« バンクーバー五輪、途中経過 | トップページ | バンクーバー五輪、途中経過 その3 »

2010年2月18日 (木)

バンクーバー五輪、途中経過 その2

 昨日書き忘れたけど、男子のフィギアはSPが終わった。期待の高橋は首位に0.6ポイント差の3位に入り、その後6ポイント差で織田君が4位に着けた。織田にだけ君を付けたのには、贔屓とかそういうことではなく、何となく幼な顔なのでつい織田君と呼びたいだけ。名前はノブナリ也~。^^

 今日は、男子の1000mスピードスケートと開会前に物議をかもした國母のハーフパイプがあった。
 スケートでは会場側のトラブルが連続して、集中の切れた長島が37位のブービークラスの成績に終わったのが印象的。なにかと不運が付いて回ってる気もするが、とりあえず銀メダリストだからチャラか?
 金メダルと37位が3秒しか差がないって言うのも凄い。時速60㎞ですからな。

 ハーフパイプは、予選を好成績で通過した國母だが、決勝では2本とも着地に失敗するミスがあり、8位に終わった。2本目は最後の技だっただけに残念だった。
 優勝はアメリカンのショーン・ホワイト。ジャッジの平均9.7という高得点だった。
 アメリカ選手はユニホームを揃えていたのが印象に残った。ズボンはジーパンみたいだった。上着で腰の所は見えなかったけど、腰パンには間違いない。

 ハーフパイプって腰パンじゃないと出来ないのかねぇ?

 明日は、女子の1000mスピードスケート。男子ジャンプ、ラージヒルだ。あっ、そして男子フィギアのフリーも。

|
|

« バンクーバー五輪、途中経過 | トップページ | バンクーバー五輪、途中経過 その3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82088/47602291

この記事へのトラックバック一覧です: バンクーバー五輪、途中経過 その2:

« バンクーバー五輪、途中経過 | トップページ | バンクーバー五輪、途中経過 その3 »