« ランボー来日 | トップページ | インターネット将棋 »

2008年5月17日 (土)

マジックアワー

 三谷幸喜の新作が「ザ・マジックアワー」というタイトルで、先日お昼のNHKのインタビュー番組に彼が出ていてソレの話もしていた。肝心の映画の中身については聞き漏らしたが、タイトルの出所については聞いた。

 マジックアワーとは、映画製作現場の用語で、太陽が沈んでその後外が真っ暗になるまでの間、つまりトライライトゾーンの事だった。その間に外で撮った写真は、影が無くて輪郭のはっきりしない神秘的なものになるらしい。昔、印象派のモネのような、紗のかかった少女達ばかりを扱った写真を撮る外国の写真家(なんとか・ハミルトン?)がいたが、あんな感じの映像ができるらしい。それで、そんな写真が撮れる時間をマジックアワーというとのことだった。

 因みに、14日に白内障について書いたが、晩年のモネも白内障に罹っていて、「睡蓮」等のいわゆる印象派の作品は白内障の影響で生まれたものらしい。

|
|

« ランボー来日 | トップページ | インターネット将棋 »

コメント

ふ~~~ん、そういう意味だったんすか~~
初めて知った。「アメリカの夜」っていうのも撮影用語なんでしょ?夜を昼のように撮る・・あれ?反対だったっけ?

デビッド・ハミルトンは「ビリティス」は昔々名画座で鑑賞。相次ぐチカンにヘキヘキ。画面は美しいのに、見ている人間の心は汚れていたさ~~~

投稿: anupam | 2008年5月18日 (日) 18時45分

「アメリカの夜」の原題が【DAY FOR NIGHT】で、アメリカの映画界では、夜のシーンを撮る時に、わざわざ夜間に撮影せずに、昼間でもカメラに特殊なフィルターをつけて夜らしく撮る技術があり、それをそう名付けたんですね。

デヴィッド・ハミルトンか。
そういえば、今年観た「花とアリス」に女子高校生のバレーのシーンがあって、よく似た感じの映像でしたな。

>相次ぐチカンにヘキヘキ

anupamさんが魅力的だからですかな?
今だったら、角笛でもなんでもけ飛ばしてやるのにネェ~^^

投稿: 十瑠 | 2008年5月18日 (日) 21時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82088/41231415

この記事へのトラックバック一覧です: マジックアワー:

« ランボー来日 | トップページ | インターネット将棋 »