っているのが、好調さを物語っておりますな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年6月28日 (月)

疑惑の判定?

 夕べのドイツ対イングランドは4-1でドイツが勝った。前半2-0で先行されたイングランドだが、終盤に1点、更にもう一点入れた、と思ったシュートがゴールと認められなかった。
 TV画面でのピッチ内側からの映像でも明らかにゴールラインの先にバウンドしたボールが見えたが、ゴールは認められなかった。シューターは両手を上げて不服を示したが、ベンチからの抗議は無かった。アレがちゃんと認められていれば同点となっており、その後の展開も違ったモノになっただろう。
 最終的には4点には追いつけなかったという話もあるが、流れが変わるのだからイングランドは納得出来ないだろうな。疑惑ゴール、というよりは明らかなミスジャッジだ。

 MLBでは微妙なホームランについては、今季からビデオ判定をするようになっている。サッカーでも、ゴールについてはそういった処置が必要になるだろう。

<国際サッカー評議会(IFAB)は今年3月の年次総会でゴールを判定する電子システムの導入の見送りを決定していただけに、早くも“判断ミス”が叫ばれそうな勢いになってきた。>(スポニチ・アネックスより

 スポニチ・アネックスには、こんな記事も。
 1966年のワールド・カップ、当時の西ドイツとイングランドは決勝戦で当たり、2-2から延長戦にもつれ込んだ。

<延長前半11分、イングランドのハーストのシュートはクロスバーに当たって地面に落下。決勝弾となりイングランドが初優勝したが、ラインを割っていたのか微妙で現在も論議を呼ぶゴールだ。ドイツとイングランドは過去にWカップで4回戦っている。>

 やっぱ、ビデオは必要だよねぇ。

 でもね、昨日のドイツは強かった。それと、イングランドは中盤がモタモタしてる感じがあった。ディフェンスも弱かったし。しっかし、前半の終盤のイングランドも上手かったしなぁ~。
 ビデオは必要だ。

*

[夜に追記]

 夜のTV番組の中で、さんまやトルシェが昨日の誤審について聞かれた時、どちらもビデオ判定は必要ないと言った。さんまは、そのミスを後々語り合うのもサッカーの楽しみだからと、いかにも彼らしい返答をしたが、確かにビデオなどを使わない方が人間らしいゲームの味わいがある気もした。

 審判も人間だから間違うこともあるだろうし、先日のMLBで完全試合を誤審で潰してしまい、後でそのピッチャーに涙で謝罪した審判もいたくらいだから、ファンのためと言うよりは審判の為に、ビデオなどの機械を使った判定も必要ではないかと思ったんだが、試合の流れが滞る心配もある。野球は試合中にも、明らかなオンとオフがあるけれども、ゴール近辺のサッカーはオフがとりづらいからね。
 そこで思ったのが、審判員を増やすシステムだ。例えば、テニスでは最高9人の審判がいる。Wカップの試合には5人の審判がいるらしいが、そこをあと二人増やして、“ゴール”だけを専門に視るようにするってのはどうだろう。勿論主審が最終判断をするんだがね。

 それにしても、5人の審判で1人も“ゴール”って言わなかったのかねぇ?

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

2010年6月26日 (土)

ワールドカップ 日本決勝トーナメント進出!

 本当は昨日書かなければいけなかったんだが、なんやかやで今頃になった。
 25日朝3時半、日本の予選リーグの最終戦、対デンマーク戦のLIVE放送があった。起きれなかったときの為に一応録画の予約はしたが、丁度インターバルの時間に女房が起きて、何事か呟いたので起きた。2-0で勝っていた。眠かったので、もう一度寝ようと思ったが、耳だけアナウンスを聞いていたら、途中からTV画面も見るようになり、結局最後まで観てしまった。デンマークのPKで1点返されたときには不吉な予感がしたが、危惧に終わった。岡崎の終盤の3点目が効いた。

 韓国も2位通過で相手はウルグアイ、日本も2位通過で相手はパラグアイと、どちらも南米の小国との対戦で、似たような局面。但し、その後の展開は韓国の方が楽な気がする。上手くいけば韓国の方がベスト4に行くかもしれない。
 日本はパラグアイに勝っても、次は多分アルゼンチンだ。あのメッシをどこまでくい止めるか、ソレも観たい気がするが、さてさてどうなるものやら。

 決勝トーナメント、第一試合、韓国対ウルグアイは今夜だ。

*

 間違えたぁ~^^

 パラグアイに勝った後の対戦は、ポルトガルかスペインだった。その後が多分、アルゼンチンだ。ちょっと先の話だけどね。韓国が同じように勝ち上がれば、ベスト4の相手がブラジルになる、多分。

 それにしても、南米は強いなぁ。5チーム出て、全部予選を勝ち上がったんだものなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2010年6月18日 (金)

韓国、アルゼンチンに負ける

 初戦でギリシャに勝って勝ち点3を上げた韓国が夕べ、優勝候補の一角、アルゼンチンと戦った。夜のゴールデンの放送になったのでゆっくり見た。
 個人技で劣るとみた韓国はゾーン・ディフェンスで下がって戦う戦法をとり、おかげで前半のボール占有率は6-4とアルゼンチンが優ったが、見た目にはそれ以上にアルゼンチンが優位に見えた。韓国を圧倒していた。
 先取点は、メッシのフリーキックを韓国のディフェンダーがオウンゴール。2点目もセットプレーからイグアインがヘッドで決めた。一方的な展開になっていたが、2点を取った余裕からかアルゼンチンのゴール前でパスミスが有り、見逃さなかった韓国選手がゴール・キーパーと1対1となり、アウトサイドで上手く蹴り入れ、前半を1-2で終わらせた。

 後半は追い上げる韓国に勢いが出てきて、後半の前半は韓国が優位に試合を運んでいるように見えた。しかし、アルゼンチンは無理をしない作戦だったのか、終盤焦りの見えてきた韓国にとどめを刺すように3点目、4点目を入れた。どちらもイグアインのゴール。イグアインはこの試合でハットトリックをもぎ取った。

 観戦中に一つ勉強になったこと。
 ゴール・キックはオフサイドにかからない。
 今回の南ア大会は高地でのゲームが多いせいか、ゴールキックも可成り飛んで相手側のゴールラインを割ることもある。いつか見た、アンビリバボーのように、ゴールキックが直接敵のゴールネットを揺らすことも起こるかも・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年6月15日 (火)

日本初戦でカメルーンに勝つ

 夕べTVでLIVE放送を見たので今朝には書こうと思っていたのに、寝不足がたたって着手出来ませなんだ。
 日本人監督がWカップで勝利するのも初めてだし、日本代表チームが海外で勝利するのも初のことだったらしい。

 6月に入り、福岡の夜は既に暑いので、昨日もマンションの窓を開け放って見ていたんだが、日本のゴールシーンだけでなく、後半の緊迫した場面でも窓の外から喚声が聞こえてきた。夜の11時から翌日の1時までだったから、結構起きてみていた人は多かったと思う。我が家では実は私1人。娘も息子もベッドでいびきをかいていたし、女房も隣室の和室のフトンの上から見ていたが、いつの間にか眠っていた。

 落ち着いた良いシュートだった。今日は色々なTV番組で繰り返し流されたが、上空からのカメラでオフサイドでなかった事はハッキリと分かった。
 でもなぁ。あの空中カメラは凄いなぁ~。今まで見たことないようなアングルのシーンが見れて、嬉しくなる。

 あとひと月。4年に一度のワールドカップはやっぱり面白そうだ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年6月 8日 (火)

血糖値を上げない食べ方

 またまた、健康に関する記事。そして、またまたたけしの番組から。さっき見たばっかしなんですけどね。
 なにせ、この歳(どの歳?)なもんで、こういう番組にはめがいってしまいやす。つか、最初に見ていたのは女房の方なんですけど。

 簡単に結論からいうと、まず、良く噛んで食べること。それと、野菜関係を先に食べ始めること。野菜の件は以前にも他の番組で見たことがあるけど、要するにどちらも、血糖を上げにくくするってことだ、良く噛むことも、野菜を先に食べることも。

 良く噛むって事は、食物が身体に入っていく時間をゆっくりしてくれるので、早食いでインシュリンが間に合わずに血糖値を上げてしまう事を防げるし、野菜を先に食べるのは、あとから食べた糖分の吸収が野菜の繊維と絡まることで遅くなる。どちらも急激な糖分の吸収を避けることで血糖の上昇を抑えるんだ。これらは、食後の血糖値の上昇も抑えてくれるらしい。

 おまけに、血糖値を上げない工夫として食後1時間以内に軽い運動をすると良いと言っていた。運動では糖分から消費してくれるので、血糖値の上昇が押さえられるらしい。なるへそね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年6月 7日 (月)

快便です

 「4月のつぶやき」記事の中で、「ためしてガッテン」での便秘関連について書いているが、実は出演された医師が話した快便の秘訣を書き残していたので書いておく。当たり前の普通のことなんだけど、便秘が続くとつい忘れてしまうものかも知れない。あの番組を見て以来、忘れないようにしていたら最近は快便に次ぐ快便で笑いが止まらない、なんてことはないが、まぁ不便を感じることなく便所生活を送っている。

 それは、便をする時の姿勢の話で、まず

 ①~軽く前掲姿勢をとること。

 この姿勢は、直腸と肛門が直線になって出やすくなるとのことだった。

 ②~両足はかかとを少し上げること。

 これは自然に力みやすいからとのことだった。 以上であります。

 いや、実に簡単なことなんですが、便秘でなかなか出づらい時には、直立姿勢の方がイイのかな?なんて馬鹿なことを考えたりもするもんで、それはかえって出づらくするだけだったと、番組を見ていて目から鱗だったりしました。
 スーパー便秘の人はコレくらいじゃ無理でしょうがネ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »