« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月26日 (火)

世界卓球

 最近の夜の楽しみは、世界卓球!

 イタリア、チェコ、オランダと連勝して、今夜が韓国戦。実は放送は録画で、結果は既に出ているんだが、その後は、明日のフランス戦でリーグ戦は終了。どうやら、一位通過しそうなので、メダルの可能性が高いということであります。(あっ、TV放送が女子なので、女子の話なんだけど)

 夕べは、負けちゃったけど石川佳純ちゃんの試合も見れました。彼女って、ゴルフの石川遼君に似てませんか? 同じ石川だし、なんか兄妹みたい。今年は、あの手のしょう油顔が当たり年なのかもネ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年2月20日 (水)

テニスに親星、世界ツアー優勝

 日本中そうだったと思うが、ここ数週間寒さが厳しくて、朝夕のウォーキングをしなかった。日中の陽が射すときに歩こうと思っていたが、忙しくなった仕事のせいもあってそれも出来ず、もっぱら室内でのストレッチ程度で、肩こりやらなにやら、またぞろオジさん病が出てきそうな雰囲気だった。
 今朝、朝から天気も良く、寒さも緩んでそうなので、久しぶりに出かけることにした。10分も歩けば手袋も要らないくらいで、イイ気分だった。

 さて、一昨日の朝のニュースで流れたスポーツの話題。92年の松岡修三以来、16年ぶりに日本人男子がテニスの世界ツアーで優勝した。

 錦織圭。18歳。

 “にしきおり”と読みそうだが、 “にしこり けい”と読むらしい。

 共同ニュースから>>>↓

 「男子テニスのデルレービーチ国際選手権は17日、米フロリダ州デルレービーチでシングルス決勝が行われ、世界ランキング244位の錦織圭(IMG)が、同12位で第1シードのジェームズ・ブレーク(米国)に逆転勝ちし、日本男子として史上2人目のツアー制覇を果たした。

 錦織は第1セットを3―6で落としたが、第2セットを6―1で奪って勢いに乗り、続く最終セットは相手のサービスゲームを破って優位に立つとそのまま6―4で押し切った。

 現行の男子ツアー制度は1970年にスタート。日本男子の優勝は92年4月の韓国オープンに勝った松岡修造以来、16年ぶりの快挙となった。ツアー大会出場がわずか6度目、予選勝ち上がりでの栄冠だった。」

 錦織は子供の頃から松岡のテニススクールで学んだ選手で、松岡に言わせると、自分と比べるのは失礼、という程の逸材だそうである。松岡は最高世界ランク46位だったそうで、錦織はTOP10に入る選手とも言っていた。

 翌日のニュースは、錦織の世界ランクが131位になったと伝えた。

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

2008年2月17日 (日)

成人年齢

 前回、腰痛の記事の後から、痛みの回復と共に仕事が忙しくなりまして、新しい記事を書く気力が盛り上がらず・・・。
 実は、今年は娘が成人式を迎える年でありまして、その日も下書きはしたんですが、途中で止めてしまいました。下書きは残しておいたので、当時を振り返りながら、コピペしときましょ。
 1月14日が成人の日でありました。

 「今日は娘の成人式。美容室への迎えや、博多港の側にある会場までの送迎など、運転手役に終始する日だと覚悟していたが、会場までは元クラスメイトのお父さんの車で行くことになった。11時に迎えに来た車は車高のあるRV車で、「ふぎゃーっ!」と奇声をあげながら、着物の裾をたくし上げて乗り込む娘を3階のベランダだから見下ろしながら、その「ふぎゃーっ!」に笑ってしまった。

 帰りは友人達とバスで帰ることになり、迎えに行く必要もなくなったので、午後は妻や息子と正月に行ってなかった地元の神社へ新年のお詣りに行った。雲一つない晴天で、櫛田神社には佐賀の昭和バスが韓国の子供たちを乗せて旅行に来ていた。あれは修学旅行だったんだろうか?

 神社の帰りには、ささやかなお祝いの為のワインや食材を買って帰った。夕方のTVニュースで成人式の様子などを見ていた妻によると、娘の同級生がインタビューを受けていたらしい。後で、娘に聞くとあのインタビューはすぐ横で聞いていたとのこと。
 会場には誰か有名人は来ていたかと聞いたら、会場には入らなかったとの事。」

 私も自分の成人式には出席しなかったので、偉そうなことは言えないんですが、お金を使って着飾って会場まで出かけておきながら、式には出なかったというのには、唖然としました。周りの同級生達もそうだったのでしょうが、なんともはや・・・。

 先進国のほとんどが18才を成人としているらしく、日本も法律改正の動きがあるようですが、実体としては、成人年齢は25才くらいに上げた方がいいような気もしますな。
 ワイドショーの話を聞いていると、成人年齢を下げるだけで、関係法律が数百の単位で影響を受けるらしい。飲酒、結婚、選挙権、年金法などなど。あるコメンテーターが言っていたように、個別の年齢ラインを設ける道をさぐった方がいいようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »