« MLB シーズン終了 | トップページ | ガラガラポン »

2007年11月 1日 (木)

メジャーリーグでは考えられないことですが・・・

 「メジャーリーグでは考えられないことですが・・・」
 実況アナウンサーがそう言った。

 日本シリーズ、中日対日ハムの第5戦。ここまで3勝1敗の中日は、この試合に勝てば日本一になる。
 後がない日ハムは、中4日でダルビッシュを先発に持ってきて必勝態勢だが、中日は、2回にウッズのヒット、中村(紀)の2塁打でノーアウト、2・3塁とし、その後平田の犠牲フライで1-0とする。
 中日のピッチャーは山井。近年はほとんど野球を見ないので、ましてや中日のピッチャーなんぞ知る由もないのですが、なんと8回までパーフェクトピッチング。後でスコアを見たら、投球数は86球でした。

 アナウンサーの先の言葉は、8回の裏の中日の攻撃が終わって、1-0のまま9回の日ハムの攻撃に入った時に、なんと中日がピッチャーを替えてきた時のものです。おそらく史上初になるであろう、日本シリーズでのパーフェクト・ピッチングが成るかというその時に、まだ1本のヒットも打たれていないピッチャーを降ろしたわけです。

 これは驚きました。中日が勝とうが、日ハムが勝とうがどうでもいいのですが、この時ばかりは日ハムにホームランが出ることを望みましたね。
 『落合よ、そんな野球はつまらんやろ! V9時代の川上みたいじゃないか!』
 中日ファンの中にも、ブーイングを上げた方がいらっしゃるんじゃないでしょうか。

 団体スポーツの精神を表す言葉に、「One for All、All for One」というのがある。日本では、チームの為に個人のエゴを抑えるという意味が強調されているが、後段の言葉には個々のためにチームがあるという助け合いの精神も入っているはずだ。日本のスポーツには、どうもこの後段の精神がないような気がする。今夜の落合采配は、まさしくそこんとこの欠除がモロに出た。つまらん!

 中日は岩瀬が抑えて、落合監督の思惑通り53年ぶりの日本一になった。祝ってあげたくない気分だったが、シリーズのMVPが中村紀洋が選ばれたことで、少しは気が晴れた。中村の涙がなければ、ホントにつまらない試合だった。

|
|

« MLB シーズン終了 | トップページ | ガラガラポン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82088/16946127

この記事へのトラックバック一覧です: メジャーリーグでは考えられないことですが・・・:

« MLB シーズン終了 | トップページ | ガラガラポン »