« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月27日 (金)

ヒッキー快挙! とな

 ZAKZAKで宇多田ヒカルに関するニュースが。
 なんと、<「Utada」名義で25日から全米音楽配信をスタートしたセカンド・アルバム「This Is One」が全米最大のシェアを誇る「i-Tunes music store」で総合チャート19位にランクインした。同サイトの開設以来5年で、日本人アーティストがベスト100位圏内に入るのは初めて。ポップス部門では2位だ。>とのこと。

 日本では一時期のブームは去って、アメリカ挑戦もどうなったのやらと思っていたら、こういうことでしたか。やったね。まさか、WBCの御利益があったわけじゃないんだろうが・・・。
 <配信日初日には、宇多田がニューヨーク5番街にあるショップ「セフォラ」で行われたイベントに登場。3000人以上が詰めかけて店内はパニック寸前の盛況だった>らしい。

 あれは17歳だったでしょうか。「♪automatic」でデビューした時はぶったまげたもんです。村上春樹の「風の唄を聴け」を読んだときのような衝撃を受けたのを覚えてます。
 好きだったなぁ、あの歌。ということで、早速youtubeで探してきました。



| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2009年3月24日 (火)

WBC、V2

 やりましたね、ワールド・ベースボール・クラシック 2連覇。仕事もそっちのけで見てしまいました。シッカリと、イチローに神が降りてくる瞬間もネ。

 勝因は韓国がイチローと勝負してくれた事、かな。(笑)
 潔いというか、天晴れというか、ま、アレが本当のスポーツマン・シップだとは思いますね。常識的には、厳しいところを突いて、ボールが先行していったら敬遠と、そういう戦法なんでしょうが、どうしてもイチローをアウトにして、裏の攻撃に入りたかった。実よりプライドを優先させたというかネ。イチローと勝負をせずに勝っても、後で日本からなんやかやと言われるのもしゃくだとか、そんな意識があったとしたら、それはあまりにも子供ですがネ。

 MVPは3勝した松坂ですと。確かに、野手では飛び抜けて活躍した選手というのも選びにくい感じはある。
 個人的に印象に残ったのは、稲葉、青木、内川。アメリカ戦の川崎、地味だけど手堅かった岩村、小笠原も実力が出ていたように思う。野手のMVPをあえて選べば青木かな。ピッチャーでも杉内は危なげが無くて良かった。

 今日のブレーキは4番の城島。通算の打率は3割を越えていたはずだけど、今日はチャンスに廻ってくることが多かったのに、ことごとく潰してしまった。ほんと、勝てて良かったね。

 イチローが活躍したのは結局、コールド勝ちした対韓国第1戦と今日の決勝戦だけでしたな。
 それにしても、美味しいところを持っていくなぁ。昨日のアメリカ戦ではバントの失敗もあったりして、らしくなかったけど、今日はセイフティーバントも決まって、4安打の固め打ち、打率も2割7分まで上げた。あのバント、他の選手の失敗を見ていると、ホントにイチローが如何に上手いかが素人目にも分かろうというもの。
 そういえば、今日の稲葉も上手かったな。名古屋の人はバントが上手いのか?

 とにかく、今日はイイ一日でした。仕事を滞らせたかいがあったというもんですな。明日からがんばろ。



[03.25 追記]

 印象に残った選手、幾人か漏らしていた。中島とか片岡とか。
 それと、イチローの敬遠の件だけど、歩かせて満塁にすると、後は中島だったんだよね。確か打率的には中島の方が断然良かったはずだから、あの試合でのイチロー勝負というのは、妥当な判断だったような気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年3月20日 (金)

