« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月31日 (月)

政権交代ですと

 昨日の総選挙の結果、民主党が308議席と、過半数をとる大躍進を見せ、来月には民主党政権が生まれることになる。民主党が勝つことは予想通りだが、308というのはちょっと驚いた。自民党と公明党が失った議席をそのまま民主党が奪った格好で、まるで郵政選挙の真逆の印象が残る。

 小泉チルドレンではなく、今回は小沢チルドレンが沢山誕生したようで、おごりが出なければと心配する。
 子供手当を配布する替わりに扶養控除をなくすのは理にかなっているが、やはり配偶者控除の廃止というのは専業主婦を狙った増税で納得がいかない。見直しをして欲しいな。

 それと、社民党、国民新党との連携を模索しているようだが、社民党とはやめて欲しいね。まず、憲法9錠関連でぶつかることは目に見えているし、アメリカとの関係にも悪影響があるだろう。非核三原則云々なんて、少し前の密約の話と矛盾する考えをいまだに全面に掲げようとする社民党との連携なんか意味無いでしょう。

*

 麻薬中毒患者を扱う病院の医師へのインタビューが先日のテレビであっていて、衝撃的だったのが、覚醒剤などの強烈な快楽を一度でも味わった人は、死ぬまでその記憶が消えないと言うことだった。
 中毒者が繰り返し薬に手を染めるのはそういう脳の反応があるからで、中毒から抜け出ることは、意志の力で止めるしかないのだそうだ。怖いねぇ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年8月26日 (水)

サカイノリコという人

 ごく近しい人に、“サカイ ノリコ”という女性がおりまして、以前から銀行や病院などで恥ずかしい思いをしてきたらしいですが、この度は恥ずかしさが別の色合いも混ぜ、何倍もの大きさになっていることでしょう。
 ったく・・・。

 芸能人としての売りの顔と実の顔とのギャップがストレスになっていたのか、もともとああいうモノに惹かれやすい人なのか。真実はこの後にもう少しみえてくるんでしょうが、この度の事件はオシオ君の事件もそうだけど、事実は小説よりも奇成りですな。

 有名人と同姓同名といえば、鈴木イチローという人も、日本には沢山居るんでしょうな。そのイチロー君も、MLB通算2000本安打、9年連続200本安打が残り20本を切った段階で、ふくらはぎの異常により足踏み状態。残り試合数はまだ大分あるから、赤信号の点滅はまだだけど・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2009年8月24日 (月)

天晴れ! 日本文理高校!

 テレビを点けたのが6回表の日本文理の攻撃のシーンで、得点は2-2。少し驚きました。
 日本文理の闘いは、今までは熱闘甲子園でチラと見るくらいで、九州勢が対戦相手にならなかったので殆ど見ていませんでした。島根の代表校相手に15点くらい取った試合もあったけど、あれは相手チームがインフルエンザで力が出せなかったのもあったみたいで、実力については全く不明でした。ニュースの印象ではどの子も高校生らしい印象で、中京のような体の大きな選手は居ない。今日の決勝戦もまず間違いなく中京有利で試合は進んでいると思っておりましたら、なんと中盤まで互角で、ある意味嬉しい誤算でした。
 ワクワクしながら遅い昼飯を食べつつ見ていましたら、6回の裏にはミスも絡んで打ち込まれ、大量6失点。その後も追いつ追われつの攻防が続くものの、最終回を迎えた時点で4-10と6点差。
 途中外野に引っ込んでいた中京・堂林が、締めのピッチングに再登板して、あっけなく2アウト。もはやコレまでかとも思われたその時から、日本文理の粘りの反撃が始まったのでした・・・。

 いやぁ、今年の決勝戦は、近年希にみる好試合でした。興奮しました。そして思わず涙が出るほど、子供らの奇跡的な力に感動しました。
 ラストも、打球(三塁ライナー)が少しそれれば、三塁ランナーの日本文理のピッチャー、伊藤君が帰って同点になるところでしたのに。

 最後の挨拶のシーンでは、どの子供も感激しているような、素晴らしい終わり方の決勝戦でした。勝った方も負けた方もすがすがしい気持ちで終わったのではないでしょうか。
 ホント!素晴らしい試合でした。

