« 偽装はヤメテ~ | トップページ | 子供の頃より、一日が短いわけ »

2007年6月30日 (土)

寺脇研が、映画評論家?

 少し前に近所の書店で「キネマ旬報」を立ち読みしていたら、評点コーナーに珍しい名前が・・。
 寺脇研。

 旧文部省時代に“ゆとり教育”を推進した立て役者で、勝谷誠彦氏に言わせると、日本をダメにした官僚の一人なんですが、そんな人が何故に映画の評論を? そんなことを思っていましたら、最近のテレビ朝日系の朝のワイドショーにもコメンテーターとして出てくるようになっていて、肩書きは「○○大学教授・映画評論家」となっておりました。

 沢山は読んでないですが、寺脇氏の映画評論は、作品のテーマとかテーマに対する作り手の姿勢に対する評価が主要な内容であって、私が考える映画評論にはなっていないようです。映画評としては全然参考にはならないだろうし、氏の経歴を考えますと、その批評文も読みたくないですね。

 さて、今朝の朝刊から。
 将棋の森内名人が、第65期名人戦を4勝3敗で勝ち、通算で5期名人位を獲得したので、永世名人の資格をえたそうな。
 最近は将棋も見なくなったけど、森内って線の細いイメージで、昔の八段の頃しか覚えてないけど、強くなったんだねぇ。
 1935年から始まった実力制名人戦による永世名人はこれで5人目だそうだ。木村、大山、中原、羽生、谷川・・?、森内を入れると6人になるが? と思ったら、羽生は名人はまだ4期しか獲ってない。
 へぇ~。次の永世名人は、決まりだな。

|
|

« 偽装はヤメテ~ | トップページ | 子供の頃より、一日が短いわけ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82088/15599949

この記事へのトラックバック一覧です: 寺脇研が、映画評論家?:

« 偽装はヤメテ~ | トップページ | 子供の頃より、一日が短いわけ »