« ♪うわさの男 【Everybody's Talkin'】 (1969) | トップページ | MLB終了、その他 »

2008年10月29日 (水)

MLB Wシリーズ、途中経過

 Wシリーズは、フィリーズの3勝1敗まで進んで、フィラデルフィアの第5戦は雨のために6回表が終了した時点でサスペンデッドになった。この試合に勝てば優勝が決まるフィリーズは、上向きの打線がこの日も好調で、初回から点を取り途中まで2-0でリードしていた。このまま雨がひどくなればコールドゲームで優勝が決まる場合もあったが、レイズに追いつかれたところでコミッショナー判断で翌日持ち越しとなった。次の日の新聞を読むと、主催者側にはどうしてもコールドゲームにしたくないという思惑があったようで、レイズの追いつきを待って中断したような印象もある。

 今日が6回裏からの開始予定の日だったが、現地は今日も雨で、結局今夜は中止、明日に持ち越しとなった。レイズには恵みの雨であり、休養日であり、気分転換日だったようだ。さて、明日は上手くいくだろうか?

 Wシリーズ初挑戦のレイズには4戦、5戦に拙いプレーが出ていて気になるところだ。
 4戦では、1アウト、ランナー1、3累の守備の時に見られた。確か4番のハワードの打席で、打球はピッチャーゴロ。1-4-3と回せば確実にダブルプレーで終わるところを、何を勘違いしたかピッチャーは3累ランナーを追いかけに行った。3-本間に挟んでアウトにするつもりだったようだが、ピッチャーがボールを持ちすぎ、終いには3累に戻られてしまった。1アウト満塁になってしまったのだ。スロービデオで見ると3累ランナーはタッチアウトに見えるが、そんなことよりもピッチャーがセカンドに投げなかったのが拙い。アウトカウントを間違っていたのか? シリーズ初挑戦とはいえアホなプレーだった。

 5戦にも拙いプレーがあった。途中で中止となったこの試合は、雨に加えて上空を強風が舞っており、何が起こるか分からない試合だった。何回か忘れたが、負けていたレイズの攻撃。7番打者のバルデッリの打球はショートへの高いフライとなった。玉を追って一旦外野方向へ下がったショートはその後、内野の方へ走って戻り、結局グラブから玉を落とし、しかも足に当てたのかコロコロとセカンド方面へ転がった。打者が、普通に走っていればセカンドまで達しそうなフライだった。ところが、バルデッリは打った瞬間に殆ど走るのをあきらめていたために、一塁にしか行けなかった。これは拙いプレーだった。解説の伊東氏も怒っていたけど、この辺もレイズの荒さが出て、これは負けるなと思ったもんです。

 さて、明日は気持ちを入れ替えてくれるでしょうか。別にレイズが負けたって構わないんだけど、このままじゃ拙攻、拙守が記憶に残ってしまうし、出来れば接戦になってすっごいプレーを見て終わりたいですからな。
 田口もまだ出てないし。とりあえずは、明日はレイズに勝ってほしいです。

|
|

« ♪うわさの男 【Everybody's Talkin'】 (1969) | トップページ | MLB終了、その他 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82088/42947595

この記事へのトラックバック一覧です: MLB Wシリーズ、途中経過:

« ♪うわさの男 【Everybody's Talkin'】 (1969) | トップページ | MLB終了、その他 »