« “歩き”を考える | トップページ | MLB:城島退団など »

2009年10月18日 (日)

訃報:加藤和彦(フォークル)

 昨日亡くなった加藤和彦は鬱病による自殺だったそうです。
 『音楽で、やることが無くなった』と、作家活動の苦しみに悩んでいたそうで、井筒監督の次回作の音楽監督も任されていたそうですが、監督には鬱病だと告白していたとのこと。なんか、伊丹十三も思い出しちゃったなぁ。
 追悼の意を込めて、youtubeからこの歌を。 合掌


|
|

« “歩き”を考える | トップページ | MLB:城島退団など »

コメント

残念ですね。

2番目の奥さんは安井かずみさんだったけど、そのときのzuzu(安井さんの愛称)は最高に幸せそうだったな~

トノバンは、本当に美意識が高く、センスのあるライフスタイルを貫いた方だったようですよね。

ふたりの食についてのエッセイ「キッチンとベッド」をまた読みたくなりました。

投稿: anupam | 2009年10月21日 (水) 20時47分

トノバンって呼ばれてた頃はあんまり気にしてない時期でした。背が高くって、ロンドンだかニューヨークだか知らないけれど、あちら風のファッションが似合っていたのは感じてましたね。
「♪不思議なピーチパイ」なんて聴くと、今でも素敵な歌だもんなぁ。

九大大学院の精神科の教授である北山修には、相談しなかったんでしょうかね。
葬儀の時に棺を抱えていたのを見ましたが、彼もすっかり白髪の小父さんになってました。
あと、はしだのりひこがテレビのインタビューで、加藤から3、40年ぶりに電話があったなんて言ってました。死ぬ時に悔いを残したくなかったという彼の気持ちを感じますね。

投稿: 十瑠 | 2009年10月22日 (木) 11時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82088/46521561

この記事へのトラックバック一覧です: 訃報:加藤和彦(フォークル):

« “歩き”を考える | トップページ | MLB:城島退団など »