« 「NHKスペシャル女と男」から感じること | トップページ | 世界卓球2009 »

2009年4月30日 (木)

変な名前の店

 MYマンションには表通りと裏通りにそれぞれ通じる出入り口があって、バス通りはどちらにもあるのに、実は裏通りの方がバス亭は近かったりします。
 その裏通りには面白い名前の店があって、今夜は二つほどご紹介します。

 一つは「定食の店 オバタリアン」。
 以前、この日記にも出てきた店です。いつぞや、女房と子供たちだけでどこかへ旅行した時に(ばあちゃんも一緒にだったと思います)、会社帰りの独りの夕食をそこで食べたことが一回ありました。
 どんなおばさんが出てくるかと、興味津々で中に入ったら、ゾンビのような顔の持ち主ではありませんでしたが、少し両目尻が吊り目気味なのが、怖い雰囲気もあるおばさんでした。40歳くらいにも見えたし、50歳にも見えた。さて、今はどれくらいにみえるんだろう。
 その時食べたのがビーフカレー。客は私以外には無く、一見さんでもあり、特に洒落た会話もなく帰ったことを覚えています。
 「オバタリアン」なんて付けるんなら、も少し、何らかのデコレーションでも、アトラクションでもあればいいのに。

 も一つは、「芽木詩館」。
 なんて読むか分かりますか? レストランです。
 看板は、青地のバックに、黄色いカラーでその名前と、真ん中に赤いソンボレロが描かれています。
 そう、ここはメキシコ料理のお店「メキシカン」です。
 一回行きたいと思いながら、いつも店の中が暗くて分からないので、躊躇してしまうんですよね。
 メキシコ料理。ピリッと辛いタコスとか、サボテンステーキとか(以前、宮崎で食べたことはありますが、これがメキシコ料理かどうかはは知りません)、豆料理とか出て来るんでしょうか。
 夜に行くと、マリアッチかなんかかかってて、テキーラとか出てくるのかなぁ。


|
|

« 「NHKスペシャル女と男」から感じること | トップページ | 世界卓球2009 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82088/44846967

この記事へのトラックバック一覧です: 変な名前の店:

« 「NHKスペシャル女と男」から感じること | トップページ | 世界卓球2009 »