« 成人年齢 | トップページ | 世界卓球 »

2008年2月20日 (水)

テニスに親星、世界ツアー優勝

 日本中そうだったと思うが、ここ数週間寒さが厳しくて、朝夕のウォーキングをしなかった。日中の陽が射すときに歩こうと思っていたが、忙しくなった仕事のせいもあってそれも出来ず、もっぱら室内でのストレッチ程度で、肩こりやらなにやら、またぞろオジさん病が出てきそうな雰囲気だった。
 今朝、朝から天気も良く、寒さも緩んでそうなので、久しぶりに出かけることにした。10分も歩けば手袋も要らないくらいで、イイ気分だった。

 さて、一昨日の朝のニュースで流れたスポーツの話題。92年の松岡修三以来、16年ぶりに日本人男子がテニスの世界ツアーで優勝した。

 錦織圭。18歳。

 “にしきおり”と読みそうだが、 “にしこり けい”と読むらしい。

 共同ニュースから>>>↓

 「男子テニスのデルレービーチ国際選手権は17日、米フロリダ州デルレービーチでシングルス決勝が行われ、世界ランキング244位の錦織圭(IMG)が、同12位で第1シードのジェームズ・ブレーク(米国)に逆転勝ちし、日本男子として史上2人目のツアー制覇を果たした。

 錦織は第1セットを3―6で落としたが、第2セットを6―1で奪って勢いに乗り、続く最終セットは相手のサービスゲームを破って優位に立つとそのまま6―4で押し切った。

 現行の男子ツアー制度は1970年にスタート。日本男子の優勝は92年4月の韓国オープンに勝った松岡修造以来、16年ぶりの快挙となった。ツアー大会出場がわずか6度目、予選勝ち上がりでの栄冠だった。」

 錦織は子供の頃から松岡のテニススクールで学んだ選手で、松岡に言わせると、自分と比べるのは失礼、という程の逸材だそうである。松岡は最高世界ランク46位だったそうで、錦織はTOP10に入る選手とも言っていた。

 翌日のニュースは、錦織の世界ランクが131位になったと伝えた。

|
|

« 成人年齢 | トップページ | 世界卓球 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82088/40191684

この記事へのトラックバック一覧です: テニスに親星、世界ツアー優勝:

» 18歳。松岡修造以来の日本人による男子テニスツアー [ついついクリックしてしまった。]
昨日の報道ステーションに松岡修造が出ていて、錦織くんのことをべた褒めしていた。松岡修造の上を行くことができる、逸材なんだと感じた。すごい選手が日本にいたんですね。ノエルこのあいだプロ入りしたばかりのハニカミ王子が、いきなり大きなプロの大会で優勝するようなものなんだって、彼のこれからの活躍が楽しみです。がんばれ~!錦織圭(にしこり・けい)彼は5歳のころにテニスを始めたとのこと、小学校... [続きを読む]

受信: 2008年2月20日 (水) 17時29分

« 成人年齢 | トップページ | 世界卓球 »