« なんと、「卒業」の続編が・・・ | トップページ | カーペンターズが再結成? »

2008年9月25日 (木)

「オールトヨタ体感フェア」のご案内

 ブログPRに挑戦です。
 第一弾の今回は日本の誇る“世界のTOYOTA”のイベントの案内です。

 イベントのテーマは「エコ」。TOYOTAでエコといえば、『プリウス』ですな。今回のメイン・カーも当然プリウスです。最近、37歳で現役復帰した女子テニスのクルム伊達公子がかつてTVCMに出ていたのを思い出しますね。

 『プリウス』のwebページにいってみましたら、なんと誕生は1997年の10月、去年が十周年とのことでした。『ハイブリット・カー』という名称もプリウスが最初ではなかったですかね。

*

■イベント名・・・オールトヨタ体感フェア 2008in味の素スタジアム(調布市西町376-3=京王線飛田給駅より徒歩5分)

■開催日時・・・2008年10月11日(土)、12(日)

■企画その①:エコカー(プリウス)体感 
Photo
 ●トヨタ自動車 プリウスのページはこちら
 ●Wikipediaでは、「こちら」。

■企画その②:車のエコロジー体感 
 ●エコ替えについてのページはこちら
 ●燃費シュミレーションはこちら

■企画その③:試乗会 オールトヨタ体感フェア(マイトヨタ 合同試乗会
 通常、お店では取扱店の都合上、ヴィッツ(ネッツ)とプリウス(トヨタ、トヨペット)を一箇所で乗り比べるという事はできませんが、この試乗会では様々な車種を一箇所で乗り比べ"が可能です。また、試乗コースは普段はなかなか入ることの出来ない味の素スタジアム会場グラウンドからスタートします。

■企画④:子供向けのアトラクションも充実
 FC東京やトヨタ自動車アルバルクによるキックターゲットやフリースローゲームなど、お子様連れでも楽しめるお楽しみ企画が満載です。


Photo
尚、マイトヨタ 東京のトヨタ販売店サイトはこちらです。

*

 TOYOTAではプリウスに採用しているエンジンシステムを「THSII」(=TOYOTA Hybrid System II)と呼んでいるそうです。

※ <「THSII」は、ハイブリッド・シナジー・ドライブのコンセプトに基づき、モーターパワーとエンジンパワーのシナジー(相乗)効果で、クルマの性能に革新をもたらします。

【世界トップレベルとなる29.6㎞/Lという圧倒的な低燃費】
 ハイブリッドシステム「THSII」は、クルマ全体のエネルギー効率を追求したハイブリッドエネルギーマネジメント制御を進化させ、さらに、回生ブレーキ制御の進化などにより、燃料消費の高効率化を実現しました。また、空力性能の向上、世界初となる電動インバータエアコンやボディ・足まわりの軽量化もこの低燃費化に貢献しています。

【ハイブリット・シナジー効果の強い走り、アクセルワークにリニアに反応する発進・加速性能】
 モーター性能を高めるために設定した可変電圧システムによって、500Vという制御電圧を実現。また、高性能のモーターや、発電機の最大回転数10,000r.p.m.の実現などにより、低速から中速域において、モーターへの余裕ある電力供給が可能となっています。エンジン性能も、高回転・高出力化によって、とくに高速域でパワフルなパフォーマンスを発揮。発進加速性能、追い越し加速性能ともに、次世代のハイブリッドカーと呼ぶにふさわしい感動的な走りを可能にしました。>


 『プリウス』には、低燃費以外にも地球環境に優しい配慮がなされています。

※ <トヨタは環境との調和を図った「トータルクリーン」の理念のもと、「開発・生産・使用・廃棄」のすべての過程で人と地球にやさしい クルマづくりを進めています。生産分野はもちろん、1998年には設計・開発分野において、自動車メーカーとして国内で初めてISO14001の認証を取得。また全販売店が「環境ガイドライン」に沿った活動を展開するなど、多面的な角度から環境保全に取り組んでいます。

【解体性を向上】
 材料として使える部品を取り外しやすくするためワイヤーハーネス等に「リサイクル用引上げ用紐」「易解体アース端子」等を設定しました。

【リサイクル性を向上】
 前後のバンパーやインストルメントパネルなど内外装品にリサイクル性に優れた樹脂TSOPを使用。また、リサイクル防音材RSPPなどのリサイクル材を積極的に採用しました。

【環境負荷物質の低減】
 鉛、水銀、カドミウム、六価クロムの使用量を低減し、業界目標を達成しています。

【排出ガスのクリーン化】
三元触媒、VVT-iの採用、空燃比補償装置、点火時期制御装置、燃料蒸発ガス抑止装置などの最適化により、排出ガスのクリーン化をすすめています。時代の要請にいち早く対応したJC08Cモ-ドでの試験を実施し、全車、NOx(窒素酸化物)、NMHC(非メタン炭化水素)排出量において国内最高水準の「平成17年基準排出ガス75%低減レベル」として、国土交通省より認定を取得しています。また、車載式故障診断装置(OBD:On-Board Diagnostic System)の機能を強化し、触媒等の排出ガス発散防止装置の性能劣化を自動的に検出してドライバーに知らせる機能を持たせ、環境保全に貢献するようにしました。

【省冷媒化】
エアコンの冷媒にはオゾン層を破壊しない代替フロンHFC134-aを採用。さらに、冷媒の充填量そのものを低減しています。>

|
|

« なんと、「卒業」の続編が・・・ | トップページ | カーペンターズが再結成? »