« 国会空転の方が問題 | トップページ | 「ぼくとママとおまわりさん」というスウェーデン映画 »

2007年2月 5日 (月)

線維筋痛症(せんいきんつうしょう)って?

 鈴木君枝アナウンサーを初めて見たのは、日曜日の朝の7時からやってた(今もやってるらしい)「所さんの目がテン!」。可愛くて綺麗なのに、少しひょうきんでとぼけた味があって、彼女見たさに休日に早起きしたこともありました。
 そんな彼女が43歳という若さで亡くなりました。どうやら病気を苦にした自殺の模様です。可哀想に。

 病名は、「線維筋痛症(せんいきんつうしょう)」。原因不明(血液検査、CTスキャン、MRIでも異常が見つからない)、故に治療法もなく、今のところの推定では強いストレスから発症するようで、全身に強い痛みが常時発生するらしい。対処療法としては通常の鎮痛剤は効果が無く、脳内の痛みをコントロールする作用がある抗精神薬を服用することが主流となっているとのこと。

 少し前に女房がこの病気のことを知って話していたので初耳ではなかったですが、今回の事件のニュースでは、推定で日本だけでも200万人の患者がいるとのこと。男性は1.5%、女性は2.0%の発症率で、僅かに女性の方が多いようです。
 日本だけの病気では無いようなので、各国と協力しながら原因究明、そして治療法の確立を早く実現してもらいたいものです。

|
|

« 国会空転の方が問題 | トップページ | 「ぼくとママとおまわりさん」というスウェーデン映画 »

コメント

お久しぶりです、アズキです。

この事件は本当に残念でした。私も「目がテン」ファンでして、鈴木アナウンサーって??と思い、検索したところ、子供の頃の目がテンのおねぇさんだったと知ってショックでした。。。

病気が原因だったのでしょうか。。。しかし、本当残念です。。。

投稿: アズキ | 2007年2月 9日 (金) 01時10分

こんばんは。

アズキさんも「目がテン」ファンだったんですか。

赤ん坊はまだ4ヶ月とのこと。つらいですねぇ・・。

投稿: 十瑠 | 2007年2月 9日 (金) 22時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82088/13803779

この記事へのトラックバック一覧です: 線維筋痛症(せんいきんつうしょう)って?:

« 国会空転の方が問題 | トップページ | 「ぼくとママとおまわりさん」というスウェーデン映画 »