« 何年かぶりで天神で酒を飲んだこと | トップページ | 改正薬事法 »

2009年6月 2日 (火)

村上春樹 新作本

 タイトルは「1Q84」。“いちきゅうはちよん”と読むのだそうです。

 前作が7年前ですか。その時に内容が事前に漏れすぎて、ファンが『何も知らずに読みたかった』などと言ったものだから、今回は事前情報を出さなかったらしいです。
 とは言いながら、既に読んだ人から少しずつ漏れてきたところによると、カルト宗教を描いたもので、スタイルは「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」のようなパラレルワールドが展開するらしい。
 「アンダーグランド」は読んでないけど、オウム真理教のサリン事件を取材したものらしいから、どうもカルトに関して関心が強いようですな。

 「ダンスダンスダンス」以来、長編ものを読まなくなってひさしい私にとっては、短編、エッセイ、リポート、雑文に面白さを感じる作家になってしまった感がありますが、ただ、読んでない長編についてもいつかは読みたいという気持ちは継続しているのですよね。

 新作は異例の売れ行きだそうです。
 村上春樹って、バブルの前から売れ続けて、「ノルウェイ」がバブルに乗っかって売れて、いまだに売れている。今度の作品も、文章は平易で読みやすいそうです。

|
|

« 何年かぶりで天神で酒を飲んだこと | トップページ | 改正薬事法 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82088/45216732

この記事へのトラックバック一覧です: 村上春樹 新作本:

« 何年かぶりで天神で酒を飲んだこと | トップページ | 改正薬事法 »