« 高校野球、九州勢頑張れ! | トップページ | 世界陸上 フィナーレ »

2007年8月25日 (土)

熱闘甲子園を振り返る

 去年の決勝戦も面白かったけど、今年は隣の佐賀県代表校が残ったことで、更に面白かった。
 佐賀北高校は2回までに相手広陵高校に2点を入れられ、前日の長崎日大戦で好投した軟投型の馬場投手を早めに、本格派の“ハナワ似王子”久保投手に替える。
 県大会を通じて、無失点を続けていた久保投手も、三振をバッタバッタと取るタイプではないので、ついに7回に2失点をする(タイムリーを打ったのは、野村投手)。佐賀北打者も7回まで、わずか1安打。広陵の野村投手は、前日、常葉菊川戦で終盤に捕まったが、この日は崩れそうな雰囲気ではなく、もはやコレまでかと思った。
 8回1アウトの後、それまで甲子園で10打数無安打だった8番の久保投手がヒットを打つ。『オッ』と思っていたら、次の9番馬場崎には代打新川。これもヒット。ついに1番に戻る。ここから俄然面白くなる。
 1番辻君も四球。これで、1アウト満塁。スコアは4-0。
 2番は可愛らしい表情で、我が女房にも人気の井手君。これが、押し出しの四球となる。

 野村君は最期のボールの判定に驚いた表情を見せて、後日、広陵の監督は『あの判定はオカシイ。』とコメントをしたが、その後、高野連に謝罪したらしい。確かに、あれはストライクでもおかしくない微妙なボールでした。

 そして、あの劇的な逆転満塁ホームランが飛び出す。3番サード、えなりかずき似の副島君。
 なんと、決勝戦での「逆転満塁ホームラン」は、夏の全国高校野球選手権史上初らしいです。因みに、決勝戦での満塁ホームランは2本目で、前回は13年前、優勝した佐賀商業高校が9回表に追加得点したホームランとのこと。同じ佐賀県勢、そしてその時の佐賀商業も今回の佐賀北と同じく開幕試合を闘った。実に面白い因縁です。

 今回の甲子園で佐賀北以外で印象に残った高校は、常葉学園菊川(静岡)、広陵(広島)、帝京(東東京)でしょうか。155kmという甲子園史上最速記録を出した佐藤由規投手(仙台育英)を打ち崩した、智弁学園(奈良)も記憶に残りました。
 由規は「よしのり」と読むようですが、音読みすれば「ゆうき」。去年、甲子園のアイドルとなったの斉藤投手がゆうきだったので、面白いなぁと思っていましたが、コチラは早めに消えてしまいました。プライベート映像で、お兄さんのギターでデュエットしていたのが、巧くハモっていてとても上手でした。

 そして、その佐藤君を負かした智弁を倒したのが、帝京。佐賀北の試合では、ホントは決勝戦よりも、準々決勝の帝京戦の方が面白かったかも知れません。
 3-1でリードしていたのに、4回に同点とされ、あとは0更新が続く。ヒットの数は12-11と佐賀北が1本少ないだけなのに、結構打ち込まれていた印象が強いのは、佐賀北が殆どシングルヒットなのに比べて、帝京が5本もの2塁打を打っているからでしょう。スクイズを2度も本塁で刺したり、外野の好返球もあったりして、手に汗握る展開でした。13回裏のサヨナラを生んだ、表の守備でのセンター馬場崎君の大きなセンターフライをフェンスに激突しながらキャッチしたシーンは鳥肌ものでした。

 常葉菊川の2年生伊藤君も記憶に残る選手でした。3-0で負けていた日南(宮崎)戦の8回、2アウトからの代打3ランも凄かったし、延長10回のサヨナラヒットもあって、その後はラッキー・ボーイ的存在に。準決勝での広陵戦で、9回2アウトからの彼のヒットは、又しても逆転となるかとの期待を抱かせましたが、残念ながら後続があと一歩及びませんでした。

 佐賀北高校は、一昨日九州に戻って来ましたが、丁度彼らを乗せた新幹線が博多駅に着く頃、そちらに遊びにいっていた女房と息子は、ソレならばと駅に入り込み、佐賀北ナインの到着を見に行きました。大勢の放送局が取材する中、ちゃっかりとテレビに写っていた母子でした。

|
|

« 高校野球、九州勢頑張れ! | トップページ | 世界陸上 フィナーレ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82088/16230315

この記事へのトラックバック一覧です: 熱闘甲子園を振り返る:

« 高校野球、九州勢頑張れ! | トップページ | 世界陸上 フィナーレ »