« 美人女医の食事とは・・ | トップページ | 国会空転の方が問題 »

2007年1月31日 (水)

「それでもボクはやってない」がヒットしているらしい。

 「Shall We ダンス?(1996)」の周防正行監督、11年ぶりの映画「それでもボクはやってない」がヒットしているらしい。今日のお昼のワイドショーで、スポーツ新聞の記事に触れながらそんな紹介がされていた。
 ロマンチックで笑えるシーンも沢山あった前作と違って今度は冤罪の話。電車で痴漢と間違われる主人公は、当初、中年男性という設定で、悲喜劇的な人情ドラマになるはずだったらしいのだが、作り直された脚本は主人公をフリーターの若者に変え、日本の裁判制度に疑問を投げかける社会派ドラマになったとのこと。140分とちょっと長めですが、ヒットしているっていうのは余程良くできているんでしょう。裁判員制度の導入も決まったことだし、タイミングとしても良かったのでしょうネ。裁判映画は好きなので是非とも観たいもんです。

 そういえば、去年は邦画の興行収入が洋画のそれを上回ったらしい。話題作も多かったし、イイ映画も多かったようだ。「かもめ食堂」とか「ゆれる」とか、面白いらしいですが未見です。一昨年の「3丁目の夕日」はTVで観ましたが、期待したほどではなかったですな。

 昨日、散歩のついでに寄った書店で「SCREEN」3月号を立ち読みしたら、批評家の昨年度ベストテンの1位は「ブロークバック・マウンテン」でした。ついでに2位は「カポーティ」。批評家も名前も知らない人の方が圧倒的に多いですが、なにしろ昔と比べて女性の多いのが目に留まりましたな。

|
|

« 美人女医の食事とは・・ | トップページ | 国会空転の方が問題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82088/13731302

この記事へのトラックバック一覧です: 「それでもボクはやってない」がヒットしているらしい。:

« 美人女医の食事とは・・ | トップページ | 国会空転の方が問題 »