« MLB Wシリーズ、途中経過 | トップページ | 訃報:デイブ平尾 »

2008年11月 4日 (火)

MLB終了、その他

 前回、MLBワールド・シリーズの途中経過のままで終わったので、結果も書いときましょう。
 6回の裏から再開した試合は、9回、4-3でフィラデルフィア・フィリーズの勝ちとなりました。二十数年ぶりのワールド・チャンピオンだそうです。
 田口には結局出場機会が無く、さて来期は大丈夫かと思っておりましたら、案の定優勝パレードのすぐ後に、来期は契約しない旨の通知が来たそうです。メジャーは厳しいね。
 今日のネット情報では、本人はあと3年は現役でやりたいそうで、チャンピオンリングを6個にしたいんだそうです。さてさて、来期はどうなるんでしょうなぁ。井口はユーティリティはイヤだから、日本に戻るのも選択肢に入れていると言ってたが・・・。出来れば、ホークスに戻って欲しいけどね。

 イチロー関連も色々とニュースがありましたな。チームメイトとの確執があって、イチロー暴行計画なるモノまであったとか。同じマイペースのB型でも長島さんはノー天気だから、自身の記録とかそんなモノには興味がなかっただろうしね。但し、イチローの記録についての意識は、自身のモチベーションを上げるためのもので、チームプレーをないがしろにした訳ではないはずなんだけどね。あのクールさが、排他的な利己主義に見えないこともない。3番、4番がもっと打って勝率が上がっていれば、こんな馬鹿げた話は出てこなかったんだろうけど、さて、来期はどうなるんでしょうかねぇ。そういえば、監督やらフロントも変わるようだけど・・。
 チームの和を考えてイチローを放出、なんて事はないのかな? それはソレで、彼にとっても面白いかも。

 ドジャーズの斉藤は来期も契約の見込みとか。
 福留は大丈夫かな?
 ダブル松井も不透明だな。

 そうそう、フィリーズでは、元マリナーズのモイヤーが素晴らしいピッチングを見せていたが、フィラデルフィアは彼の故郷だそうで、彼の地での優勝は格別なものだったでしょう。45歳。ワールド・シリーズでの最年長勝利投手の権利をもって降板した試合もあったけど、その後同点にされたのは残念でした。さて、来期はどうなるのか? あの試合を見た限りでは来期も大丈夫そうだったけどね。

 ピッチャーと言えば、元シカゴ・ホワイトソックスで、その後古巣ヤクルトに戻っていた高津は、2007年の秋に解雇されていたそうな。先日、NHKの特集で、2008年に韓国リーグに渡った彼のドキュメンタリーが放送された。見ながら、そういえば高津の引退試合が無かったからとファンが騒いでいたのを思い出した。見てたら、高津を応援したくなりましたな。

 と、スポーツの話題で思い出したけど、先日はあの石川遼君がプロ初優勝しましたな。17歳。深堀圭一郎を追いかけて、同じ組で回っての逆転優勝だった。18番ホールではティーアップアップの時に震えたのが『漫画みたいだった』とか。
 第1打を曲げてラフからの2打をグリーン手前の池に入れる。しかし、グリーンからこぼれても、浅い所で止まるはずだから、そこからリカバリー出来るはずとの計算もしていた。3打目は水に浮いたボールをサンドで打ってグリーンに乗せ、2パットのパーで決めた。2打差で追いかけていた深堀がロングパットを沈めてバーディーをとったので、結局一打差での優勝だった。
 途中で吐きそうになるほど緊張したし、誰かに助けてと言いたいほどだったというコメントがオヤジの胸をふるわせた。良くやった!!(な~んてね^^)

|
|

« MLB Wシリーズ、途中経過 | トップページ | 訃報:デイブ平尾 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82088/43010077

この記事へのトラックバック一覧です: MLB終了、その他:

« MLB Wシリーズ、途中経過 | トップページ | 訃報:デイブ平尾 »