WBC2次ラウンド突破

 昨日キューバに勝って決勝トーナメント進出を決めたWBC。序盤は相変わらず日本の打線が湿っていて、イチローのバント失敗なんかもあって、イヤーな雰囲気だったけど、小笠原の一振りがセンターのエラーを誘って先制点を取ったあたりからイイ感じになった。結局5-0で、対キューバ2試合続けて完封という素晴らしい結果だった。日本の投手は余程のことがなければ大量失点はないから4-0でも殆ど安心していた。昨日の試合のMVPは岩隈で、打線の殊勲選手は青木だ。
 イチローの話題が相変わらずTVでは多いが、去年あたりから実は個人的には飽きてきている。打ってくれというシーンでのヒットが少なくなって、脳内ホルモンの活性化にも影響がなくて、あまり見なくなった。去年は岩村の方をよく見ていた気がする。さて、今年はどうなんだろう?
 イチローは昨日の試合5打数2安打。最後には3塁打を打った。今朝のワイドショーで、あの3塁打でイチローは復活したと野村監督は言っていた。専門家の言うことだから間違いないだろうが、打線の中でイチローがクロースアップされるのもどうかなぁという気がする。相手ピッチャーの出来が悪かっただけという気もするし。昨日の試合、小笠原や青木にスポットライトが当たって良さそうな気がするんですがね。

 さて、今日は韓国戦。勝てば準決勝の相手はアメリカ、負ければベネズエラ。アメリカが結構もたついているみたいなんで、今日勝った方がいいような気もするが・・・。
 日本の先発は巨人の内海。ハッキリ言って、勝っても負けても良いような試合だから、出場機会のなかった選手も出して、対韓国の策を広げるような事を試して貰いたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年3月13日 (金)

デザート・ブーツ

 昔、デザート・ブーツを2足持ってました。茶色の皮のヤツと、スエードのモノ。足首の所まで隠れるタイプで、裾が細くなったタイトなジーンズやスラックスの時に穿くことが多かったけど、どちらも履きつぶす前に靴箱の中で靴底が傷んだりして捨てることになった。何故か。

 例えば、映画を見に行った時なんですが、僕は椅子に座った後、靴を脱ぐことが多いんですね。靴を脱いで、スリッパのように先っちょにひっかけて、足を自由にさせておくのが癖なんです。しかし、デザート・ブーツだと一々紐を解かないとそんな風に出来ない。それで、しだいにデザートブーツを履かなくなったんです。ファスナーのものだったら簡単に脱げそうだから、よさそうですが、結局それを買う前に普通のスニーカータイプに趣向が変わってしまい、以来デザート・ブーツは履かなくなりました。スエードのタイプは見た目も好きだったんですけどねぇ。

 去年の末、近所の靴屋さんでスエードの靴を買いました。今回は、デザートタイプではありません。久しぶりに好きな色の靴。ストレートのブルー・ジーンズ、コーデュロイのパンツに合わせてます。ルンルン♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年3月 7日 (土)

ウディ・アレン似の店員さん

 福岡を含む西日本地区のチェーン店だと思いますが、焼き肉専門店とうどん・そばの専門店をそれぞれ展開している、「ウエスト」という食べもの屋さんがあります。我が家の近くにも、焼き肉関係とうどん関係の2店舗が向かい合うように建てられていて、時々行きます。土曜日には、うどん屋さんの方が土曜メニューということで割安なものがあり、今夜久しぶりに出かけました。
 で、このうどん屋さんの方の店員さんで、ウディ・アレンによく似た人がいるんですよね。勿論、男の人。本物のウディさんは(その人はウディさんのそっくりさんで売ってるわけではないので、こんな言い方はホントは失礼なんですが)、70歳を越えていると思うんですが、その店員さんは20代で、瓜実顔の可愛らしい感じの人です。黙々とお仕事をなさっておられますが、うどんをすすりながら、私めは『あぁ、やっぱり似てる』なんて思ったのでした。

 だから何? と言われても何なんですが、随分前から思っていたことでしてね。たまにはこんな話題もイイかなと・・・。

 私の母もテレビを見ながら、やれこの俳優は小学校の時の誰々に似てるとか、どこそこの病院の看護婦さんは女優のあの人に似てるとかよく言ったもんです。母と同じB型の私。B型ってビジュアル的なものに注意がいき過ぎるとか、そんな傾向は有るんでしょうかね。

 因みに、そのお店は、福岡市内の・・・。あっ、お店の場所は(書くのは)止めときましょう。

*

追伸:
城南区島巡り橋交差点近くに、知人のお店が開店しますので、宣伝です。
島巡り橋から更に油山観光道路を油山方面に少し行った、道路沿いの左側にあります。
食事とお酒の店。名前は「Si-Fan(しぃふぁん)」。来週の10日(火)夜7時がオープンだそうです。
当日は開店祝いで色々と知人関係でごった返すでしょうが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »