« ♪Spinning Wheel / Blood, Sweat & Tears | トップページ | バンクーバー五輪、途中経過 その2 »

2010年2月17日 (水)

バンクーバー五輪、途中経過

 なかなかゆっくり見ることは出来ないけれど、少しずつ見た分について備忘録として書いておく。

 開会式の前日から予選が始まったスキーのジャンプ、ノーマルヒルは若手のなんとか大貴というのが7位くらいに入っただけで、葛西も伸びなかった。後は多分彼らが得意なはずのラージヒルに期待しよう。札幌や長野の栄冠を見たオヤジとしてはちょっと寂しい。
 ノルディックもそうだけど、日本人がメダルをがばっと獲ると、ルール改正があって(日本人にとっては改悪だけど)、メダルが遠のいてしまうんだよね。

 女子のモーグルは、先日ツイッターに呟いたとおり、愛子ちゃんが涙の4位が最高位。福岡の19歳の新人が8位に入賞したのが記憶に残った。

 今朝は5時半に起きて女子のスピード・スケートを見た。
 おっと、その前に男子の方を書かなくっちゃ。
 昨日だったか、男子スピード・スケート500mは1回目6位に着けた長島圭一郎が2位の銀メダル、1回目に3位だった加藤粂冶はそのまま銅メダルを獲得した。長島が27歳、加藤は25歳。同じ会社に所属する二人だが、はたから見た感じは仲の良い感じではなかったな。
 かつて天才と呼ばれた加藤は世界記録をもって望んだトリノでメダルに届かず、長島はもっと悪かった。二人とも雪辱を果たした格好だが、加藤は金の手応えがあっただけに3位にはかなり悔しさがあった模様。寡黙な印象を持っていたけど、TVでの対応を見ると素直な青年だと思った。年齢的には、もう一回オリンピックいけるでしょう。

 今朝の女子500mは、残念ながらメダルには誰も届かなかった。岡崎朋美ちゃんも日本人勢としては最下位。期待された小平ナオもふるわなかった。

 氷が柔らかいのか、スタミナのない選手は後半伸びないみたい。
 男子も女子も韓国選手が金メダルを獲った。

 チラッとしか見なかったけど、スノー・ボードのレースがあって、4人が一緒にコースを滑るという、スケートのショートトラックのような競技なんだけど、あれって危ないよなぁ。スケートより危ないと思う。ボードは凶器になりそうだもん。せめて二人ずつくらいで滑らせた方が良いような気がするなぁ。確かに、見てる分は4人のレースというのはスリルがあって面白いけどね。

 スピード・スケートの男子二人が所属する会社はスケートのブレードの調整も出来る所だそうで、今、あのブレードはカーブで氷を掴みやすいように少しカーブさせてるんだって。それが1000分の何ミリとか言うレベルで、しかもあの堅い金属を加工するんだから、かなり特殊な技術がいるんだそう。但し、韓国なども既にそれをやっていて、日本は少し遅れていたらしい。
 あんまり曲げすぎると、直線では抵抗になるし、だけどカーブのスピードを落とさないのがタイムの伸びに繋がりやすいと言う事なんだろうね。

 さて、映画のブログでも紹介したけど、こちらにもこの音楽動画を貼っておこう。



|
|

« ♪Spinning Wheel / Blood, Sweat & Tears | トップページ | バンクーバー五輪、途中経過 その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82088/47596483

この記事へのトラックバック一覧です: バンクーバー五輪、途中経過:

« ♪Spinning Wheel / Blood, Sweat & Tears | トップページ | バンクーバー五輪、途中経過 その2 »