« 高校野球ももうすぐ終わり | トップページ | サカイノリコという人 »

2009年8月24日 (月)

天晴れ! 日本文理高校!

 テレビを点けたのが6回表の日本文理の攻撃のシーンで、得点は2-2。少し驚きました。
 日本文理の闘いは、今までは熱闘甲子園でチラと見るくらいで、九州勢が対戦相手にならなかったので殆ど見ていませんでした。島根の代表校相手に15点くらい取った試合もあったけど、あれは相手チームがインフルエンザで力が出せなかったのもあったみたいで、実力については全く不明でした。ニュースの印象ではどの子も高校生らしい印象で、中京のような体の大きな選手は居ない。今日の決勝戦もまず間違いなく中京有利で試合は進んでいると思っておりましたら、なんと中盤まで互角で、ある意味嬉しい誤算でした。
 ワクワクしながら遅い昼飯を食べつつ見ていましたら、6回の裏にはミスも絡んで打ち込まれ、大量6失点。その後も追いつ追われつの攻防が続くものの、最終回を迎えた時点で4-10と6点差。
 途中外野に引っ込んでいた中京・堂林が、締めのピッチングに再登板して、あっけなく2アウト。もはやコレまでかとも思われたその時から、日本文理の粘りの反撃が始まったのでした・・・。

 いやぁ、今年の決勝戦は、近年希にみる好試合でした。興奮しました。そして思わず涙が出るほど、子供らの奇跡的な力に感動しました。
 ラストも、打球(三塁ライナー)が少しそれれば、三塁ランナーの日本文理のピッチャー、伊藤君が帰って同点になるところでしたのに。

 最後の挨拶のシーンでは、どの子供も感激しているような、素晴らしい終わり方の決勝戦でした。勝った方も負けた方もすがすがしい気持ちで終わったのではないでしょうか。
 ホント!素晴らしい試合でした。

 新潟の野球少年もやるなぁ。

 試合を見ながらふと思いました。
 蓮池さんも見てるんだろうなぁ、と。あの人も、野球少年だったみたいだしね。
 ついでと言っちゃあ、なんだが、拉致被害者の救済はその後どうなってるんだろう。それと、拉致被害者をもっと取り上げる映画や文学は出ないものか。最近関心が薄くなった気がする。
 アメリカはジャーナリストの救済があんなに早かったのに・・・。

|
|

« 高校野球ももうすぐ終わり | トップページ | サカイノリコという人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82088/46020578

この記事へのトラックバック一覧です: 天晴れ! 日本文理高校!:

« 高校野球ももうすぐ終わり | トップページ | サカイノリコという人 »