« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月30日 (日)

ミャンマーの民主化どうなる?

 ミャンマーの民主化デモを武力で制圧しようとした軍事政権の発砲で死亡した、日本人カメラマン長井健司さんのビデオカメラが、ミャンマーの現地警察に押収されたままで、遺体に対面した長井さんの所属会社の社長に返却されていないらしい。長井さんは1m程度の至近距離から撃たれて即死だったことから、そのソニー製のビデオカメラには政府側に都合の悪い映像が映っているに違いない。

 ミャンマーといえば、アウンサン・スー・チーさんらによる民主化を求める運動が何年も続いている国だけど、今回の外国人ジャーナリストの死亡は大きなターニングポイントになるんでしょうかね。
 ミャンマー=ビルマですな。首都はヤンゴンというらしいけど、さて、昔はなんて言ってたっけ?と、(先程お風呂の中で)考えていたら、確かラングーンと呼んでいた都市ですな。

 人口の90%近くが仏教徒で、今回のデモも、僧侶が中心となって動いたものらしいけど、それでも軍事政権は市民に銃口をむけた。どうも中国の後ろ盾がある政権らしいから、考えてみれば、あのポルポトのカンボジアと同じなんですな。シンガポールやインドネシア方面への貿易ルートの確保とか、経済的なメリットのために、動かし安い独裁政府を壊したくないんでしょう。

 ミャンマーには日本もODAを少なからず供給しているらしいけれど、その結果がこれではね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年9月19日 (水)

訃報:長嶋さんの妻、亜希子さん死去

 今もそうだが、特別にプロ野球ファンと言うわけでもなく、オヤジが見ていたTVを時々一緒に見ていた程度だった。ただ、長嶋選手が引退間近になった頃から気になりだして、よく見るようになった。引退試合は勿論テレビで見たし、自伝「燃えた、打った、走った」は新刊本を買って読んだ。
 本には、奥さん、亜希子夫人の話も時々出てきた。丸顔で、ニッコリ笑っている写真が記憶にあるが、あの亜希子さんが18日に急死され、昨日からワイドショーではそのニュースが大きな話題となっている。

 享年、64歳。長年、膠原病を患っていて、それが原因の心不全による急逝だったようだ。

 テレビでは、新婚当時の写真や映像。数年前と思われる、お年をめされた後の映像も少しだが見ることが出来た。
 驚くのは、64年の10月に知り合って、翌年の1月26日に結婚式を挙げたという、その早さ。そして、その時彼女はわずか21歳。大勢のカメラや記者に囲まれた記者会見でも、にこやかに笑って応対している表情は、とてもそんな若さには見えなかった。
 翌年の同じ1月26日には長男一茂を産んでいる。

 長嶋さんが脳梗塞で倒れた後に、一茂が大分回復してきたお父さんとキャッチボールをしたり、自宅の地下室で思い出を語るTV番組を見たことがある。長嶋さんの病気以外には何の曇りもない家庭だと思っていたが、奥さんがそんな状態だったとは、世の中わからんもんである。

 ご冥福をお祈りしつつ、長嶋さんのことも気になる私であります。合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年9月13日 (木)

辞めちゃった安倍ちゃんとか・・・

 昨日、安倍首相が辞任しちゃいました。
 所信表明演説の二日後という、異例な時期での総理大臣の辞任ということで、夕べからTVではその話ばっかり。今朝のワイドショーも、勿論その話ばっかりです。
 参院選の惨敗時点で辞めるべきだったというのが大方の意見ですな。まあ、あの惨敗も、赤城“絆創膏”農林大臣が駄目押しだったとか色々と言われているけど、要するに<今の自民党には大臣を任せられる人材が居ない>という思いが、国民の側にあったからでしょう。小泉さんならあんな大臣達の失態をどうかわしていたか、なんて考えたくもなりますが、自民党では、小泉さんの再登板を望む、例のKチルドレンの動きやら、今夜になってからは、福田元官房長官にポスト安倍一本化の動き、などというニュースも流れております。麻生対反麻生という見方もあるよし。
 自民党の総裁選挙は、どうやら23日投票で決まったようであります。

