« バンクーバー五輪、途中経過 その3 | トップページ | バンクーバー五輪、途中経過 その5、その他 »

2010年2月20日 (土)

バンクーバー五輪、途中経過 その4

 ジャンプ、ラージヒルの予選は、葛西が142.5mで1位通過、2位もノーマルヒルで日本人最高順位だった伊東大貴(139.5m)だった。これは期待しちゃうなぁ。

 目の保養にもなるカーリングは、イギリス戦。序盤から優勢に試合を進め、第8エンドまでで6-4。第9エンドの最終ショット、目黒萌絵のストーンが絶妙なコントロールで敵のハウスの中の二つの石をはじき飛ばし、一挙に5点をもぎ取った。これで11-4。イギリスはギブアップした。
 萌絵ちゃん、萌え~♪

|
|

« バンクーバー五輪、途中経過 その3 | トップページ | バンクーバー五輪、途中経過 その5、その他 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82088/47616284

この記事へのトラックバック一覧です: バンクーバー五輪、途中経過 その4:

« バンクーバー五輪、途中経過 その3 | トップページ | バンクーバー五輪、途中経過 その5、その他 »