« 脳学者 茂木健一郎という人 | トップページ | “つんく”の婚約者 »

2006年5月24日 (水)

アハ体験

 先日の茂木健一郎氏出演の番組でも出てきた、「アハ体験」なる言葉。今朝のTVで、これがゲームになったとかで、説明があってた。

 「アハ」とは、アメリカ人などが、分からなかったことが分かった時によく発する『aha!』。これのことだそうだ。PC用英語辞書で調べたら載っていたので、これは前からある言葉のようだ。つまり、分からなかったことが分かるということがアハ体験というわけだ。
 で、このアハ体験をすると人間の脳がどうなるか。
 ドーパミンが発生するらしい。脳内ホルモンとか言って一時期話題になったが、ドーパミンが脳にいいことは間違いないらしい。
 今回発売されたゲームの主なものは、二枚の一部分だけ違う写真を並べて何処が違うかを探すというもの。間違い探しが分かったときに『アーハー!』となるというしかけらしい。
 今朝のTVでも参考問題が出された。別の番組でもよくあった間違い探し。しっかし、これは間違いが分かったとしてもあんまり嬉しい感情は湧かないけどなぁ。嬉しくないと、ドーパミンも出ねぇんじゃねぇの?

 「アタック25」くらいしか真っ当なクイズ番組は見当たらなくなったけど(ミリオネアというのもあったな)、ああいう番組で答えられなかった問題で回答が出た時の『アーハー!』のほうがドーパミン生成量は多いような気がするけど・・・。

|
|

« 脳学者 茂木健一郎という人 | トップページ | “つんく”の婚約者 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82088/10216453

この記事へのトラックバック一覧です: アハ体験:

« 脳学者 茂木健一郎という人 | トップページ | “つんく”の婚約者 »