« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月28日 (木)

泣けた泣けた

 一昨日の夜やってました「天国からの手紙」。久しぶりに泣けましたなぁ。
 加齢と共に、匂いと共に、涙腺の弱くなったこと。2、3度は声を上げて泣きそうになりましたよ。ちょっと、最近心が弱くなっているというのもあるんですが、女房がウサちゃんの目になるのはいつものことだけど、どうもあの夜のわたくし目は多いにカタルシスを与えられたようです。

 江原氏は、死者の言葉を聞き取るだけでなく、生存する人々の心の言葉も読みとるような部分が出て、いつもは多少疑いながら見ているのに、あの番組は素直に感動してしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年12月21日 (木)

NHKから督促状来ました

 NHKしばらく受信料の支払いを止めていたんですが、やって来ましたよ督促状が。反省を促す意味でのささやかな抵抗でしたが、その後電話して色々と担当者と話をしても大して反省は感じられなかったですね。
 お金に絡む不祥事が多いって事は、資金に余剰金があるって事だろうと思うんだが、受信料を下げようと言うことは考えてないらしい。せいぜい、単身赴任先の旦那さんのTV分は家族割りにするとか、そんなことを考えているらしい。アホらしい。単身赴任先のTVの分なんて誰も払ってないですよ。『ココにはTVありません。』て言えば済むんだから。部屋の中を調べるわけじゃなし。

 NHKの映らないTVは無いんですかと聞きたいところだが、担当者曰く『そんな物はテレビじゃないでしょう』ときた。1軒屋で、TVアンテナが付いてなければ受信料はいただくわけにはいきませんが、とも言ってましたな。
 デジタル時代になれば、アドレス毎に送信拒否、或いは受信拒否の設定が出来て、チャンネルも選択できるようになるのかな?そうすればこの問題も一気に解決だけどね。

 NHKも民放もあんまりTVは観てませんが、MLBの放送がNHKが多いので衛星放送は観てます。あと、映画も。でもね、映画はレンタルがあるし、MLBもそのうち民放でもやるようになるでしょう。ニュースはネットの方が早いし・・・。

 世帯数も減ってきてNHKの懐事情もあるだろうけど、今のままじゃNHK離れは止まらんだろうね。大体、一日中流す必要あるのかね? これも、デジタル時代になれば番組数は少なくなるのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年12月15日 (金)

華麗なるギャツビー

 最近、村上春樹翻訳の「グレート・ギャツビー」が出版されて、かつて野崎孝版で読んだ者として、また村上ファンとして気になるところでした。家の近くの書店で立ち読みしてみましたが、やはり野崎版の古めかしい雰囲気の方が20~30年代の小説の舞台に相応しいのではないかと感じましたな。村上版がイイと言う人は、その雰囲気が現代的で宜しいという事らしいですが。
 野崎さんと言えば、サリンジャーの「ライ麦畑でつかまえて」もこの方の訳で随分昔に読みましたが、この本も何年か前に村上春樹が翻訳してました。あれも少しだけ立ち読みしただけで、その後book-offで野崎版を見つけ買いました。

 少し前、ギャツビーも村上版を見つける前から読みたくなっていたので、book-offを探してみましたが、あったのは大分黄ばんだものが3冊ほどで、仕方なく新しい文庫本を買いました。ジャック・クレイトン監督、ロバート・レッドフォード、ミア・ファロー主演の映画を観ていた頃、このギャツビーを何度も読み返していたのが思い出され、またフィッツジェラルドの文章の美しさを再確認しております。
 角川文庫でも同書が出ていますが、翻訳は勿論野崎さんではない。素人がいうのは何ですが、あまりにも違いすぎる。野崎版の行間にほの見えるものが何もない、貧弱な訳だなあと感じた次第でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年12月12日 (火)

