« バナナ酢 | トップページ | 知らないうちに変わってる・・銀行のシステム »

2006年5月27日 (土)

「典子は、今」の、今

 1981年。今から25年前に作られた「典子は、今」という映画。タイトルは知っていたけど、主人公がサリドマイド患者であったことも知っていたけど、観てない。
 この映画に主人公として主演した、本人「典子」さんが本を出されたというので、先日そのインタビューVTRがお昼のTVで流れていた。朝日テレビ。

 当時19歳だった彼女も44歳になり、今年それまで勤めていた熊本市役所を退職された。今後はそれまでも度々依頼のあった講演活動を始めるとのことだった。「典子」を客観的に語るためだろうか、現在は「のり子」と改名して活動されている。

 サリドマイド障害の特徴は、両腕がアザラシの前足程度の長さしかないこと。その為、何をするにも足を使わなければいけない。こういう障害を持った人のドキュメンタリーを何度も見て驚くのは、人間の器用さだ。彼女も、足を手のように使って、家事や身の回りのことを済ます。
 外に出て仕事もこなしていた彼女は、足で綺麗な字を書くし、事務処理もこなす。複数枚の書類を束ね、銀行員が札束を数えるように枚数をチェックしていたのには驚いた。まさに足を手のように使っている。車の運転も出来る彼女は、足だけで操作できる車の免許証取得者第一号とのことだった。

 のり子さんは22歳で結婚し一男一女をもうけている。上のお嬢さんは既に社会人で、下の男の子は小学生だった。お母さん(のり子さん)と一緒に買い物をしている風景も出てきた。
 サリドマイド児は妊娠時の薬害であるので、典子さんの子供達はいわゆる健常者だ。

 女房と二人でインタビュー映像を見ながら、二人とも無言。二人とも、じんわりと両目が潤んでいた。

 「最後に、もし両腕があったなら何をしたいですか?」インタビュアーの質問に予想通りの答えが返ってきた。
 「子ども達を抱きしめたいですね。」
 素晴らしい女性でした。

 本のタイトル:「典子44歳 いま、伝えたい」、著者:白井のり子、光文社発行です。

|
|

« バナナ酢 | トップページ | 知らないうちに変わってる・・銀行のシステム »

コメント

はじめまして~
「典子は、今の今」テレビで観ました。
足がまるで手のように器用に動かされていて
感動しました。
二人の子供さんも大きくなられていましたね。

投稿: うさぎ | 2006年5月27日 (土) 12時34分

いらっしゃいませ~
うさぎさんのブログにお邪魔したら、福山のバラ祭りの話が・・・。
兄が福山なんで、何度か行ったことがあります。バラ園にも。

バナナ酢、ダイエットにもいいそうですので、やめないで下さい(笑)。

投稿: 十瑠 | 2006年5月27日 (土) 16時01分

 わしも薄っすら覚えてました。
この方の生き方には大きな感動と感銘をした覚えがあります。

 健常者である我々が『元気』をもらいます。
人生ってなにが幸せなんかじっくり考え、何を大切にしたらいいのか教えられました。

投稿: nabajo | 2006年6月 1日 (木) 17時56分

いらっしゃい。nabajoさんって、なんと読めばいいんでしょうか?
なばじょーさん?
難波のジョーさん?

中学校の修学旅行で大阪、京都(当然奈良も)に行ったとき、みんなで大阪弁使いまくりました。今は全国制覇している感もありますな。

のり子さんの本、忙しくてまだ書店にも行ってないですが一度読んでみたいです。

投稿: 十瑠 | 2006年6月 1日 (木) 23時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82088/10256777

この記事へのトラックバック一覧です: 「典子は、今」の、今:

» 典子44歳 いま、伝えたい [工房てたか]
「典子は、今」あれから25年。白井のり子さんの本が届きました。 のり子さんは、私の母校でもある熊本、龍南中学校、熊本市立高校の後輩。卒業後、熊本市役所へ就職。のり子さんのよき理解者でもあり、支えでもあるご主人と出会い、21歳で結婚。現在44歳。22歳(恵さん)11歳(亮平君)の母親。 彼女との出会いは25年前の映画館でのスクリーンの中。サリドマイド児として産まれ、その日常をのり子さん本人が演じる映画で、青春時代の記憶に残る感動の映画として誰もの心に刻まれていると思います。 あれから25年。そののり... [続きを読む]

受信: 2006年5月29日 (月) 02時10分

» 映画“典子は、今”の白井のり子さんは元気そうだ [僕のつぶやき。 ネットの窓から。]
テレビ朝日系スクランブル山本監督のコーナはサリドマイド薬害“典子は、今”のその後、だった。映画“典子は、今”は1981年に19歳の本人主演でサリドマイド児として誕生、苦労して成長。熊本市、市民局福祉課で働くまでの半生を、渡辺美佐子さんや長門裕之と共演して描いている。その典子さんの”今”をTVは伝えていた。足で車を運転し子育てをしている。昭和58年6月 結婚して昭和59年 長女出産。平成7年 長男出産して元... [続きを読む]

受信: 2006年6月 5日 (月) 10時17分

« バナナ酢 | トップページ | 知らないうちに変わってる・・銀行のシステム »