 今夜は、女子バレーボール、アジア大会の優勝戦があり、日本が24年ぶりの金メダルでした。24年の間、日本の金メダルを阻んできたのは中国だと思いますが、今大会では3タテで日本が破ったそうな。
 TVでは、中国戦は見られなかったみたいだけど、そういえば、ソ連が崩壊して、今回のカザフスタンのように、新しい国もアジア大会に出てくるようになったんだから、この金メダルは大きいでしょうな。
 今夜のTVで中国の北京オリンピック出場は決まっていると言っていたから、中国は、敵に研究されないように一線級を温存したのかもしれんですな。

 明日からは、世界柔道も始まると言うし、サッカーもやってるし、まさしくスポーツの秋です。
 昨日のラグビーワールドカップでは、日本はフィジーに31-35で惜敗したとのこと。フィジー用に1軍メンバーを温存して、オーストラリアには90点近い差をつけられて負けたのに、フィジーにも負けちゃったのネェ。

 9.11もアッという間に、特に何もなく過ぎちゃったみたいですなぁ。ワイドショーでも取り上げなかったので、こちらもすっかり忘れていましたが、一昨日の夜になって、そういえば・・・と思い出しました。6年前だそうです。
 あの日、何故か夜のTVは見てなくて、翌朝になって新聞を見て驚いた次第。家族の者も誰も知らず、朝刊を最初にひろげた私は、第三次世界大戦が始まったのかと思いました。戦争を知らない世代が、いきなり戦争に巻き込まれかも知れないとの懸念が、ホンの1秒ですが、頭の中を駆け巡った瞬間でもありました。
 あの事件を題材にした「ユナイテッド93」という映画が作られ、既に有料TVでも放映されたようですが、映画としてとても良くできているとのこと。
 まぁ、まさに映画のようなとんでもない事件だったからなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年9月 9日 (日)

二週連続優勝

 女子プロゴルフは2週続けて、同じ選手の優勝争いになった。さくらちゃんと茜ちゃん。

 さくらは勿論、横峯だが、茜ちゃんは知らなくって、女房がなんとか茜とさくらが争ってるって言うもんだから、大城あかね? とか思ったりしたんだけど、こちらはもっと若い、飯島茜という選手らしい。24歳。

 メジャー初優勝とのこと。身長157cm。均整のとれたスタイルで、ストレート・ボールが持ち玉のよう。
 女子プロに新しいスター誕生ってとこでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年9月 2日 (日)

世界陸上 フィナーレ

 2007年世界陸上、大阪大会が終了しました。そういえば、その直前に世界水泳もあってたハズだけど、あれはいつ終わったんでしょう?

 今回の世陸で印象に残ったのは、陸上競技の、特にスプリント競技の黒人選手の強さ。そして、ロシアン・ビューティー。
 今夜のマイルリレーは男女共USAの金メダルで終わったけど、全8選手の内7人が黒人。何日か前の夜、表彰式を見ながら、ふと、ずっと昔のオリンピックで、表彰台の黒人選手が、アメリカ国旗に対して握り拳を挙げていたのを思い出しました。国旗は見ずに、うつむき、右手を高々と挙げる。それは、人種差別に対して抗議するものでしたが、もうそんな選手はいません。今や、USAの陸上競技は黒人選手で保っているようなもんですもんね。

 黒人の選挙権が認められて、まだ40年経っていないんですが、変われば変わるもんです。

 ロシアのお嬢さんは皆さん肌がお白い!それは、秋田美人のようなもち肌ではなく、スベッとした感じ。それに、昔のソヴィエト時代と違って、なんだか顔だけ見てるとそんなスポーツをやるように見えない人が、堂々と黒人選手と張り合っている。そのギャップも印象的でした。名前はなかなか覚えづらいけど、イシンバエワは前々から記憶に残ってますね。

 今夜の男子やり投げのゴールドメダリストも面白い名前でした。フィンランドの選手。ピトカマキ。
 カマキリのような顔をした人間みたいな名前。

 ジャンプ競技にも美人が多くて、いつも楽しみです。
 そうそう、ジャンプと言えば、男子ハイジャンプのトーマス君。バスケットボールから転向して2年も経たずに世界の金メダリストになっちゃった。面白かったなぁ。

 そして、今日の女子マラソン。よかったねぇ。一個のメダルもないホスト国になるトコだったのに、土佐選手が最後、粘りに粘って獲ってくれました。北京でも頑張って欲しいね。
 あっ、男子の4×100mも日本記録とアジア記録の更新を達成し、コチラも興奮しました。ありがとう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »