« あけましておめでとうございます | トップページ | ウソバスター »

2009年1月 6日 (火)

♪あなたしか見えない / リタ・クーリッジ

 最近テレビで彼女の歌を聴いたので、Tubeを探してみました。テレビで流れたのがこの歌だったかどうかは覚えていませんが。
 ♪あなたしか見えない=Don't Cry Out Loud

 リタ・クーリッジ(Rita Coolidge)
<1945年5月1日生まれ。アメリカ合衆国テネシー州出身の女性歌手。アメリカ・インディアンのチェロキー族の血を引く。
 幼い頃からゴスペルに親しみ、1960年代末期から本格的にプロの歌手として活動。1969年の暮れには、デラニー&ボニーのツアーに帯同。このツアーには、エリック・クラプトンも参加していた。
 1970年にはジョー・コッカーのアメリカ・ツアーでバック・コーラスを担当。この時、リタにスポットを当てたコーナーで、レオン・ラッセル作の楽曲「スーパースター」を歌った。この曲は後に、カーペンターズがヒットさせてスタンダード・ナンバーとなる。
 1971年、アルバム『リタ・クーリッジ』でデビュー。ブッカー・T・ジョーンズ、ライ・クーダーなどのゲスト・プレイヤーが参加。1973年、シンガー・ソングライターのクリス・クリストファーソンと結婚、その後クリスと連名のアルバムを何枚か発表。1977年、アルバム『Anytime...Anywhere』が全米6位のヒットとなり、ボズ・スキャッグスのカバー「ウィ・アー・オール・アローン」もシングル・ヒットした。1980年頃クリスと離婚。
 1983年、映画『007 オクトパシー』の主題歌「All Time High」を歌う。1991年のアルバム『Dancing With An Angel』は、日本のヒット曲のカバーも含む内容で、森高千里「雨」や徳永英明「Rainy Blue」などが英語詞で歌われた。同年、中島みゆきのアルバム『歌でしか言えない』にゲスト参加。
 1994年、ロビー・ロバートソン(元ザ・バンド)が、アメリカ・インディアンをテーマとしたアルバム『MUSIC FOR THE NATIVE AMERICANS』制作。リタは姉のプリシラ、姪のローラ・サッターフィールドと共に同作に参加。リタ、プリシラ、ローラの3人は、チェロキー族の伝統を前面に出したグループWALELAを結成し、アルバムを2枚発表。
 2005年のソロ・アルバム『And So Is Love』では、ジャズに挑戦した。>(『ウィキペディア(Wikipedia)』)

 コチラで、もっと詳しい情報も見れます

 映画にも出ていたクリス・クリストファーソンと結婚したのは知っていたけど、7年で別れたんだねぇ。上記のサイトによると、若い頃は男性陣にモテモテだったそうで、結婚前にはレオン・ラッセルとつき合っていたというし、ステーヴン・スティルスとグレアム・ナッシュが彼女を巡って三角関係になった事もあったとか。白人には黒髪の女性は魅力的なんだよね(動画の彼女は黒髪ではないけど、あれは染めているんじゃないかな)。
 2004年に日本人の大学教授と再婚したらしいという情報もありました。

|
|

« あけましておめでとうございます | トップページ | ウソバスター »

コメント

リタのカバー歌が聞きたい

投稿: くぅー | 2009年5月14日 (木) 22時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82088/43655175

この記事へのトラックバック一覧です: ♪あなたしか見えない / リタ・クーリッジ:

« あけましておめでとうございます | トップページ | ウソバスター »