« シネマ坊主 | トップページ | 野茂 引退 »

2008年7月21日 (月)

MLB オールスターゲーム

 先日、MLBのオールスターゲームがあった。球場は、今季限りで閉鎖されるという現ヤンキーススタジアム。80年以上の歴史をもつ球場で、ベーブ・ルースやルー・ゲーリック、ジョー・ディマジオ、ミッキー・マントル、ロジャー・マリス、レジー・ジャクソン達もこの球場でプレイしたことを想像すると、併せてヘミングウェイやヤンキース関連の映画(「打撃王」、「くたばれヤンキース」etc)のことなども考えてしまう。

 今は老人となった名選手も大勢ゲストに呼ばれてセレモニーが始まり、今季のゲームスタートは8時半。忙しくて全部は見れなかったが、試合はナショナルリーグが2点先行する形となり、土壇場でアメリカンリーグが追いつき、延長15回、ア・リーグのサヨナラヒットで幕を閉じた。
 一つの引き分けを挟んで、ア・リーグの11連勝だそうである。

 8年連続スタメン出場のイチローは1番ライト。内野ゴロライトフライ、ライト前ヒット、三振という成績で、4回か5回の守備では、ナ・リーグ、プーホールズのライトフェンス直撃のヒットをセカンドでさすという、ナイスプレーを見せた。第一打席、第三打席はホームランを狙ったそうで、どうやら2年連続のMVPを獲ろうと思っていたようだ。
 それにしても、オールスターゲーム初のランニング・ホームランでMVPを獲ったのが1年前のことだなんて、時の経つことのなんという速さよ。

 カブスの福留も8番センターでスタメン出場したが、こちらは打席は二つ。内野ゴロ、三振という成績だった。

 そういえば、前夜祭のホームラン競争、今年は放送がなかったような気がするが、なんでもレンジャーズの選手(ジョシュ・ハミルトン)が第1試合で28本のホームランを打つという記録を出したとのこと。これは見たかったなぁ。

 スポーツの話題のついでに、夕べは全英オープンの最終日で、最終組でまわったグレッグ・ノーマンに注目が集まった。かつてのトッププロも既に53歳。かつて、世界ランク1位の名選手も400番台のランクになったが、53歳で優勝すると、グランドスラムでの最年長記録になるとのことでも注目された。
 夕べは真夜中の放送でもあり、途中で見るのを止めたが、今朝のニュースで3位タイで上がったのが分かった。グレッグが優勝したら泣くかもしれないと、現地レポートしていた青木功が言っていたが、3位でも泣いたんじゃないかな。
 ノーマンの復活は数ヶ月前の再婚が効いたのだろうとの記事が昨日のスポーツ新聞にも載っていたが、なんとお相手はクリス・エバート。あのテニスコートの氷の女王と言われた、クリス・“エレッセ”・エバートでした。彼女も53歳。ちょっと懐かしい思いのするニュースでした。

|
|

« シネマ坊主 | トップページ | 野茂 引退 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82088/41922191

この記事へのトラックバック一覧です: MLB オールスターゲーム:

« シネマ坊主 | トップページ | 野茂 引退 »