 新潟の野球少年もやるなぁ。

 試合を見ながらふと思いました。
 蓮池さんも見てるんだろうなぁ、と。あの人も、野球少年だったみたいだしね。
 ついでと言っちゃあ、なんだが、拉致被害者の救済はその後どうなってるんだろう。それと、拉致被害者をもっと取り上げる映画や文学は出ないものか。最近関心が薄くなった気がする。
 アメリカはジャーナリストの救済があんなに早かったのに・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年8月23日 (日)

高校野球ももうすぐ終わり

 去年の高校野球はあんまり記憶に残ってないけど、今年は福岡代表の九国大付属高校の、我が母校をコールドゲームで下すほどの強力打線が印象強く、大いに期待してみていた。残念ながら、本日の準決勝に進出した岩手の花巻東高校に3回戦で敗れた。

 ベスト4に残ったのは花巻東と新潟代表の日本文理高校、岐阜県の県立岐阜商業、愛知県の中京大中京。東北地方と東海地方のそれぞれ2県代表が残るという、珍しい組み合わせになった。なんと、新潟県の代表校がベスト4に進出するのは史上初だそうで、実はコレを書いている時点では、岐阜商に2-1で勝っているので、決勝戦に進むのも初ということになる。
 現在、準決勝の2試合目、中京vs花巻東。
 一昨日くらいからの印象で、今年の優勝校は中京ではないかと思っています。3-5番の大型クリーンナップがどんなボールにも対応してくる強力打線で、ピッチャーの堂林も組立が上手い。さてさて、ということは、チームの団結力が微笑ましい花巻がこの後敗退するという予想になるわけですが・・・(如何に如何に)。

 久しぶりの書き込みですが、高校野球について書こうと思っていたことが前からありました。それは、あの帽子。
 額の上の方が、チームのエンブレムがよく見えるようにか、小さな看板のように立っているスタイル。もう何十年もあのスタイルがお馴染みですが、いい加減変な形だなと思わないんですかなぁ。
 プロ野球やMLBのように、普通のキャップをかぶればいいと思うんですが、何処の高校も判で押したようにあの変な帽子だ。と、思っていたら、今日敗退した県立岐阜商業高校は、いわゆるキャップにGのマークが入ったキャップでした。日本文理も一部の選手が変な形にしていたけど、普通のキャップでした。

 いい加減あの“野球帽”はやめて欲しいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年8月 2日 (日)

今年は、ヒグラシの声がよく聞こえる

 忙しさが一段落した。空にはまだ時折黒い雲が浮かんでいるのを見かけるが、雨は降ってないようだ。昨日が一区切りだったので、てっきり今日から8月だと思っていたら、もう2日だった。
 夕べは、妻は友人達と会食、息子はこれまた友達と大濠の花火大会へ、そして娘は仕事中と、一人での夕食となった。録画していた洋画を観たり、ディスクの整理をしたり、ニュースを見たり。洋画には集中できなかった。

 選挙がある。衆議院だから総選挙だ。
 民主党の子供手当(26000円/一人)の事が先日のワイドショーで話題になっていたが、その替わりに決算時に配偶者控除を無くすというような案があったりと、彼の党の政策にも?マークがつくモノがあるようで、も少し様子を見ないといけない。これ以上直接税を増やしてどうするんだろう?
 それにしても、TVニュースに出てくるどの政治家も、他党の悪口ばっかりでうんざりする。島国根性に大国病が混じって、人心も荒れているんだろう。

 宮里藍ちゃんが全英オープンでも好調をキープ。昨夜の中継では、一時1位タイになった。初参戦の三塚も4人の1位グループの一人に入っていたが、後半にくずれた模様。今朝の新聞では+5、18位まで落としていた。
 男子国内では、本日遼君が2勝目。
 今夜の藍ちゃんも楽しみだ。

 イチローは既に153安打。しかし、チームは西地区の3位で、首位のエンゼルスとは9ゲーム近く離されている。あと2ヶ月しかないんだがなぁ。
 リトル松井はもうすぐ通算2000本安打と400盗塁が迫っているとか。USAに乗り込んだ頃の輝きはないけど、マスコミが記録を忘れてないのが嬉しいね。
 そんなことより、松坂はどうなるんだろう。監督にはゴメンサナイといったらしいが、追加の60日間のDL入りが発表されたらしいし、どうなるんだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »