« 「ぎょうざの丸岡」 | トップページ | 大晦日ですな »

2008年12月25日 (木)

一年の棚卸し

 夕べはクリスマス・イブ。子供達も既にサンタを信じる歳でもなく、プレゼントの用意は無し。それはそれで、こっそりと明け方に車のトランクやら押入の上の方から綺麗に包装したそれを取り出して、彼らの枕元に、いやいや、我が家では窓の近くに置きましたな、窓ガラスに欲しいモノを書いた紙をテープで貼り付けておいて、それを見たサンタさんが窓辺に置いてくれると、そんなわけで窓の側の部屋内に置いたりしてたんですが、そんなことが出来なくなってしまったのはちょっぴり寂しい気もします。プレゼントを見つけたときの、あの嬉しそうな笑顔は癒されますね。チキンやケーキ、チーズ・フォンデュ・・・etc、食事だけはらしさを続けていますがね。
 夕べは家で食べ、今夜は外食して、帰りに息子にはかっちょいいブルゾンのプレゼントがあった模様です。

*

 一年の計は元旦にありといいますが、師走は一年の棚卸しの月ですな。在庫品を確認して、要らなくなったモノを捨てる。ぼんやりとそんなことを考えていたら、そういえば人生にも棚卸しが必要な時期があるなと思いました。社会に出るとき、結婚するとき、或いは離婚するとき、会社を辞めるとき、或いは新しい会社に入るとき、そしてリタイアするとき。
 リタイアにはまだ少し早いですが、今年はなんだか棚卸ししたい気分です。モノが多すぎます、使わないモノが。捨てられない人ではないと自分の事を思ってましたが、変なところにしつこさがあって、結局役に立たないモノをしつこく持ち続けているようです。うん。今年はあと2回燃えるゴミの日があるから、捨てるモノ、もう少し探してみよう。


|
|

« 「ぎょうざの丸岡」 | トップページ | 大晦日ですな »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82088/43523751

この記事へのトラックバック一覧です: 一年の棚卸し:

« 「ぎょうざの丸岡」 | トップページ | 大晦日ですな »