嘔吐下痢症

 何年か前から「嘔吐下痢症」なる病気が流行っていたのは知っていましたが、今年は大流行するらしいし、原因はノロウィルスとかいう病原菌なのだそう。別に新しいものではなく、昔からあったらしく、食中毒の原因の一つだったとのこと。
 寒い時期に感染力が増すらしく、12月中旬から発症率がグッと上がるらしい。感染型の食中毒なら、手洗いなどすれば防げそうだが、厄介なことに風邪ウィルスのように空気感染もするらしい。
 子供がかかって、その子の吐瀉物を片付けていたお母さんに移ったり、道端の吐瀉物が乾燥して中のウィルスが空中浮遊して感染することもあるとか。これじゃあ、外出も出来ませんな。

 1~2日で症状は改善するらしいですが、感染力が強いのが特徴。ワイド・ショーのお医者さんは必要以上に怖がらないようにと言ってましたが、“死に繋がることも”なんて書いてる記事もあるのでねぇ。

 最後に、Wikipediaの中から、予防について転記しておきます。ご参考に。

<ノロウイルスの主たる感染経路は、カキなどの貝類(食中毒)と、糞便や嘔吐物からヒトの手指などを経て口から入るもの(感染者からの伝染)であるため、特に飲食物を扱う人が十分に注意を払うことが、効果的な感染予防になる。

特に調理者が十分に手洗いすること、そして調理器具を衛生的に保つことが重要である。ノロウイルスはエンベロープを持たないウイルスであるため、逆性石けん(塩化ベンザルコニウム)、消毒用エタノールには抵抗性が強いが、手洗いによって機械的に洗い流すことが感染予防につながる。

また、ノロウイルスは加熱によって感染性を失うため、特にカキなどの食品は中心部まで充分加熱することが食中毒予防に重要である。生のカキを扱った包丁やまな板、食器などを、そのまま生野菜など生食するものに用いないよう、調理器具をよく洗浄・消毒することも大事である。

感染者の糞便や嘔吐物を処理する場合は、手袋を使用し直接手で触れないよう注意し、作業後は手をよく洗うよう心掛ける。汚染された場所を消毒する際、前出のようにノロウイルスは逆性石けんや消毒用エタノールに対する抵抗力が強いため、これらによる消毒はほとんど効果がない。しかし、次亜塩素酸ナトリウムに対する抵抗力は比較的弱く、これによる消毒は比較的有効である。ノロウイルスは、症状が消失した後も48時間はウイルスが排出されることに留意しなくてはならない。>

| | コメント (0) | トラックバック (2)
|

2006年12月 8日 (金)

ビートルズ 新CD発売

 ビートルズの新しいCDが発売されたらしい。アルバムタイトルは「LOVE」。
 彼らのマネージャーだったスティーブ・マーチンが息子と一緒に、過去に発売された26曲に、別のビートルズの曲の中から音を拾って、アレンジ挿入したりしたらしい。

 曲目は、
  1. Because
  2. Get Back
  3. Glass Onion
  4. Eleanor Rigby Julia(Transition)
  5. I Am The Walrus
  6. I Want To Hold Your Hand
 7. Drive My Car/The Word/What You're Doing
  8. Gnik Nus
  9. Something Blue Jay Way(Transition)
 10. Being For The Benefit Of Mr. Kite/I Want You(She's So Heavy)/Helter Skelter
 11. Help!
 12. Blackbird/Yesterday
 13. Starawberry Fields Forever
 14. Within You Without You/Tomorrow Never Knows
 15. Lucy In The Sky With Diamonds
 16. Octpus's Garden
 17. Lady Madonna
 18. Here Comes The Sun The Inner Light(Transition)
 19. Come Together/Dear Prudence Cry Baby Cry(Transition)
 20. Revolution
 21. Back In The USSR
 22. While My Guiter Gently Weeps
 23. A Day In The Life
 24. Hey Jude
 25. Sbt Pepper's Lonely Hearts Club Band(Reprise)
 26. All You Need Is Love

 朝のワイドショーで紹介された時、すでに38万枚売れたとか言っていた。
 曲目は確かに代表曲といってイイものばかり。とりあえず、レンタル出たら絶対借ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »